薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛のシルク微粉末代用品のクチコミ

読了までの目安時間:約 2分

薄毛やハゲを治す方法は、平成24年1月現在では、成功確率の高い方法がわかっています。

 

 

あなたは、たんたんと、その育毛成功確率の高い方法を、試し、取捨選択していくだけなのです。

 

ここで問題は「お金」。

 

成功する発毛方法がわかっていても、価格が高いと継続できんよね。

 

 

だ、か、ら、
安価なものを探しましょう。

 

 

シルクアミノ酸が発毛、育毛によいのは、もう常識。
まさに薄毛対策の王道。

 

メインをはる事のできる存在。
AKB48でいえば前田敦子か大島優子か。

 

 

コラーゲンやのこぎりやし、そして、スピルリナなどと並ぶ存在がシルクアミノ酸、シルク微粉末なのですね!!
そのシルクアミノ酸の効果をかなり「客観的」に評価するのが楽天のレビューです。

 

 

企業の発信する情報よりも、体験者の評価が信頼できるよね。
では、私の愛用するシルク微粉末の「体験者レビュー」を見てみましょう。
やはり、本物はいいよね。

 

 

髪の毛のツヤができた、ツメが割れなくなった、肌ツヤが見違えるようになった、などなど。

 

「楽天」のシルクアミノ酸のレビュー

 

>>http://review.rakuten.co.jp/item/1/198583_10000430/1.1/

 

まずは、1冊の本代くらいで買えるこのシルクアミノ酸を試してみることですよ。

薄毛の原因5αリダクターゼとノコギリヤシ

読了までの目安時間:約 3分

ハゲや薄毛の原因は5αリダクターゼが深く関わっているのです。

 

薄毛対策を30年間続けてきた結果、わかったこと。

それは、

「ハゲやすい体質を持っていたら、ハゲ要因を抑制するべし」

ということ。

 

 

ハゲの要因となる5αリダクターゼを押さえる方法は、かなりわかってきています。

一つにはプロペシア、すなはちフィナステリドです。

 

 

ただし、プロペシアは、男性のみ飲むことが可能です。

では、女性や、男性でもプロペシアを飲みたくない人は、どうすればよいのか?

その一つがノコギリヤシとなるのです。

 

 

「ヤフー知恵袋」にも、ノコギリヤシの育毛効果についての質問と回答が出ていますね。

「ノコギリヤシに育毛効果かはあるのか」という質問と回答:ヤフー知恵袋

 

>>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1427080789

 

 

ノコギリヤシは5αリダクターゼを押さえつける栄養成分としては有名なものです。

 

 

プロペシアが飲めないなら、ノコギリヤシやウコン、大豆イソフラボン、カボチャの種などを必ず摂取しましょう。

いや、プロペシアを飲んでいても、これらの自然的な栄養素を摂取することが、発毛効果をグーンと高めますよ。

 

 

試してみる必要はあると思います。

手っ取り早く、育毛成果を実現したいなら、私が継続して愛用しているノコギリヤシ成分がたっぷりの育毛サプリがよいかもね。

 

ノコギリヤシ、または、プロペシアを摂取しないまま、髪の毛を生やそうとしてもムダです。

 

毛母細胞も、

「5αリダクターゼが邪魔してるから、髪を生やすことができないよ!!なんとかこいつを押さえつけてくれぇ~」

 

と救いを求めて、叫び続けているはずです。

ハゲは遺伝だから治らない、か?

読了までの目安時間:約 4分

ハゲは遺伝だから治らないのか?

 

薄毛やハゲは遺伝なので治らないと心配している人が多いのです。

 

ネットでも、「ハゲに悩む人にハゲは治らない」と回答しているのをみました。

 

 

「ハゲは遺伝なので治らないのか?という質問と、その回答」(ヤフー知恵袋より)

>>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114545171?fr=rcmd_chie_detail

私の考えでは、結論から言うと、

 

 

「ハゲや薄毛は遺伝だが、治る」

と私は断言します。

 

 

これは、もう、誰がなんと言おうと、そうとしか考えられないのです。

ハゲや薄毛は遺伝なので、そのまま普通の生活をしていたら、きっとハゲは進行し、ハゲてしまいます。

 

 

でも、ハゲ遺伝子を持っていると気付いたなら、対処法を実践したらいいだけなのです。

 

 

私は、背の高さは遺伝だと思います。

 

糖尿病なども遺伝が関与しているようです。

 

太る、やせるも遺伝が関与していると思います。

 

 

でも、背の高さにしても、糖尿病にしても、

 

「努力すると、なんとかなる」

 

のが現実。

 

 

ハゲ、薄毛の場合も同様です。

 

薄毛遺伝子を持っていても、適切な対処をすると、ハゲなくてすみます。

 

ただし、私の30年間の育毛体験からいうと、

 

「同年代の平均的な髪の毛の量までが限度」

 

のような気がします。

 

 

背の低い遺伝子があっても、背を伸ばすノウハウで平均的な身長まではいくけれども、

バレーボールの選手やバスケットボールの選手のような高さまではムリなことがほとんどです。

 

薄毛やハゲも、努力で髪は生えますが、「髪の毛が多い」というところまでは、ハゲ遺伝子が許してくれないのです。

 

でも、平均的な髪の毛のボリュームは、高い確率で達成できます。

 

 

これは、きっとできます。

 

私の体験では、一番はやく実感できるのが、回生堂という会社のコラーゲンなのです。

 

男性の場合、ハゲ遺伝子の本体ともいえる「5αリダクターゼ」を押さえつける成分があるのに加え、

コラーゲンのエキスが、細い髪の毛を太く育てる「メンズ、ミレット」を選択します。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報