薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

ハゲたくないなら低体温を改善せよ

読了までの目安時間:約 3分

ハゲたくないなら、低体温の改善をしよう。

 

 

温暖な土地柄に住んでいる人は、寒さを感じることがないので、体が冷えることがほとんどありません。

 

 

ですから、冷え性などの低体温で体調不良を訴える人もいません。

 

 

一般的に西洋医学では、冷え性の概念も病気もないので、低体温を改善する研究が、ほとんど進んでいない状況です。

 

 

日本国内では、季節ごとの寒暖の差だけでなく、天候不順や朝晩の気温差などから、体温調節が悪くなり、

低体温になってしまい、その結果h、薄毛やハゲになる人が増えています。

 

 

女性だけでなく、男性や子供にも低体温の症状が見られるようになっています。

 

 

最近は、冷え性の専門外来が見直されているので、低体温の病気治療ができるようになっています。

 

 

漢方薬などを使う治療も取り入れられているので、低体温の症状が続く方は、診察を受けた方がいいでしょう。

 

 

低体温の治療は、血流の改善を基本にして行います。

 

 

ホルモンバランスを整えて、自律神経の乱れをなくすために、薬を処方することもあります。

 

 

適宜な運動と食事療法を取り入れながら治療を行うので、低体温の症状を改善することができ、発毛につながるのです。

 

 

最近は、低体温の治療に漢方薬を使う医療機関も増えています。

 

 

手足の痺れや痛みの改善には、鍼灸やツボ押しも効果があると言われています。

 

 

これまで、いろいろな治療をしたのに、あまり改善されていない方は、

漢方薬や鍼灸、ツボ押しも治療に加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

なお、低体温の治療は、病気として認められていないので、保険適応外診療になることがあります。

 

 

発毛のための「冷えとりエクササイズ」

読了までの目安時間:約 3分

育毛、発毛のための「冷えとり」エクササイズ

 

 

体を温めて、血流を良くするエクササイズを行えば、育毛に役立つだけでなく、

生活習慣からくる病気の予防にもなります。

 

 

保温効果のある服装や、食事を摂りながら、冷え性に効くエクササイズを取り入れれば、

体を温める効果が期待でき、育毛に役立ちます。

 

 

身体を暖めて育毛をするには、有酸素運動になるウオーキングやジョギングがおすすめです。

 

 

極端に長い時間続けるのではなく、30分前後のウォーキングか10分前後のジョッギングが最適です。

 

 

コース選びは、平坦な道よりも、スロープや階段のある道の方が効果的です。

 

 

外出しないで簡単に育毛できるのが、家事をしながらできる「ながらストレッチ」です。

 

 

こちらは、いつでも家事をこなしながらできるので、簡単に取り入れることができます。

 

 

掃除や洗濯物干し、食事の準備など、いつもの家事で筋肉を動かします。

 

 

台所仕事の時は、食器を洗ったり調理をしながら、つま先立ちをしましょう。

 

 

毎日、行えば、つま先からふくらはぎの筋肉を鍛えるので、下半身の血流が良くなり、冷え性の対策になります。

 

 

さらに、洗濯物を干す時や床のモップ掛けの時も、腕や脚の筋肉刺激するポーズで行いましょう。

 

 

意識的に行えば、いろいろな筋肉を使うことができるので、血流が改善され、肩や首のこりがほぐされ、

薄毛対策に役立ちますし、生活習慣が原因で起る病気を予防することができます。

 

 

このように「ながらストレッチ」を実行して、筋肉を刺激すると、水分の循環が良くなります。

 

 

その結果、酵素の働きが活発になり、雑菌や細菌に対する抵抗力が高まるので、

冷え性対策だけでなくウイルス性の病気を予防することができます。

 

 

身体を暖めて、髪の毛を増やすにはエクササイズを取り入れるべきなのです。

 

 

育毛はマッサージで冷え性を治してから

読了までの目安時間:約 3分

育毛には冷え性に効くマッサージをすべし。

 

 

血流とリンパの流れをよくするツボ押しやマッサージをすると、水分の循環が良くなり冷え性を改善することができ、育毛に役立ちます。

 

 

血行障害などから発症するハゲおよび病気の予防にもなるので、マッサージを取り入れて体を温めるようにしましょう。

 

 

まず、上半身を中心に血流を改善して体を温めれば、薄毛だけではなく、いろいろな病気の予防にもなります。

 

 

肩の力を抜いてリラックスしましょう。

 

 

左手と右手を交互に使って、左右のわき腹から腕に向かってマッサージします。

 

 

二の腕、肘、手首までマッサージしたら最後は中指を伸ばすようにしましょう。

 

 

左手で右の腕をマッサージしたら、今度は右手で左の腕をマッサージします。

 

 

このようなストレッチを左右交互に行えば、肩から首筋の筋肉がほぐれて温かくなり、手先までほぐれた感じがするでしょう。

 

 

マッサージをする場合は、心臓への負担を軽くするために、右腕から先にすることが大切です。

 

 

次は、下半身の冷えを予防するマッサージです。こちらは、両脚を前方に広げたポーズで始めます。

 

 

腕のマッサージと同じように、右脚から先に始めましょう。

 

 

まず、右脚の付け根あたりを右手の親指で指圧します。内側から外へ向けて指圧します。

 

 

今度は、左脚の付け根あたりを左手の親指で内側から外へ向けて指圧しましょう。

 

 

痛みを感じない程度にするのがポイントです。

 

 

ツボ押しが終わったら、両脚の付け根から膝に向けてやさしくマッサージしましょう。

 

 

ツボ押しやマッサージで注意するのは、あまり力を入れ過ぎないことです。

 

 

上半身とか半身をセットで行えば、冷えは改善され、髪の毛が生える条件が整います。

 

 

薄毛の対策だけでなく、他の病気予防にもなるでしょう。

 

 

薄毛原因となる冷えをとる入浴法

読了までの目安時間:約 3分

冷え性によっておきる薄毛、ハゲに効く入浴術。

 

 

冷え性で悩んでいる方にぴったりの入浴法をご紹介しましょう。

 

 

一般的に半身浴は、体に良いと言われていますが、寒い季節や冷え性の方は、避けた方がいいでしょう。

 

 

冬場は、できるだけバスタブに浸かって体を温めれば、薄毛化、ハゲとともに、病気の予防にもなります。

 

 

ただ、あまり長く浸かると、のぼせてしまう危険性があるので、注意しましょう。

 

 

バブルバスなどの入浴剤を入れると、さらに体が温まります。

 

 

最近は、湯上り後も保温効果のある入浴剤があるので、利用してみましょう。

 

 

発汗作用があれば、冷え対策や美肌効果にもなるので、好みの入浴剤を使ってみませんか。

 

 

その他、エステサロンでも使われている、天然塩と海藻エキスのタラソテラピーも人気があります。

 

 

これは、全身浴ではなく足浴になります。

 

 

大き目の洗面器かバケツにお湯を張り、天然塩や海藻エキスを垂らして足を温めます。

 

 

体調不良の時や足が冷たい時に温め効果があり、発毛にはかなり役立ちますよ。

 

 

手軽にできるし、病気の予防にもなるので、取り入れてみましょう。

 

 

入浴後に体を冷やしてしまうと、すぐに体温が下がるので、温め効果が失われてしまいます。

 

 

温かい服装をして、できるだけ早めに休むようにしましょう。

 

 

入浴で体を温めれば、冷え性からおこるハゲだけでなく他の病気の予防にもなるので、積極的に取り入れてみましょう。

 

 

ただ、貧血気味の方や低血圧症の場合は、症状が悪化することがあるので、入浴法や入浴時間について、十分な注意が必要です。

 

 

さらに、体調不良の時や熱がある時は、足浴の方が効果的です。

育毛には身体を暖めるドリンクを活用

読了までの目安時間:約 3分

育毛には体を温めるドリンクを飲む。

 

 

最近は、炭酸系やペットボトルのドリンクが人気です。

 

 

冷え性で悩んでいる方には、しょうが入りのドリンクや梅こぶ入りのお茶がおすすめです。

 

 

体を温める食品を積極的に摂取しましょう。

 

 

どのようなドリンクを飲めば、体が温まるのか覚えておくといいでしょう。

 

 

しょうが入りドリンクは、簡単に作れるのでおすすめです。

市販のしょうがをすりおろして、紅茶に入れ、お好みで甘味を加えるといいでしょう。

 

 

はちみつやメープルシロップを入れると、甘味が加わって飲みやすいです。

 

 

しょうがは温の効果があるので、冷えを防いで、風邪などの病気予防になります。

 

 

さらに、梅の酸っぱさが好みの方に、梅こぶ茶がおすすめです。

 

 

梅と塩昆布を混ぜて、熱湯かほうじ茶を注ぐだけの簡単レシピです。

 

 

梅干にはクエン酸が含まれているので、冷えを防ぐだけでなく、

疲労回復や病気予防にも効果があります。

 

 

それから、根菜のレンコンを使ったドリンクをご紹介します。

 

 

すりおろしたレンコンを搾って熱湯を加えるだけです。

 

 

味付けには塩か醤油を少々使います。飲みやすくするために日本酒を少し加えるといいでしょう。

 

 

レンコンは、体を温めるだけでなく、風邪の症状や気管支炎などの病気に効くと言われています。

 

 

身体が温まれば、薄毛対策にも効果があるのです。

 

 

しょうがやレンコンなどの根菜を利用すれば、体温調節ができるので、他の病気予防にもなります。

 

 

ワイン好きな方は、ホットワインがおすすめです。

 

 

赤ワインを温めて、好みのフレーバーで飲みましょう。

 

 

シナモンやハチミツを入れると、体を温め育毛、発毛に役立つだけでなく、ストレスの緩和にもなります。

 

 

 

 

発毛には身体を温める食品

読了までの目安時間:約 2分

発毛には体を温める食品を食べる。

冷え性で体調不良のある方は、ハゲたり、他の病気を発症しないように、体を温めることが大切です。

そこで、温の効果がある食材を選んで食べて、発毛に役立てるようにしましょう。

どのような食材を食べれば、温の効果があるのでしょうか。上手な選び方をご紹介します。

まず、できるだけ、暖色系の食材を食べるようにしましょう。

ニンジン、かぼちゃなどの野菜や、さくらんぼ、あんずなどの果物、卵黄やエビ、たらこ、赤身魚などの食材がおすすめです。

さらに、良くわかる分類法をご紹介します。

寒い地方や北国で収穫される食材には、ほとんど温の効果があります。

たとえば、りんごやもも、さくらんぼなど北国で収穫されるくだものです。

それとは逆に、南国育ちのバナナやパイナップルは、体を冷やす果物です。

体を冷やしたい時に食べると効果があります。

その他、硬さのある食材は、温の効果があると言われます。

くるみやアーモンド類は体を温めるので、冷え性の方におすすめです。

そして、香味野菜やしょうが、唐辛子なども体を温めてくれます。

しょうが入りのドリンクを飲むと、冷えを抑えるので、風邪などの病気を予防する効果があります。

ビタミン類では特にビタミンEを積極的に摂りましょう。

卵黄や焼き海苔、たらこに多く含まれると言われています。

ビタミンEは、血液の循環を良くするので、発毛効果や美肌効果もあり、生活習慣からくる病気の予防になります。

毎日の食生活を見直して冷えから来る体調不良を改善すれば、薄毛対策とともに、他の病気の発症を防ぐことができます。

就寝中の冷え症解消

読了までの目安時間:約 3分

就寝中におこる冷え性対策

 

 

体温調節で問題なのが、就寝中の冷え防止です。

 

 

特に冷え性の方は、寝ている間に体温が下がり、なかなか寝付けなくなってしまいます。

 

 

このような状態が続くと、不眠症や他の病気を発症することがあるので、体温調節が必要です。

 

 

a0001_017093.jpg

就寝中は、自然に体温が下がるので、体を温める必要があります。

 

 

特に低体温の方や体調の悪い方は、朝の起床時まで体温調節をすることが大切です。

 

 

ぐっすり眠れることで、冷え性だけでなく、いろいろな病気を予防する効果があります。

 

 

寝具に関しては、毛布を利用する方が効果的です。できたら、ダブルサイズの毛布を使いましょう。

 

 

敷布団と掛け布団の隙間を作らないことがポイントです。

 

 

掛け布団をかける前に、毛布の端を敷布団の下に入れておけば、隙間がなくなるので、風を通しません。

 

 

薄めの布団を数枚重ねた方が空気の層を作るので、温かさを逃しません。

 

 

コットン100パーセントの毛布なら、肌触りが良く吸湿性にも優れています。

 

 

足先が冷える方は、バスタオルなどを置いておくと、温かいでしょう。

 

 

就寝中は体温が下がるので、首から肩にかけて冷たさを感じる方がいます。

 

 

できるだけ保温をした方がいいでしょう。そこで、便利なグッズをご紹介しましょう。

 

 

冬場など、室温が下がる時は、保温用のナイトキャップがおすすめです。

 

 

さらに首や肩が冷える方は、リネンやコットンのマフラーをゆったり巻いておけば、通気性が良く温かです。

 

 

手先が冷たい方は、フリースのミトンを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

就寝中に体を冷やさないようにすれば、体調不良やいろいろな病気を予防することができます。

 

生姜は冷えを取るには基本的な食材ですね。

 

 

 

冷え性を防ぐ職場環境

読了までの目安時間:約 4分

薄毛原因である冷え性を防ぐ職場環境

 

 

仕事によって、職場環境が違ってきますが、立ち仕事やデスクワークなどは、

同じ姿勢でいることが多く、血流が悪化して肩こりや脚のむくみの原因になります。

 

 

ハゲ、薄毛のためにも良くないです。

 

 

特に冷え性の方は、水分の循環がわるくなるので、症状の悪化や他の病気を促す恐れがあります。

 

 

美髪、美肌のためには、冷えを解消しましょう。

 

 

4202624_0.jpg

 

 

仕事をしながら、血流を良くするストレッチを取り入れ、薄毛を予防しましょう。

 

 

手軽にできるので、気分転換にもなるし、生活習慣から起る病気の予防にもなります。

 

 

立ったままの仕事をする人は、脚のむくみがあるので、つま先立ちのストレッチが効果的です。

 

 

10回ほど、つま先とかかと立ちを繰り返します。重心をかけるようにするのがポイントです。

 

 

さらに休憩時間にできるのが、正座の姿勢から立ち上がるストレッチです。

 

3回ほど行えば、血流が良くなるので、全身をリッフレッシュすることができます。

 

 

特につま先からの血流が改善するので、冷え性を改善し、育毛に役立てることができます。

 

 

今度は逆に、座りっぱなしの方におすすめのストレッチです。

 

 

パソコンワークなどで首や肩のコリがひどい方は、1時間ごとにストレッチをした方がいいでしょう。

 

 

まず、足を乗せる箱を用意しましょう。机の下に置いて足を乗せるだけでも、むくみが取れます。

 

 

さらに、足の指先をぐー、ちょき、ばーの要領で動かしましょう。

 

 

血の巡りが良くなるので、冷え性の予防になり、髪の毛のためにはとてもよい。

 

 

立ち仕事でも、座りっぱなしのしごとでも、同じ姿勢を続けると、

血流が悪化して、水分の循環が悪くなります。

 

 

適宜に水分補給をしながら手軽なストレッチを行えば、ヘアケアにはとてもよく、

冷え性だけでなく他の病気を予防する対策になります。

 

 

 

レシチン発毛

読了までの目安時間:約 2分

レシチンが発毛には役立つのです。

 

 

美容食事の権威、バーバラ寺岡さんが、著書の中で言っていたことです。

 

 

ちなみに、レシチンをあなたは、摂取したことはあるでしょうか?

 

 

たいがいのドラッグストアには、レシチンを置いています。

 

 

手に入れやすい価格なので、このブログを読んだら、ぜひ、手に入れてください。

 

 

薄毛対策としては、レシチンを摂取するだけですが、できるだけ

 

 

ドクダミ茶、ドクダミ酒

 

 

ごま

 

 

とともに摂取してほしいですね。

 

 

育毛効果が高まります。

 

 

発毛効果の高い方法です。

 

 

私が、過去30年の間に実行した育毛法の中でもベスト5に入るノウハウです。

 

 

レシチンには、いくつかも商品があります。

 

 

できたら、「ソーヤレシチン」を選択してください。

育毛漢方の実践

読了までの目安時間:約 5分

漢方を活用して薄毛を治して髪を増やす育毛漢方について。

 

薄毛を治して髪の毛を増やす方法は色々ありますが、漢方を取り入れるという方法は、かなり有効な方法であり、私は信頼しています。

 

5大育毛法のなかでも、特に重要なノウハウなのです。

 

では、一般的な漢方療法の実践を解説しましょう。

 

漢方の材料を、どうやって入手するかですが、医師や漢方薬局での処方だけでなく、

ドラッグストアに置かれている市販薬を購入するという手段もあります。

 

処方された薬と市販薬との違いは、処方薬の方が成分がたくさん含まれているとされています。

 

そして、効果的な飲み方ですが、一般的には空腹である食前か食間の時に飲むことが良いとされます。

 

食品との相性の心配をする必要もないですし、空腹時の方が成分を効率的に吸収できて育毛効果が発揮できるからです。

 

また、漢方の原料によって、または飲む人の体質によっては、飲み合わせで効果の増減が生じる場合もありますし、食後に飲む方がよい薬もあります。

 

薄毛を治すために漢方を活用しようとする場合、処方する医師や薬剤師の説明をしっかりと聞くようにしましょう。

 

また、商品に書かれている注意文も読み、必ず守ることが重要です。

 

それから、漢方には副作用はほとんどないとされていますが、まれに起こる可能性もあることを覚えておきましょう。

 

私の推奨する「漢方育毛法」の場合、副作用はないと思いますが、個人差がありますので、

 

異常があれば、まずはストップして専門家に尋ねてください。

 

私の推奨する漢方材料・・・・酒にするか煎じて飲む
みつひ
ハスの種
ヨモギ
黒なつめ
紅クコ

 

この育毛材料の髪の毛への効果は大きいのです。

 

野菜の摂取

 

睡眠

 

心の平安

 

という前提が維持できていましたら、あなたの髪の毛のボリュームはみるみるアップするはずです。

 

私も、昭和56年には、この方法で約3~4ヶ月で、減る一方だった髪が生えてきたので、思わず喜びの声を上げたものです。

 

あなたにも、きっとその時が来ます。

 

漢方では、使用方法が間違っていたり本人の体質と相性が合わなかったりすると、副作用が出ることもありますから、

服用後に違和感があった場合は、以後の服用をやめて直ちに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

漢方の保存方法ですが、直射日光や湿気を避けて保存します。

 

また子供の手が届かない場所に置いて置く方が安全です。

 

追伸:

 

通常、漢方は「おだやかな作用」といわれますが、そういうことはなく、

人によっては「強烈に効く」場合や、「効き過ぎる」場合もあります。

 

ですから、はじめはスローペースで始めたらいいのです。

 

参考:育毛漢方で役立つ洗髪に活用するならこの4商品からどうぞ。

 

1.ダフネ石鹸

ダフネ石鹸 / 石けん シャンプー★税込1980円以上で送料無料★ダフネ石鹸(145g)[石けん シャン...

ダフネ石鹸 / 石けん シャンプー★税込1980円以上で送料無料★ダフネ石鹸(145g)[石けん シャン...
価格:1,260円(税込、送料別)

洗髪に使う固形石鹸あるいはシャンプーに関しては、かならず一定のレベル以上のものを使用のこと。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報