薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

薄毛に関係する冷え性と病気

読了までの目安時間:約 3分

薄毛に関係の深い、冷え性と病気の関係

 

西洋医学では、体の冷えに関する研究が進んでいないため、冷え性を症状として確認していません。

 

そのため、診療機関で治療することがほとんどなかったようです。

 

それに反して、東洋医学では、冷えから色々な病気を発症することが確認されて来ました。

 

ハゲ、薄毛も冷えと関係が深いです。

 

手足が冷たくなるだけでなく、体調不良や他の病気を引き起こすことがあります。

 

ハゲ、薄毛だけではなく、たとえば、頭痛や肩こり、不眠症といった慢性的な症状や肌トラブル、生活習慣病など隠れた病気を発症する危険性もあると言われています。

 

さらに、気管支喘息や鼻炎、花粉症、アトピーなどのアレルギー性疾患を発症することが確認されています。

 

単なる体の冷えだけではなく、加齢でも症状が悪化してしまいます。

 

たとえば、更年期障害による自律神経失調症や、婦人病、膀胱炎などは女性に多く見られる症状です。

 

その他、慢性化した関節リウマチにも良くありません。

 

低体温が原因で脱毛などの症状が悪化するとはいえませんが、慢性的な持病を抱えている方や高齢者などは、基礎体温を下げない工夫が必要です。

 

若い頃から手足が冷たくなる方は、生活の中で体を温める工夫をしておいた方が髪の毛にとっていいでしょう。

 

特に中年以降に、手足の冷たさを感じ始めた方は、ホルモンバランスが乱れている場合が多いので、更年期障害の諸症状を促してしまいます。

 

そのまま放置していると、低体温になってしまう危険性があるので注意する必要があります。

 

少しでも体調不良を感じたら、躊躇しないで診察を受けた方がいいでしょう。

 

慢性化しないうちに改善することが育毛と健康の秘訣です。

 

 

 

猪毛ブラシを使っての1分発毛法

読了までの目安時間:約 1分

猪毛ブラシを使った発毛法は、かならずマスターしてください。

 

育毛漢方の根幹にあたるものなのです。

 

まずは、2000円までで、猪毛ブラシが買えますから、買っておきましょう。

 

猪毛ブラシで発毛するノウハウ

 

>>http://inosisiburasi.sblo.jp/?1339916122

 

この猪毛ブラシを軽く頭皮に突き立てることで、気持ちのよい頭皮刺激ができるのです。

 

強くしすぎないようにしましょう。

 

猪毛ブラシでの刺激で、ウブ毛がはえますので、そのウブ毛をコラーゲンとスピルリナで黒く太い髪の毛にそだてるのです。

冷えとり発毛と更年期障害

読了までの目安時間:約 3分

更年期障害の症状と薄毛と冷えの関係

 

薄毛と冷え性と更年期障害には、それぞれに関連性があると言われています。

 

もともと、手足を冷たく感じている方は、年齢と共に冷えの症状が悪化していきます。

 

そして薄毛やハゲになりやすいです。

 

これは、閉経期前後から卵巣ホルモンのエストロゲンが減少するので、体温調節が上手にできなくなるからです。

 

以前は、冷たく感じなった方でも、閉経期前後に手足が冷えるようになることがあります。

 

さらに、急に発汗したり、手足だけ冷たく感じて困るという方もいます。

 

血行が悪いと、頭皮にも血液がうまく潤滑にめぐらず、ハゲをまねきます。

 

冷えは、エストロゲンの減少が原因で、体温調節だけでなく、発汗調節も乱れているからです。

 

一般的に更年期障害の症状には、個人差があると言われます。

 

自律神経の乱れで体調不良を起こし、髪の毛のトラブルや、他の病気を引き起こしてしまう場合もありますが、それほど支障なく暮らせることもあります。

 

ですから、更年期障害は、誰にでもある症状ではないということです。

 

さらに病気ではないので、体調不良を見過してしまうことがあります。

 

特に、普段から冷え性の症状がある方は、脱毛や白髪だけではなく、思わぬ病気を発症する危険性があるので注意が必要です。

 

更年期障害の症状は、人それぞれ違うので、治療方も異なりますが、あまり我慢せずに軽い症状がでたら、専門医の受診をした方がいいでしょう。

 

最近は、更年期障害を専門にする診療機関があるので受診しやすいでしょう。

 

漢方療法や心療療法でも、適切な治療ができるので、髪の毛のトラブルや、不眠症や腰痛などの他、生活習慣病などの慢性的な病気を引き起こしたりしないようにしましょう。

ノコギリヤシ育毛の大決戦はボストンとフェルサで

読了までの目安時間:約 5分

育毛サプリメントは育毛において重要です。

 

髪の毛を増やすには野菜成分も大事だし、コラーゲンも大切。

 

回生堂メンズミレット

そして、薄毛の原因物質を押さえつけるには、ノイコギリヤシと亜鉛などが必要です。

 

私自身は育毛剤よりも、育毛サプリメントのほうが優先順位は、はるかに高いです。

 

育毛剤ではあまり「これで、生えた」という実感はないからね。

 

この30年間。

 

育毛サプリメントについては、確かな手ごたえがあるのです。

 

3ヶ月も飲むとわかります。

 

まあ、一番、速攻で効いたのはコラーゲンですけどね。

 

コラーゲンは「生えないけれども、髪が太くなる」のです。

 

見た目ボリュームをアップさせるには、コラーゲンです。

 

私の経験では、ある一定の値段以上のコラーゲン飲料はどれも効果ありと判定します。

 

 

育毛サプリメントは値段が高いですが、ノコギリヤシを庭で栽培するのは非現実的。

 

サプリメントを買うしかないよね。

 

できることといえば、

 

「もっとも発毛効果の高いサプリメントを購入する」

 

ことだけ。

 

消費者は、これができるだけ。

 

2年近くボストンを飲んできましたが、新発売のフェルサのほうが、ボストンより内容が充実していますね。

 

なによりも、フェルサにはプラセンタは配合されているのが決定的。

 

「育毛の達人」の販売するサプリメントのリバイブヘアーもプラセンタが入っており、内容がよいのですが、このフェルサにもプラセンタが入っています。

 

ボストンにはプラセンタは含まれていませんね。

 

というより、フェルサのほうは、新発売なので、ライバルボストンに対抗してか、

 

無謀とも思える販売をしていますね。

 

初回お試しの人は、

 

1ヶ月分6500円で2個が手に入るのです。

 

これは、すごいよね。

 

≪お試し≫育毛サプリ 50%OFF

もちろんボストンもイソフラボンが含まれており、育毛効果は期待できます。

 

ボストンとフェルサ。

 

どちらがよいのかは、

 

「試してから、決める」

 

ことでしょうね。

 

消費者は「選ぶ権利」を大事にしましょう。

 

私も平成24年6月13日現在は、フェルサを支持していますが、もっとよい育毛サプリメントが販売されたら、すぐにフェルサから乗り換えますからね。

 

何の未練もなく。

 

早く、もっといい育毛サプリメントに出会いたいよ・・・・・。

 

それと、これはどうでもよいことですが、

 

フェルサの広告ページに出てくる写真の酒井さんという男性ですが、

 

私の勤務する会社の副社長に顔がよく似ているので驚きです。

 

もちろん別人ですけれどもね。

 

そっくり。

 

副社長に「よく似た人が出ていますよ」といって、このフェルサの広告を見せてあげたいねぇ。

 

それにしても、フェルサ広告の写真の男性「酒井さん、

 

35歳のときのハゲ状態から、54歳の70%状態まで、よくハゲから生還できたものですね。

 

見事、復活ですよ。

 

ただ、一言言うと、フェルサだけでここまで生えたとは、私は思いませんね。

 

野菜成分の摂取とか、睡眠の改善とか、そういうフェルサを飲むこと以外の改善点が、、あっただろうと思います。

 

あるいはストレス解消とかも関係しているか?

 

もちろんフェルサのパワーは大きく貢献しているでしょうけれど。

 

 

薄毛と冷えとダイエット

読了までの目安時間:約 3分

育毛とダイエット効果と冷えの関係

 

一般的に基礎体温が低い人や冷え性の方は、体内の脂肪燃焼率が悪いようです。

 

ですから、同じようにダイエットを実行しても、痩せにくいのが特徴です。

 

要するに、基礎体温が低い人は、痩せにくい体質になるということです。

 

さらに、冷え性の場合は、血流やリンパの流れが悪いので、太りやすい体質になります。

 

酸素や栄養素の循環が悪化して、酵素の働きが弱まると、体内に老廃物が蓄積されるようになり、太りやすい体質になってしまうのです。

 

体内に蓄積された老廃物が脂肪を取り込んで、皮下組織にセルライトを作ると、さらに体脂肪が増える悪循環になってしまいます。

 

基礎体温が下がると、色々な体調不良を引き起こしますが、冷え性は病気ではないので、簡単に見過されることが多いようです。

 

特に、ダイエットをする時は、体内の酵素が活発に働かなければ、体脂肪を燃焼することができなくなってしまいます。

 

低体温が原因で、体内の脂肪がほとんど燃焼されずに蓄積されてしまうと、さらに老廃物が取り込まれ、内臓疾患や生活習慣病の原因になる危険性があります。

 

基礎体温が低めの方は、ダイエット中に食事制限をし過ぎると、栄養不足に陥って他の病気を発症する危険性があります。

 

女性に多い膀胱炎は、冷え性が原因で発症することが多いので注意しましょう。

 

その他、更年期障害の症状や甲状腺などの疾患にもなることがあります。

 

ダイエットによる過度な食事制限と偏食は、色々な病気を促す危険性があるので注意しましょう。

 

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報