薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛漢方療法を目指すあなたに

読了までの目安時間:約 2分

薄毛を治すには漢方が一番良いというのが、私の感想です。

 

 

べつに私は漢方だけにこだわるつもりはないのです。

「髪が生えるか、どうか」

というただ一点において、こだわっています。

 

 

その結果が、漢方が一番成果に結び付く、という私の感想となったのです。

なぜ、漢方がよいのか。

 

 

育毛漢方療法の基本は体質を改善していくのです。

たとえば糖尿病でも食事療法で体質を変化させるように、育毛においても、薄毛体質を変換する必要があるのです。

 

 

とはいっても、難しく考えなくてよいです。

食べるものを「薄毛になりやすいものをストップし」、「髪の毛の生育に良いものを食べるといい」のです。

そして答えは出ているのです。

 

 

その答えを、ただただ実践すればいいのです。

このブログでは、髪の毛のために良いものを紹介しています。

 

 

たとえば、「玄米、ごま、大豆イソフラボン」の飲みものを飲むと、効果を感じるのは早いと思います。

大豆イソフラボンが薄毛化を止めるのです

読了までの目安時間:約 2分

薄毛には原因があります。

 

大概の場合、男性ホルモンの関与した悪玉酵素が薄毛化を促進するのです。

 

 

この悪玉酵素が、髪の生育を阻み、ウブ毛のままにさせてしまうのです。

ikumou03.jpg

ですから、この悪玉酵素を抑制できれば、髪の毛は薄毛にならないはず。

 

 

プロペシアはそういう原理ですね。

このプロペシアと同様の効果のあるのが自然界にもあるのです。

 

 

まずはゴマ、そして大豆イソフラボンなのです。

 

 

また、文芸春秋から平成17年に出版された「男のための漢方」(幸井俊高 著)では男性型脱毛症の改善には

「ミネラルやビタミンが豊富な玄米や豆類、ゴマ、野菜類、海藻類をたくさん食べる」こととしています。

 

 

参考:「男のための漢方」解説

とくに、大豆イソフラボン、ゴマには薄毛を促進させせる悪玉酵素を抑制させるのです。

こんな素晴らしい天使のような物質を取り入れないようなことがあっては、もったいないですよ。

 

私は毎日、髪の毛によさそうなお菓子とともに、サンスターのドリンクを飲んでいます。

玄米、大豆イソフラボン、ゴマ、という究極の栄養素が含まれていますよ。

 

 

いろいろな大豆製品や、ゴマ製品がありますが、この1本にはとうていかないませんよ。

 

シルク微粉末での育毛法

読了までの目安時間:約 2分

育毛に関する情報をいち早く取り入れて、1日も早く、髪の毛をフサフサにしようではないですか。

 

 

さて、薄毛対策については、いろいろな情報があります。

今、健康雑誌で取り上げられて、非常に注目を浴びているのが、シルク微粉末による育毛なのです。

 

 

「健康365」という健康雑誌はシルク微粉末をプッシュしていますね。

よく「育毛特集」でシルク微粉末を取り上げていますよね。

 

 

たしかに髪の毛を生やすためにはアミノ酸は有効です。

悪かろうはずがないです。

ただし、価格が高すぎるのですよ。

 

 

60粒12600円では、育毛は続けられないのですよ。

なので、シルク微粉末の代用品を利用しましょう。

代用品は、非常に安価ですよ。

 

 

この価格なら育毛が続けられますね。

まずは、本家の商品を見てみましょう。

 

 

本家の「シルク微粉末」のサイト

60粒12600円は、どうかなぁ~。

1粒200円以上ですよ。

 

 

1回は実行できても、2回目を買えない人も多いはず。

続いて、私のオススメする格安のシルクアミノ酸ですよ。

1300円は安いよね。

 

 

シルクパウダー10

 

 

 

シルクアミノ酸で髪の毛をグングン生やしましょう。

参考までに言いますと、私の経験では、体内から髪の毛を生やそうとする発毛方法は、たいてい発毛効果が出ます。

シルクアミノ酸で髪の毛が育つのです

読了までの目安時間:約 1分

シルクアミノ酸が安価で購入できる「今日美人」の商品はよいものです。

 

 

私はしばらくシルクアミノ酸で育毛を行っており、成果にはかなり満足しております。
002.JPG
味は濃いです。
なにかの飲み物に混ぜると、飲みやすいです。

 

 

シルクパウダー10

 

 

私は粉末でも食べますし、クスリのように口に粉を入れて、ぬるま湯で飲んだりもします。

漢方で育毛を成功させる

読了までの目安時間:約 2分

漢方で育毛を成功させましょう。

漢方は長年の経験の積み重ねです。

 

 

「薄毛の人に大豆を食べさせると、薄毛が治った」

というような経験の積み重ねなのです。

 

 

そして、漢方での育毛の知恵では、

「髪の毛は、血液の余りである」

という考えです。

 

 

昔の人の直感と経験から、血液と髪の毛の健康が、非常に密接な関係にあることを見抜いていたのですね。

ikumou08.jpg

髪の毛を、どうすれば増やせるか。

髪の毛を、どうすれば太く育てることができるのか。

 

 

漢方の考えでは、答えは、もう、出ているのです。

条件1;髪の毛を抜けさせる要因を止める。

 

 

条件2;髪のを育てる要素を強化する

この2点です。

 

 

髪の毛を抜けさせる要因を防ぐには、

 

 

大豆イソフラボン

ゴマ

ウコン

カボチャの種

ノコギリヤシ

ドクダミ

などが、効きます。

 

 

髪の毛を育てるには、

スピルリナ

コラーゲン

アミノ酸

レシチン

などです。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報