薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛漢方とコラーゲン

読了までの目安時間:約 3分

育毛漢方の第一人者は高橋由美子先生です。

 

漢方での育毛は何人かの人が本を出していますが、高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」は、

なんといってもその効果の高さにおいて、私はもっとも信頼しています。

 

その理論は、著書の発行から30年がたった今でも、まったく色あせないのです。

この30年間にいろんな育毛関連の本を読んできました。

 

そのなかでも、「一冊」を選ぶとすれば、「みるみる髪が生えてくる」にするのです。

さて、とはいえ、30年の間には育毛、薄毛対策において、やはり進歩があったのです。

 

「みるみる髪が生えてくる」に掲載されていない部分として、

1、プロペシア

2、コラーゲン

のふたつの部分は、当時は、まだ登場していない状態だったといえるのです。

 

高橋由美子先生が、いま、本を書くとすれば、プロペシアについて、どう評価するかは興味深いものがあります。

一方、コラーゲンについては「肯定」すると思います。

 

育毛漢方の老舗の「自然美」という会社でもコラーゲンは重視していることが商品パンフレットからうかがわれます。

 

育毛漢方の最も重要な部分は、

「髪の毛の成育に役立つ成分を、血液に溶け込ませて、毛母細胞に送り込むこと」

だと私はとらえています。

 

育毛剤で外部から作用させることは、高橋先生は積極的ではないですし、私自身、いろんな情報を集めますが、

「育毛で髪が生えた」という事例は少ないのです。

 

スピルリナやコラーゲンで髪の毛を太くすることが、第一ステップといえます。

 

継続率93%!回生堂メンズミレット

コラーゲンやスピルリナでは髪の毛の本数は増えないです。

でも、髪が太く丈夫になると、見た目のボリュームが大きく変わるので、他人が見たとき「薄毛」とはいえなくなるのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報