薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛のためのリラックス術

読了までの目安時間:約 3分

育毛のためのリラックス術。

 

 

音楽を聴く。

 

 

これは、かんたん。

 

 

育毛にはリラックスが必須。

 

 

a1550_000028.jpg

一日中、緊張していると髪の毛にはマイナス。

 

 

では、どうするのか?

 

 

音楽を聴くのは、なにか作業をしながらでもできます。

 

 

パソコンをつつきながら。

 

 

食事をしながら。

 

 

着替えをしながら。

 

 

一日の中で、音楽を聴きましょう。

 

 

薄毛対策にはプラス面が多いです。

 

 

音楽は、私の場合は、

 

 

クラシック

 

 

ボサノバ

 

 

松田聖子

 

 

ユーミン

 

 

少女時代

 

 

徳永英明

 

 

森昌子

 

 

などですね。

 

 

落ち着く。

 

 

気分がよくなります。

 

 

本格的に、リラックスするなら、ヒーリング音楽もよいです。

 

 

聞いてみてください。落ち着きます。

 

 

女性薄毛と冷え症の関係

読了までの目安時間:約 3分

女性の薄毛と冷え性の関係

 

女性の髪と身体はは、体の冷えが原因でいろいろな症状や病気を発症します。

 

冷え性は、生理痛や生理不順だけでなく、薄毛、子宮内膜症、不妊症などの原因になると言われています。

 

薄毛だけではなく、特に生理に悪影響を及ぼすことがあるので、体を冷やさないことが大切です。

 

低体温になると、生理の時の排出機能が低下するので、子宮内の古血が排出されずに残ってしまいます。

 

その結果、子宮内に老廃物が溜まり、子宮内膜症や子宮筋腫、卵管狭窄などの婦人病を発症することがあります。

 

さらに、冷え性が原因で自律神経のバランスが乱れると、ホルモンバランスも悪くなるので、卵胞刺激ホルモンも減少してしまいます。

 

このように、冷えは薄毛と、女性特有の病気を発症する原因になっています。

 

低体温は婦人病の原因になることが多いので、日頃から、体を冷やさないようにすることが大切です。

 

日頃から、体を温める飲みもや食べ物を積極的に摂りましょう。

 

また、体温を逃がさないヒートテックのインナーを身に付けたり、エアコンの風を直接体に当てない工夫も必要です。

 

さらに、寝室やリビングの温度だけでなく湿度にも気を配りましょう。

 

とにかく、体を冷やさないようにすることが大切です。

 

婦人科の病気治療には、冷え性を改善する対策が必要です。

 

最近は、漢方薬などを使う東洋医学も見直されています。

 

また、低体温症を発症しないように、生活習慣や食生活に気を配り、

血流やリンパの流れを良くするストレッチやウォーキングを推奨しています。

 

 

私は冷えの解消には、足湯がおすすめです。

 

 

 

膀胱炎と冷え性の関係

読了までの目安時間:約 3分

膀胱炎と冷え性の関係

 

冷え性や低体温の症状がある方は、日常的に血流やリンパの流れが悪いので、

 

体の機能性が低下してしまいます。

 

このような状態が続くと、膀胱炎や尿道炎、腎臓などの病気を発症することがあります。

 

手足が冷たい人は、泌尿器系の病気を促すので注意が必要です。

 

特に女性に多い膀胱炎は、下半身の冷えが原因になっています。

 

膀胱の粘膜が低温化すると、雑菌やウイルスが侵入して増殖しやすい環境を作ってしまいます。

 

さらに、冷え性が原因でトイレの回数が増えたり、無理に我慢したりすると、

 

膀胱炎を引き起こしてしまうと言われます。

 

ですから、手足が冷たい方は、膀胱炎を発症しやすいだけでなく、

 

何度も発症して慢性化してしまうことが多いようです。

 

膀胱炎を予防したり、症状を軽減するには、日頃から基礎体温を下げないようにすることが大切です。

 

体が冷えてしまうと、血流やリンパの流れが悪くなるので、体内を循環する水分が滞ってしまいます。

 

女性の場合は、トイレに行く回数を少なくしたいと思って

 

、水分補給を控えてしまうことがあるので、逆に膀胱炎の症状が悪化してしまいます。

 

排尿が少なくなると、膀胱に雑菌が溜まり、増殖してしまうからです。

 

十分な水分補給をすれば、血流やリンパの流れが良くなるので、基礎体温の低下を防ぐことができます。

 

膀胱炎など泌尿器系の病気は、水分補給をきちんとすることが大切です。

 

体を冷やさない飲み物や食品を積極的に摂取するようにしましょう。

 

 

 

気管支炎と冷え性

読了までの目安時間:約 3分

気管支炎と冷え性の関係

 

冷え性が原因で気管支炎になる女性が増えています。

 

特に低体温の症状がある場合は、日常的に血流やリンパの流れが悪いので、風邪のウイルスを吸い込むと、

一気に気管支炎などの病気になってしまうことがあります。

 

気管支炎は、風邪やインフルエンザなどのウイルスによる急性疾患と、慢性疾患があります。

 

息切れがしたり、呼吸困難になったりしますが、慢性気管支炎の場合は、原因がはっきりしていません。

 

ヘビースモーカーに多いのが特徴です。

 

気管支炎は、気管支が炎症を起こして発症する病気です。

 

冷え性や低体温の症状がある場合、軽い風邪の症状でもかかる危険性があります。

 

普通から血流やリンパの流れが悪いと、発汗作用が低下するので、

体内に余分な水分が残り、むくみやだるさを感じやすくなります。

 

このような症状が続くと、溜まった水分が肺や気管支に流れて行くので、

粘膜を刺激して負担をかけ過ぎるため、炎症を起こして発熱してしまいます。

 

要するに、冷え性や低体温の症状がある人は、血流やリンパの流れだけでなく、

水分の流れも悪くなるということです。

 

肺や気管支の粘膜を傷つけないために、水分の流れを良くする必要があるので、

発汗作用のあるエクササイズやウォーキングを取り入れましょう。

 

特に、汗をかきにくい冬場は、毎日、時間を決めて発汗作用のある運動をする必要があります。

 

冷え性は、病気ではありませんが、いろいろな疾患を促します。

 

日々の生活の中で基礎体温を下げないようにしましょう。

 

 

薄毛なのに野菜酵素を飲まない人

読了までの目安時間:約 2分

薄毛なのに野菜酵素を飲まない人がいますので、少しおどろき。

 

というのも、

 

「薄毛やハゲを治すには、野菜を摂らないといけない」

 

ことは皆、わかっているのです。

 

ところが、実行をしていない。

 

ありのままを、見つめてみましょう。

 

あなたが、24時間以内に、どの程度野菜を摂取しているのかを。

 

ありのまま、見つめてください。

 

24時間以内に、どれだけの野菜を摂取しているのか?

 

ちなみに、

 

薄毛やハゲの人は、髪の毛を生やそうとしたら、

 

「平均的な日本人の2倍は野菜をとらなくてはならない」

 

のです。

 

ブロッコリー、ピーマン、ほうれんそう、ニンジン、など。

 

24時間以内に、平均的な日本人の2倍以上の野菜を摂取していないなら、

 

「そりゃあ、ムリ」

 

というしかないではないですか。

 

野菜スープ

野菜ジュース

野菜酵素

 

などを、お金を出して摂取する環境をつくらないといけないのです。

 

育毛剤をフリカケたりするのは、優先順位は低いのですよ。

冷えと慢性関節リウマチ

読了までの目安時間:約 3分

慢性関節リウマチと冷え性の関係

 

リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

 

慢性疾患の中で、特に30代から40代の女性が発症する慢性関節リウマチは、体の冷えが原因になると言われています。

 

症状としては、激痛や関節の歪みなどがあり、日常生活に支障をきたすだけでなく、他の病気を発症することもあります。

 

慢性関節リウマチは、症状を緩和する治療法がないので、悪化させないことが大切です。

 

はっきりした原因が見つかっていませんが、体の冷えから血流が悪くなり、末梢神経を刺激することが確認されています。

 

初期症状は、手足がしびれたり、関節が硬くなったりするので、他の病気の合併症と勘違いされることがあります。

 

冷え性や低体温の方が慢性関節リウマチになると、症状が更に重症化すると言われています。

 

ですから、冷え性を改善して血流を改善すれば、慢性関節リウマチの重症化を防ぐことができます。

 

病気の原因がはっきりしていないので、生活習慣や食生活などを重点的に改善することで、症状を軽減させる治療が行われています。

 

たとえば、体を冷やさない食品を積極的に選んだり、体温調節のできるインナーを身に付けるなど、体温を逃がさないようにすることが大切です。

 

慢性関節リウマチは、食欲不振や筋肉痛、微熱など風邪に似た症状が続くこともありますが、手足がしびれたり、関節が硬くなる症状があります。

 

症状が長引いたり、悪化している時は、自己判断をしないで、できるだけ早めに医療機関で診てもらった方がいいでしょう。

 

 

発毛のためには自律神経を正常化させる

読了までの目安時間:約 4分

発毛のためには、自律神経失調症を正常化させて、冷え性なおす。

 

 

人の体を順調に動かしている自律神経は2種類の神経系統が作用しています。

 

 

結論から言えば、発毛のためには、自律神経が正常に働かないといけないのです。

 

 

たとえば、体を動かす時に活発化する交換神経は、体内のエネルギー消費を促す働きがあります。

 

 

片方の副交感神経は、心身をリラックスさせる働きがあり、どちらもバランス良く作用することが大切です。

 

 

ところが、どちらかが作用しなくなると、自律神経がバランスを崩してしまいます。

 

 

自律神経の乱れがハゲを呼びます。

 

 

薄毛を促進するのです。

 

 

そして体調不良や病気を促してしまいます。

 

 

自律神経の働き悪くなる理由の一つに、冷え性が挙げられます。

 

 

体の冷えを感じると、筋肉がこわばり、精神的なストレスが蓄積されます。

 

 

すると交換神経が活発に作用して、血流が悪くなり、ハゲるとともに、さらに筋肉がこわばってしまいます。

 

 

このような状態になると、体だけでなく精神的にもストレスが増えて、副交感神経が働かなくなってしまいます。

 

 

交換神経だけが作用するので、自律神経のバランスが崩れ、いわゆる自律神経失調症の病気になって、急速なハゲ、薄毛となる恐れがあります。

 

 

冷え性は単なる症状と考えられていますが、体の冷えが原因で自律神経失調症を発症する恐れがあり、さらに血流やリンパの流れが悪くなると、ハゲるのです。

 

 

ハゲだけではなくほかにも、ホルモンが乱れて、女性に多く見られる病気や、アレルギー症、慢性疾患など発症することもあります。

 

 

日頃から、手足に冷たさを感じる人や、中高年の方は基礎体温を下げないように、

 

 

日常生活の中でいろいろな工夫をする必要があります。更年期障害などの症状緩和にも、体を温めることが大切です。

 

 

身体を暖めることは、育毛、発毛には、原則としてプラスとなります。

 

 

アレルギー症と冷え

読了までの目安時間:約 3分

アレルギー症と冷え性の関係

 

近年、アレルギー症を発症する方が増えています。

 

これは、生活習慣や生活環境、ストレスなど、現代人を取り巻く状況の変化が原因とも言われています。

 

アレルギー症の病気には、鼻炎や湿疹、花粉症などがありますが、特殊な症状では、シックハウス症など化学物質に対する過敏症の病気も多くなっています。

 

アレルギー性疾患専門の診療も行われるようになりましたが、症状が悪化したり、慢性化すると、日常生活ができなくなることもあります。

 

免疫力の低下が原因とも言われて来ましたが、残念なことに病気が完全に治癒する治療法はありません。

 

最近の研究で、アレルギー症と冷え性には、何らかの関係があることがわかりました。

 

これは、あらゆる症例を元にしていますが、自律神経と冷え性には因果関係があることがわかりました。

 

自律神経失調症になると低体温になる可能性があり、基礎体温が下がってしまいます。

 

こうなると、体内の免疫力が低下するので、体内の免疫力を上げるために、色々な物に対してアレルギー反応を起こしてしまうのです。

 

このような研究結果から、アレルギー症と冷え性には、関連性があることがわかります。

 

さらに、手足に冷たさを感じる女性のうち、およそ80パーセントにアレルギーの症状が見られました。

 

そして、慢性的な低体温になっていることも確認されています。

 

いろいろなアレルギー症を改善するには、まず、体の冷えをなくす必要があります。

 

単なる症状と考えないで、基礎体温を上げる治療を行うことが大切です。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報