薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

シルクアミノ酸で育毛を行うべし

読了までの目安時間:約 1分

アミノ酸は育毛に役立ちます。

それは、もう常識とも言えるでしょう。

 

 

たとえば、

「アミノ酸 育毛」と検索してみましょう。

いろんな情報がありますよね。

 

 

たとえば、「ナミーノヘア」という広告も出てきました。

ナミーノヘア広告

私はこの商品は前から知っていました。

 

 

が、なんといっても値段が高い。

1箱12600円てか。

ですから、この商品は私は使用しません。

 

 

その点、シルクアミノ酸が1300円で買えるのですからね。

ありがたいことですよ。

育毛漢方療法の秘訣2

読了までの目安時間:約 2分

育毛漢方療法の秘訣。

育毛は身体のことです。

 

 

身体のことを考えたとき、西洋的なアプローチと東洋的なアプローチがあります。

私は、漢方的、すなはち「東洋的」なアプローチがよいと体験しています。

 

 

昭和56年から漢方で育毛をしていますが、効果を実感しているからこそ、続けています。

ネットの世界で広く広告されている育毛剤などでは、残念ながら、成果を味わったことは、ほとんどないです。

 

漢方の力で「体内から」生やすことですよ。

では、その基本は?

私の重視しているのは、

どくだみ、ゴマ、レシチン の3つ。すなはちバーバラ寺岡のトータル健康法による育毛法。

 

 

また、スピルリナ、野菜類、セレン、イノシシ毛ブラシ、などの高橋由美子先生の漢方ノウハウ。

 

 

さらには、イワシ、さけ、ブロッコリーのベンジャミン・フランク先生の核酸若返り療法です。

 

 

これが、育毛には非常に良いというのが、私の体験。

 

 

 

ちなみに、育毛剤も使っています。

 

 

使わないよりは、使った方が、それは、よいのですから。

アロエの育毛剤を長年使っています。

 

 

漢方育毛の補助的なものです。

私にとって。

 

髪のためにスピルリナをいつ食べるか

読了までの目安時間:約 1分

スピルリナは健康食品なので、いつ摂取してもよいのです。

けれども、私が一番オススメするのは、食前ということになります。

 

 

スピルリナに限らず、コラーゲンにせよ、レシチンにせよ、食前が一番良いのです。

効率を考えると、吸収率が高いのです。

当然ですが、空腹時に腹に入れたものが栄養素の吸収がいいのです。

 

 

反対に、腹いっぱいになったいるときに、スピルリナを摂取すると、やはりもったいない気がします。

スピルリナの素晴らしさ

読了までの目安時間:約 1分

髪の毛に良い健康食品はいくつかあります。

それらを、可能な限り購入して摂取するとよいのです。

 

 

スピルリナ

レシチン

ゴマ

ドクダミ

大豆イソフラボン

ノコギリヤシ

カプサイシン

ミレット

核酸

アミノ酸

コラーゲン

などなど。

 

 

これらは、もう、評価が定まっていますから。

なかでも「費用対効果」が高いスピルリナは必須でしょう。

 

 

野菜不足の時など20粒くらい食べると、髪の毛のコンディションがいいですよ。

漢方で髪が生える理由

読了までの目安時間:約 2分

漢方で髪が生える理由。

 

 

薄毛には原因があります。

 

 

それは、もう、わかっているのです。

ストレスや血行などもあります。

が、決定的なのは「体質」です。

 

 

すなはち薄毛体質。

すなはちハゲ体質。

 

 

体質が「フサフサ毛髪」の体質なら、肉を食べようが、缶コーヒーを飲もうが、ハゲないです。

 

睡眠時間が5時間でもハゲないです。

多少のストレスなどでは髪に影響はないです。

 

 

薄毛の原因はハゲ体質。

悪玉酵素に反応しやすい体質なのです。

この原因をとりのぞくには、この漢方療法が一番良いのです。

 

 

育毛剤やシャンプーでは体質は変わりませんのでね。

 

シルク微粉末とシルクアミノ酸

読了までの目安時間:約 2分

シルクアミノ酸は育毛には有効。

 

これは、私には、まったく異存がないのです。

 

 

害もないし。

 

健康にもいいし。

 

髪の毛の育毛においては、多くの権威ある書籍でも取り上げられていますから。

 

 

なので、問題は「どういうシルクアミノ酸を買うか?」というkとになるのです。

 

私は、多くの育毛商品が、高額なのには不満を持っています。

 

宣伝費をかけすぎなのではないか?

 

 

もう少し安価にならないものでしょうか。

 

シルク微粉末は1万円以上します。

 

 

その点、私が代用品として愛用しているシルクアミノ酸は1000円程度。

 

これなら続けられるよね。

 

できれば、コラーゲンも併用してとりたいのです。

 

 

コラーゲンなら、ミレット成分のコラーゲンがよいです。

 

コラーゲンが髪の毛を太くする早さは、なかなかのもの。

 

 

成果が早く見えると、安心でき、また希望がわきます。

薄毛を治すには漢方

読了までの目安時間:約 2分

漢方の育毛法が優れているのは、
「こういう症状には、こうすればよい」

 

 

という体験からの対処法が、長年、畜積されていることです。

ハゲてきたらこうすればよい、という事例も多くあるのです。
漢方では「髪の毛は血液の余り」からできていると考えます。

 

 

血液が潤滑に身体をめぐっていることが、重要。
さらに、その血液の内容も重要。

 

 

肉の多食や、缶コーヒー、ポテトチップスなどを食べた血が、いくら毛根に多量に流れ込もうと、それは「逆効果」というもの。
ドクダミのエキスや、ごま、レシチン、スピルリナ、アミノ酸などを食べた栄養素を含んだ血液が、毛根にとどいたときに、育毛は加速度的に成功するわけですよ。

 

 

まずは、そこ。
育毛剤などは、そのあとの話。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報