薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

ハゲたくないなら低体温を治せ

読了までの目安時間:約 3分

低体温の危険性

 

 

最近は、空調設備の整った環境や気候の寒暖差などから、体温調節が上手く行かなくなって、次第に低体温になる人が増えています。

 

 

少し前まで、低体温は、特別な症状と思われていましたが、今日では、生活環境の影響で低体温になってしまう危険性があります。

 

 

医学的には、冷え性は病気として捉えられていませんが、体のあちらこちらに不調を訴える人が多く、低体温との関連性についても研究されるようになりました。

 

 

冷え症になれば誰でも低体温になるわけでなく、人それぞれ症状が違うと言われます。

 

 

一般的に、人の理想的な基礎体温は、36.5度を基準にしています。

 

 

体内の機能性を活発にして、酵素の働きが良くなるので、ウイルスや病原菌に対する抵抗力も高まります。

 

 

ですから、健康を維持するためには、基礎体温を36.5度にする必要があります。

 

 

基礎体温が下がってしまうと、体内の機能性が悪くなり、体調不良を起こしやすくなります。

 

 

さらに、アレルギー性疾患やウイルス性の病気にかかりやすくなるので、注意が必要です。

 

 

冷え性は病気ではないと思っていると、慢性的な低体温症になる可能性があります。

 

 

この場合は、基礎体温が35度になってしまうので、ガンなどの疾患を発症しやすくなってしまいます。

 

 

自分は冷え性ではないと思っている人も、基礎体温を測るようにしましょう。

 

36度とか36.2度程度の方は、低体温になりやすいので、注意が必要です。

 

 

手足だけでなく、体の芯を温めることが大切です。

 

 

 

発毛のためには冷えによる不眠を解消

読了までの目安時間:約 3分

発毛のためには、冷えによる不眠の解消すべき

 

手足が冷えて寝付きが悪く、夜半にすぐに目が覚めるという方は、血流やリンパの流れが悪くなっています。

 

発毛において睡眠不足は大敵。

 

なので、冷えによる不眠を解消すべきです。

 

睡眠中の体温は一般的に低下しますが、手足は体温が高めになるので、冷たさを感じることはほとんどありません。

 

ところが、冷え症の方は、血流やリンパの流れが悪いので、手足の体温が下がってしまいます。

 

その結果、体温を上昇させる機能が活発になり睡眠を妨げるので、なかなか寝付けなかったり、すぐに目が覚めたりします。

 

薄毛化が進みます。

 

低体温になると、就寝中も神経が安まらないので、ハゲてきたり、不眠を訴える方が多くなります。

 

冷え症は病気ではないからといって、症状をそのまま放置していると、血流やリンパの流れが悪くなり、低体温が原因で不眠症など色々な病気を発症してしまいます。

 

特に女性の場合は、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうので、薄毛が急速に進む危険性もあるので、注意しましょう。

 

女性は男性と違って、妊娠や出産による体調の変化も関係しています。低体温になると、自律神経の乱れが起りやすくなり、女性ホルモンのバランスにも悪い影響を与えてしまいます。

 

ですから、肌が荒れて、髪は抜けるなどで、体調不良と重なって冷え性も悪化してしまいます。

 

低体温が原因で不眠症を発症するだけでなく、自律神経や女性ホルモンのバランスを崩して体調不良が悪化すると、さらに厄介な病気になる可能性もあります。

 

日頃から、体温調節が上手く行くようにまわりの環境や生活のリズムを整えることが大切です。

 

特に栄養バランスを考えた食事を摂るようにしましょう。

 

夏場に冷たい飲み物や食事を摂りすぎると、体温調節が悪くなるので、できるだけ温かい食事を摂るようにしましょう。

 

冷えが薄毛の原因となるので注意しましょう。

 

 

 

発毛と冷えと頭痛

読了までの目安時間:約 3分

発毛の妨げ地なるひえによる頭痛の予防法

 

慢性的な頭痛で悩んでいる方が増えているようです。

 

冷えが頭痛を呼び、頭痛がハゲを呼びます。

 

というのも、頭痛薬を飲むと育毛にはマイナスとなるのです。

 

とくに、慢性的に頭痛薬を飲むことは、ハゲや薄毛の大きな原因なので、今回のブログは重要なのです。

 

頭痛には色々な原因がありますが、冷え性が引き起こす頭痛は血流の悪化が原因と言われています。

 

血流の悪化はハゲをよびます。

 

首や肩のこりがひどくなると、筋肉が硬くなリ血液やリンパの流れが悪くなり、薄毛の原因となります。

 

さらに、血管や神経を圧迫するので、症状が悪化して緊張性頭痛などの慢性的な病気を引き起こすことがあります。

 

寝ている間に体が冷えると血流が悪化してしまうので、朝の起床時に体調不良を起こしやすくなります。

 

その一つの症状が、起床維持に起る緊張性頭痛です。

 

これは、副腎皮質ホルモンと深く関わりがあります。

 

冷え性になると、就寝中に副腎皮質ホルモンが消費され、朝の目覚めが悪いだけでなく、体調不良を引き起こしてしまいます。

 

さらに、就寝中に血流が悪化するので、水分補給が上手く行かなくなり、起床時に体調不良や頭痛を引き起こしやすくなります。

 

体調不良や頭痛による薄毛やハゲを予防するには、就寝中に体を冷やさないようにすることが大切です。

 

特に夏場は、エアコンや扇風機をつけたまま就寝する方もいますが、寝ている間に体温が下がり、低体温になる恐れがあります。

 

このような場合も、朝の起床時に頭痛を引き起こすことがあるので注意しましょう。

 

体を冷やさないことはもちろんですが、首や肩のこりがひどくならないように日頃から注意すれば、冷えが原因で起る頭痛を予防することができます。

 

首や肩の筋肉を温めてほぐしておけば、頭痛を起こさなくなるでしょう。

 

低体温は病気の症状ではありませんが、他の病気を招く恐れがあります。

 

体調不良や頭痛がひどい時は、発毛促進のためにも、早めに診てもらいましょう。

 

 

 

育毛と冷えとりと脚のむくみ

読了までの目安時間:約 3分

育毛と冷えと、脚のむくみを改善する方法

 

育毛を考えるとき、

 

「頭ばかりを考えていてはいけない」

 

といえるのです。

 

 

なぜか?

 

血行は全身の問題なのですよ。

 

だから、

 

全身の血行をよくするのが育毛につながるのですよ。

 

脚も育毛と関係なしとはいえません。

 

いろいろな原因で、脚のむくみを抱える女性が増えています。

 

家事や仕事、子育てなど、一日中活動する女性にとって、脚のむくみは悩みの種です。

 

立ち仕事を続けていると、いつの間にか脚が太くなると言われていますが、これは、血流が悪くなって、筋肉が硬くなった状態です。

 

パソコン作業などのデスクワークでも、体を動かすことが少ないので、血液の循環が悪くなり、脚がむくみます。

 

立ち仕事でもデスクワークでも、同じ体勢を続けていると、血流が悪化して、エコノミー症候群のような病気を発症する危険性があります。

 

その他、体の冷えが原因で起る脚のむくみにも、血流やリンパの流れが関係しています。

 

低体温で体が冷えると、血流がやリンパの流れが悪くなるので、筋肉が水分や栄養素を吸収できなくなります。

 

この状態が続くと、脚の筋肉が硬くなってしまいます。

 

夕方になると、靴のサイズが合わなくなったりしますが、これは、足に負担をかけているからです。靴のサイズやデザインを選べば、ある程度、脚のむくみを解消することができるでしょう。

 

足先からふくらはぎ、膝から太ももを温め、上半身の心臓まで血流を良くすれば、冷えが原因で起る脚のむくみを改善することができます。

 

冷え性になると、脚の筋肉が硬くなっているので、体を温めるマッサージも効果があります。

 

冷え症は病気ではないと言われていますが、脚のむくみなど、体の不調を引き起こすので、注意しましょう。

 

さらに、慢性的な病気が原因で脚がむくむこともあります。

 

髪の毛を生やすために血行をよくして肩こりなおす

読了までの目安時間:約 3分

育毛の為には、血行をよくして肩こりの改善すべし。

 

血液の循環が悪くなると、薄毛の大原因である肩こりや首のこりがひどくなります。

 

このような症状は、体の冷えが原因ですから、湿布薬を貼っても良くならないことが多いようです。

 

ですから、眼精疲労やストレスから来る肩こりや首のこりとは、区別されています。

 

冷えが原因で血流が悪化すると、ハゲのおそれはもちろん、リンパの流れも悪くなります。

 

その結果、栄養素が筋肉細胞へ循環しなくなり、乳酸が筋肉細胞を劣化させてしまいます。

 

肩や首のまわりの筋肉が硬くなった状態をそのままのしていると、さらに血流が悪くなり、末梢血行障害などの病気を発症してしまいます。

 

こりゃあ、ハゲるわね。

 

冷え性が原因で発症する筋肉のこりは、抹消血行障害を引き起こします。

 

この症状は、末梢血管が細くなってしまう病気で、手や足の痛みや痺れがあります。

 

重症になると、潰瘍ができたり、凍傷になることもあるので、ハゲたくないなら、早めの治療が必要です。

 

頭痛や肩こりは、眼精疲労やストレスが原因の場合もありますが、体の冷えが原因で発症する頭痛や肩こりは、手足の痺れや痛みを伴うことがあるので、改善法を考えることが大切です。

 

まず、手足を温めるようにした方がいいでしょう。

 

肩こりや首のこりがひどくならないように、手足の血流を改善する必要があります。

 

手軽にできるストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

左右の手足を使ったマッサージをご紹介します。

 

まず、右足先を左手でマッサージします。次に、左足先を右手でマッサージします。

 

温まったら、右のウエストから脇の下、左のウエストから脇の下までをそれぞれ、反対の手でマッサージしましょう。

 

簡単にできるので、日常生活の中に取り入れて体を温めれば、肩こりや首のこりを軽減することができます。

 

薄毛を治すたえm、また、他の病気を発症しないように心がけましょう。

薄毛に効く発毛飲食療法の秘密

読了までの目安時間:約 2分

薄毛解消を切望するあなたに、今日も高橋由美子先生の著書を読み解いてまいりましょう。

 

さて、今日は「みるみる髪が生えてくる」のなかでも、とくに重要な「飲食療法」について、みていきます。

 

同著の108ページに、先生の主張する項目の4か条が書かれています。

 

その部分を引用します。

 

 

 

(引用ここから~)

 

「一貫して私が主張してきたことは、

 

①髪は血からつくられる

 

②血は食事からつくられる

 

③食事によって、その人の体質がつくられている

 

④ハゲ、薄毛、白髪を治すには、外側ではなく、体の内面から、つまり体質改善以外に、決め手となる療法は存在しない。」

 

 

(~引用ここまで)

 

私が30年間育毛生活で、成果を挙げられたのは、最初にこの先生の言葉を理解していたからだと思います。

 

上記の4項目を理解していないと、育毛剤や育毛シャンプー、あるいはレーザー育毛治療器のようなものに、

手を出して、髪が生えないまま心をおられることになるのです。

 

 

食事が大事なのです。

 

コラーゲン

カイセイ堂『ミレットシリーズ』

ノコギリヤシ

fuerza(フェルサ)

スピルリナ

ビタミンE

などを重視することです。

育毛剤では、それほど髪は生えないのですから。

発毛サプリメントのフェルサ体験

読了までの目安時間:約 3分

育毛サプリメントを飲む発毛法。

 

新発売の「フェルサ」を体験して3ヵ月。

 

現在の私のメインの発毛サプリメントとしています。

 

3ヶ月前までは「ボストン」というサプリメントを飲んでいました。

 

が、

 

ボストンを飲んでいた頃よりも、フェルサを飲み始めてからが、髪の毛のボリューム感がグンとアップ!!

 

うれしいです。

 

ただし、

 

3日前に、野菜酵素飲料を飲み始めており、もしかしたら、こちらの効果が関与しているのかもしれないですが、とにかく、新たな育毛の展開があったと実感しています。

 

「サプリメントにたよらず、食事で対応する」

 

という考えもあるかも知れませんが、現実的ではない考えです。

 

ノコギリヤシを日常の食事で摂取することなど、できるはずがありません。

 

フェルサの成分にはミレットエキスも入っており、ミレットエキスもまた、日常の食事ではとることはできないのです。

 

あと、

 

プラセンタ、

 

亜鉛

 

L-シスチン

 

なども食事ではとりにくい栄養素なので、フェルサで摂取すると良いのです。

 

薄毛を治すには、薄毛を治すパワーをもつ栄養素を取り入れないといけません。

 

日常の食事だけでは、それはムリなのです。

 

お金はかかります。

 

お金はかかりますが、お金を払ってフェルサを買えば、あとは1日に2粒を飲むだけです。

 

1日5秒でOKなのですね。

育毛サプリメントのフェルサが王座奪取

読了までの目安時間:約 3分

育毛サプリメントのフェルサを飲み始めて3ヶ月くらいかな。

 

結論から言うと、私のメインの育毛サプリメントとします。

 

いろいろな育毛ノウハウを実行したり、「お試し」をしているので、フェルサだけが髪の毛をぐんぐん増やしたかどうかは断言できないですが、フェルサを飲み始めてからは、一段と、髪の毛の勢いがよくなったといえます。

 

これは、確か。

 

3ヶ月前からは野菜酵素も本格的に飲んでいるので、酵素の影響もあるかもしれないです。

 

が、

 

それにしても、この3ヶ月に成果があった要因となったフェルサを継続すべき。

 

 

ちなみに、

 

私は育毛サプリメントのフェルサとともに、育毛ジェルの育毛剤「フェルサ」も併用しています。

 

 

この影響もあるかもしれないです。

 

育毛サプリメントは、いままではボストンを飲んでいましたが、これからはフェルサをメインにしていきます。

 

ボストンも悪くはないですが、フェルサのほうが、私にはあっているみたいです。

 

で、

 

今日からこのブログのタイトルも変更して、フェルサの体験を書いていこうと思います。

 

当然ですが、

 

フェルサよりも発毛効果の高い育毛サプリメントや発毛ノウハウとであったときは、再びタイトルを変更して、その体験を書くことになるでしょう。

 

とにかく、

 

「少しでも発毛効果の高いもの」

 

を探し、そして実践することが、薄毛対策には大事なことなのですから。

 

まずは、フェルサの成分内容を他の育毛サプリ商品と比べてみてください。

髪の毛によい育毛サプリメント

読了までの目安時間:約 2分

薄毛を治すには髪の毛によい栄養をとることなのです。

 

概ね、薄毛対策用のサプリメントは値段が高い。

 

けれども、日常生活において、髪の毛の生育によい栄養素を摂取することは容易ではない。

 

薄毛を治すためによい成分というものは、もう、明らかになっています。

 

代表的なのが、

 

ノコギリヤシ

 

亜鉛

 

の二つなのです。

 

 

育毛サプリメントはこの二つの成分で作られていることが多いのです。

 

ボストンもノコギリヤシと亜鉛が含まれています。

 

ボストンのライバル商品の、プロピアの育毛サプリメントも内容はよいです。

 

プロピアはノコギリヤシとコラーゲンで、これまた髪の生育にはよい成分なのです。

 

 

左がプロピア、右がボストン

 

どちらかは、やはり飲まないと、なかなか髪は生えないです。

 

ノコギリヤシとか亜鉛を毎日摂取するには、やはりサプリメントとなるのが現実的な対処方法だと思います。

 

 

薄毛を治す1日1分の逆立ち

読了までの目安時間:約 1分

薄毛を治すための一日1分の逆立ち。

 

血流が髪の毛と関係しています。

 

ストレスが大きいときなど、血流がスムーズに流れないです。

 

そんなときには、「逆立ち」がよいのです。

 

逆立ちして頭部に血液を流すのです。

 

緊張感などもほぐれます。

 

ヨガの基本は「逆立ち」なのです。

 

身体のバランスを整えるには逆立ちがよく、そのことで、薄毛対策になるのです。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報