薄毛を治す

薄毛を治し髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

ハーグ療法で薄毛を治す方法

読了までの目安時間:約 2分

最強の育毛法は何なのか?

育毛剤ではない。

 

 

育毛薬は副作用があり、実行したくない。

そこで登場したのがハーグ療法。

 

 

クスリのような栄養成分を毛母細胞に注射して、そこで発毛させる。

これは直接働きかけるので、効果が出やすい。

 

値段は1回8万円を6回。

つまり48万円が必要です。

いずれ、体験するかもしれないのですが、まずは情報をこれから集めます。

 

 

ネットでは悪い情報も載っていますね。

痛いらしいし。

 

ハーグ療法が平成30年1月現在も話題です。
しかし、ネットで口コミを見る限り、「まだ、様子見に徹するべきだ」と思わされます。

100万円近いお金を出し、痛い思いをして髪の毛が生えないなら、

「納得できん!!」

となるはず。

 

 

また、ハーグ療法は痛みを我慢しないといけないものなのですね。

多くの体験者が痛みを指摘していました。

これで生えないなら詐欺ではないでしょうか。

 

 

でも、育毛剤も決して満足のいく成果にはつながらないわけです。

そこを考えると、口から栄養成分を摂り、血液に乗せて毛母細胞に届けるのがベストだと考えます。

カイセイ堂のメンズミレットや育毛サプリ「GROW UP」を私は主に使用しています。

 

継続率93%!回生堂メンズミレット

 

 



 

 

薄毛を治し楽しい人生を送りたい人に重要ヒント

読了までの目安時間:約 2分

薄毛やハゲの人生が、あまり楽しそうに思えないのです。

それだからこそ、必死になって育毛を続けてきたわけです。

 

 

昭和56年から今日まで、よく頑張ったと思うのです。

「ハゲたくない!!」

その思いが強いのは、「人生が楽しめないのではないか?」という思いでした。

 

ハゲても、楽しい人生が送れるのかもしれない。

でも、

髪の毛があったほうが、楽しそうだと思いませんか?

 

薄毛やハゲになると、人生を堂々と生きられない気がした。

 

会社の数人(4~5人)が食堂でテレビを見ている。

そのときに、カツラメーカーの宣伝が始まる。

ハゲていたら、カツラの宣伝が始まるとともに、「俺のことを意識しないでくれよ」と緊張感が走るわけです。

 

堂々と生きるために髪の毛を増やすことは役立つのです。

髪の毛があれば、薄毛やハゲの話題にも平気で付き合えますよ。

漢方の育毛法を実行すれば、薄毛は治せます。

髪の毛が増えます。

 

 

 

⇒ 育毛漢方無料レポート

 

 

 

 

 

薄毛を治すためのヒント

読了までの目安時間:約 4分

薄毛を治すための漢方療法について、無料レポートを配布しています。

 

⇒ 育毛漢方レポート

 

 

 

 

 

 

あなたはもしかして、

「こんなにも育毛の努力をしているのに、なぜ生えないのか?」

という状況にいるのではないでしょうか。

 

 

何もしていなくて生えないのならあきらめもつくが、

「こんなにも努力をしているのに・・・・」

と言う場合には納得がいかないはず。

理不尽です。

 

 

ああ、無情。

私には、おおよそのことが予想できます。

9割がた、「野菜不足」と「心の状況ができていない」のどちらかです。

野菜不足について言えば、「勘違い」といえますね。

勘違い。

 

 

先日、フィギュアスケートで頑張っている少女のテレビ番組を見ました。

一日6~8時間くらい練習するようです。

1日6~8時間です。

私も中学生時代はサッカー部で一日2時間くらい練習をしていました。

が、

レベルが違うわけです。

 

「ああ、オレって頑張って練習しているな」

と思っても、トップレベルの人は練習量が全然違うわけです。

 

同様に野菜摂取についても、

「自分は野菜を食べているほうだろう」

と思っているにしても、実際には全くの不足であることが多い。

 

 

 

よく、テレビの通販で青汁などのテレビ通販で、セールス担当の解説者が、

 

「一日の必要な野菜を食べようとしたら、このくらいあります!!」

と言って、小さなバケツ一杯分、の野菜を見せるじゃないですか。

 

テレビ通販会場のおばちゃんたちが、

 

「ええ~?! これは無理よねぇ!!」

と驚く。

 

「そこで、この青汁を・・・・・」

とセールスが始まるのですが、

 

実際には、あの小さなバケツ一杯の野菜が一日に必要な野菜です。

 

ところが、

じつは、

育毛を目指すなら普通の人の2倍の野菜をしばらくの間摂取しないといけないですよ。

 

ここが、難しいんだね。

 

野菜を食べたからと言って、それで生える訳ではないです。

 

しかし、

 

「野菜を食べないと、育毛成果が出ない」

 

というわけです。

 

そして2点目は「心の問題」なのです。

 

身体と心は非常に関係が深いのです。

 

心の状態が「生える状態」でないのなら、育毛の努力が実を結ばないのです。

 

それには潜在意識も関与しています。

あなたには、潜在意識活用についてマスターしてほしいですね。

 

 

漢方の育毛法では心の状態を生えるものとすることが必須条件なのです。

薄毛を治す黒酢育毛

読了までの目安時間:約 3分

黒酢で育毛しましょう。 思いで深い育毛栄養の一つが黒酢です。

 

最初に飲んだのは昭和60年頃です。

 

私の好きな本の著者である船井幸雄が、 「黒酢はすばらしい」 と紹介しており、具体的には「元気酢」というネーミングですが、それを購入して飲んだものです。

 

現在はスーパーやコンビニでも黒酢の飲み物は、安価に、手軽に変えますよね。

 

これは、ありがたいことです。

 

さて、黒酢で髪が増える理由は、タンパク質を修復することは、今ある髪を太く、丈夫にするから。

 

使い方は非常にかんたん。

 

一つは黒酢飲料を飲む。

 

私は2日に1回くらいパック入りの黒酢を飲んでます。

 

いくつかの黒酢飲料がコンビニやスーパーで販売されています。

 

ハチミツが入っているので飲みやすいのが、私の好みで、1パック100円。

 

薄毛やハゲ対策には、おいしく育毛ができるクロクロがいいです。

 

黒酢と黒豆でダイエット!お試しセット1000円!

 

二つ目は、髪に塗る方法です。 黒酢の原液を10倍くらいに薄め、洗髪後に黒酢液を髪と地肌になじませる。

 

ある雑誌での体験者(57歳男性)の談話では、

 

「黒酢のおかげで髪がフサフサの黒髪です。10歳も若く見られます」

 

「根元から髪が立ち、ふんわりとボリューム感があって、本来の髪よりも多く見える」

 

とのこと。

 

市販のシャンプーとコンディショナーもあり、300mlで2500円という手ごろな価格ですね。

 

黒酢のニオイが気になりますが、商品化されたものは、もちろんその点もクリヤーしているのでしょう。

 

黒酢を塗るのは、私自身は体験しておりませんが、肌によいといわれてきた黒酢ですので、頭皮および髪にもよいはずです。

 

ただ、アロエのように抜け毛の原因となる酵素を抑える力は、ないように思いますので、遺伝的な薄毛対策が目的であれば、まずはアロエを塗るのがよいと思います。

薄毛を治したいならこの方法を実践しよう

読了までの目安時間:約 18分

野菜スープで育毛

 

抜け毛には野菜スープが効く。
ダイコン、ゴボウ、ニンジン、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけ。

 

今回レビューするのは、一時期大ブームを呼んだ「野菜スープ」です。
ブームは過ぎましたが、その育毛効果は本物と私は判定しています。

 

では、レビュー開始します。

 

『元祖病気治し汁 野菜スープが効く』 主婦の生活シリーズ発行

 

平成6年発刊 定価880円

 

野菜スープは、多くの症状に効き目があります。
抜け毛に対しても、効果があると体験談入りで紹介されています。

 

体験談は43歳男性。
10年前から前髪が薄くなってきて気にしていた。
その男性は次のように、野菜スープの育毛効果を語る。

 

~引用ここから~

 

「抜け毛がおさまり、なんと最近は産毛が生えてきました。
若返り現象で、毛根が活発に活動しだしたのが自覚されます。
さらに天然パーマのような髪質の悪い縮れ毛が、このごろはまっすぐな健康な毛になってきました。
そういえば、ストレス性の下痢も治り、習慣化しつつあったギックリ腰まで、最近は影をひそめてしまいました」

 

~引用 ここまで~

 

この体験者は、1日最低マグカップ1杯を飲むという。
一時期、この野菜スープは大人気であったが、発案者が少しいかがわしい人物であり、そのことが一つの原因で人気は下火になったという私の記憶があります。
もったいないことです。
以前にも(平成19年はじめ)、納豆がダイエットに効くというのがテレビ局の「やらせ」だったということで、爆発的な人気のあと、急速に納豆の評価が下がるという出来事がありました。

 
決して納豆のパワーは少なくないのに、そんなことで関心をもった納豆をたべなくなる、というのはもったいない。
この野菜スープも同じ。
髪の毛をはじめ、体にとって悪いはずがないのです。
髪の毛にも効くことは決まっています。

 

 

 

リーブ21

 

リーブ21を知らない人は、このサイトを訪れてくださった方にはいないのでは?

 

テレビで毎日のようにリーブ21の宣伝が流れている。

 

和田アキ子、島田紳助の2人を起用したコマーシャルは、さぞかしお金もかかったことだろう。

 

さて、今日は本屋で「発毛ベンチャー リーブ21って何だ!?」という本を買いました。

 

一言で言うと、リーブ21を「ヨイショ」した本ですな。

 

まあ、こういう本もあっていい。

 

大事なことは、

 

「自分の髪の毛が増えるようなヒントが、本の中に、何かひとつでもあれば、もうけもの」

 

ということです。

 

さて、リーブ21の企業内容がどうであれ、そのことよりも私が知りたいのは、

 

「髪の毛が、さらに、発毛促進される手がかり」

 

この1点である。

 

まずリーブ21の根本的な育毛に対しての考えは、「体の内面から変えていく」というところにある。

 

この点には私は共感する。そのとおりなのです。

 

育毛漢方の見地からも、抜け毛体質を発毛体質に改善しないと髪の毛は生えないのです。

 

ただし、ここで、「負の部分」が生じるおそれがあるのです。

 

私は育毛漢方療法で、24歳のときにおきた「遺伝性ハゲ」の急激な進行を、かろうじて食い止め、一気に発毛により回復し、そしてそれから59歳の今も満足のできる状態であります。

 

とはいっても、髪の毛が多いほうではなく、まだまだ髪の毛を増やすという欲望に満ち満ちているのです。

 

女にもモテたいのです。

 

さて、話が脱線しました。

 

負の部分とは、「育毛物語」という育毛サロン潜入ルポの書籍にもでていたように、非常に多種多様の育毛サプリメントや育毛グッズがリーブ21にはあるということ。

 

当然これらのセールスは強いものがあろう。

 

なかなか成果がでないとき、「この健康食品を飲めばよい」とか、「育毛器具を自宅でも使用できるよう買いましょう」などといわれるハズ。たぶんね。

 

私は言います。

 

スピルリナ、レシチン、ビール酵母、ビタミンE、などの育毛サプリメント。

 

いわし、サケ、納豆、ほうれんそう、ニンジンなどを日常的に食べる。

 

これでいいのです。

 

このような安価ですが、効果のある育毛ノウハウがわかっているのです。

 

このような育毛ノウハウはネットで知ることができます。

 

育毛最前線を徹底検証しましょう。

 

 

 

 

 

書籍を読み返して育毛ヒントを得る

 

今回レビューは『男のヘアケア完全読本』です。

 

2007年10月1日出版。成美堂出版。

 

では、髪の毛の生えるメカニズムやカツラ、植毛などの項目は省きまして、

 

「髪の毛が生える」

 

ことにポイントを置いて、この雑誌を読み解いてまいりましょう。

 

と言いたいのですが、なにせ、「育毛剤」と「育毛シャンプー」のオンパレードであり、育毛剤の広告と記事が合体したような感じですね。

 

育毛剤ランキングのような感じです。

 

育毛剤はいろいろとありすぎて、混乱しますね。

 

ネットで購入するときくらいの数が雑誌に掲載されてます。

 

結局は、その育毛剤の成分や効能を見ても、なかなかわからない部分が多いのです。

 

個人差があり、誰にでも一番良いという育毛剤はないはずです。

 

私は「マミヤンアロエ原液」3150円を使用していますが、それは遺伝的な薄毛体質を持っているせいです。

 

単に血行不良でハゲたのなら、それなりの育毛剤を使用することです。

 

育毛剤のみでは、髪の毛は生えません。

 

雑誌には1本3万円以上する育毛剤「薬用マイヘアーゲン501」

 

などというものもありますが、この高価な育毛剤が、「サクセス」より良いかどうかは、わからないのですよ。

 

これは、本当にそうです。

 

抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりません。

 

次に上げられるのは、皮脂過剰です。頭皮の皮脂には、ほこりや細菌がこびりつきます。
これは、普段の簡単な洗髪では取り除くことができません。困ったことに、毛穴に皮脂がこびりつくと育毛剤をつけても毛根に届かないので、治療効果も半減してしまいます。

 

抜け毛の原因として、帽子やヘルメットなどの着用もあげられます。頭皮が蒸れやすいため、毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなる要因だと考えられています。

 

仕事上、帽子やヘルメットを長時間着用しなければいけない場合には、シャワーなどでよく汚れを落とし、清潔を保つようにしましょう。

 

この雑誌で、役立ったのは、育毛サプリメントですね。

 

成分では、ジョコギリヤシ、イチョウ葉エキス、ウコン、アミノ酸、黒大豆、など。

 

基本はスピルリナとレシチン、ビタミンEですが、余裕があればノコギリヤシエキスなどは良いものといえるでしょう。

 

 

 

 

育毛のためのマッサージ

 

 

髪の毛のマッサージとしてヘアエステが人気のようです。

 

これは気持ちよさそうです。

 

短時間なら散髪時に理容室でやってくれますが、頭皮マッサージを30分くらいやってくれれば、天国気分でしょう。

 

血行も良くなり、育毛効果がでることと思います。

 

ただし月に1度では効果ないので、自宅で毎日コツコツと頭皮マッサージをすることですね。

 

あまり強くもむと逆効果なので注意し、ソフトにもむことです。

 

髪の毛を生やす方法は何通りもあります。

 

食べ物、育毛剤、頭皮マッサージは有名です。

 

また、肩こりが頭皮への血行を悪くすることから、肩こりの解消には努力したいのです。

 

漢方で育毛を行う場合、漢方薬だけが漢方療法ではありません。

 

漢方育毛の高橋由美子先生も肩こりや頭皮のコリを解消するノウハウを解説しています。

 

じっさい、肩こりこそは育毛の大敵といえるわけです。

 

目の疲れからくる肩こりや、神経の高ぶりからくる肩こりは抜け毛をドーンと増やします。

 

ですから、肩こりは髪の毛のためには解消すべき問題なのですね。

 

肩こり解消ってなかなか出来ないもので、肩こりは小学生からお年寄りまで抱えている国民病といえると思います。

 

肩甲骨の辺りから、首の付け根辺りまでコリを抱えている人は本当に大勢いると思います。

 

肩こりがなければ、もっと仕事がはかどり、気分もよく、白髪や抜け毛も減るのにと思う人もいると思います。

 

肩こりによる不快感、頭痛、肩の痛み、そして抜け毛に悩んでいる人は年齢は関係ありません。

 

最近では小学生でも肩こりで悩んでいる人が多くなってきました。

 

小学生も、最近では遊ぶこともしないで塾での勉強に明け暮れる毎日ですので、肩や首のコリで悩んでいるのも納得できます。

 

肩こり解消は大人になってくると抜け毛に大きな影響があることもあり、厄介になってきます。

 

 

 

プロペシアとパルテノライド

 

プロペシアとパルテノライドと、どちらが優れているか?

 

元阪神タイガースの掛布選手がパルテノライドを飲んでいました。

 

パルテノライドのサプリメントの宣伝にも出ていました。

 

今は出ていないけど。

 

パルテノライドは最近の育毛界では注目の一品です。

 

もちろん、男性はプロペシアもマークする必要があります。

 

私はプロペシアの体験がある。

 

副作用があり止めた。

 

もちろん研究と、情報収集はしてきました。

 

最近読んだ本では、プロペシアで、発毛に効果がみられたのは99,7%とか。

 

99%以上ですから、これはもう「必ず生える」とでも言っていいレベルですね。

 

現代で、もっとも手っ取り早く髪の毛を増やしたいなら、プロペシアを飲んで、ミノキシジルを頭皮に塗って、ということになりましょう。

 

しかし副作用があるんだよ。

 

私は、高橋由美子先生の「みるみる髪の毛が生えてくる」という本で、急激に髪の毛が薄くなる状況から救われました。

 

その発毛効果は確信しています。

 

漢方の力で薄毛、ハゲの体質を改善すると髪の毛は生えるのです。

 

ところで、プロペシアもまた、小さな錠剤で、ハゲの因子を押さえ込むことができるのです。

 

また、プロペシアは飲むだけでよく、とくに食事の制限などはない。

 

気になる「副作用」も心配する必要のないレベルと言う人もいる。

 

 

私は気になった。

 

「夢のクスリ」登場とはいえないね。

 

私の知っている人もプロペシアを飲むことで、髪の毛がかなり復活しています。

 

女性にはこのプロペシアは適合しません。

 

女性は決して飲まないことです。

 

 

 

 

 

 

頭皮マッサージ

 

育毛法で有名なのは、頭皮マッサージです。

 

頭皮の血行が良好であるには、頭皮が張り詰めていてはダメなのですね。

 

ですから、朝と晩は必須です。

 

できれば昼にも行いましょう。

 

トイレの中とか、機会をみつけて実践したいものです。

 

頭皮と頭蓋骨の間の部分を程度に動かしてやることが、血行を抑止、髪の毛が生えるパワーを与えるのです。

 

育毛方法には個人差があります。

 

「なぜ、あの人は育毛が成功するのに、自分は育毛がうまくできないのか」と悩んでいる人も大勢いると思いますが、育毛が成功するかどうかは原因があるのです。

 

その理由をまとめてみましょう。

 

また、育毛法については育毛情報サイトも参考としてください。

 

育毛法を成功させるには、まずはそのハゲ傾向の原因を知らなくてはなりません。

 

まず第1に上げられるのは、ハゲ遺伝的要因です。

 

親がハゲですと将来的には子供も若ハゲになると心配することも多いです。

 

しかしハゲ遺伝的要素は関係はしますが、ハゲそのものが遺伝するというよりはハゲになりやすい体質を受け継いでいるといったほうがいいと思います。

 

それには男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係しています。

 

ハゲ原因となる男性ホルモンとは、テストステロンです。

 

これは、男性の場合、主に睾丸から分泌されるもので、20歳代の男性に多く、歳とともに減っていきます。

 

テストステロンが多すぎるとハゲが起こります

また、髪の毛を生成する毛包組織がテストステロンに過敏すぎる場合は、男性ホルモンが多すぎなくても抜け毛が起こります。

 

薄毛、ハゲ対策のためには、詳述は避けますが、テストステロンを中心としたさまざまな原因物質を抑えることが大切です。

 

これらを抑制するためにはフィナステロイドや、ノコギリヤシ、アゼライク酸などの成分が有効とされています。

 

現在ではいろいろな薬に配合されています。

 

食事では、肉食がハゲの原因物質をだすので、あまり食べ過ぎないことが重要なのです。

1 2 3 5
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報