薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

リバイボゲンに育毛マッサージ

読了までの目安時間:約 2分

リバイボゲンに育毛マッサージ。

 

 

リバイボゲンは遺伝性のハゲ、すなはりAGAに効果があるという「うたい文句」ですよ。

 

 

さて、リバイボゲンの使用体験は続いていますが、そうカンタンには発毛成果はあがらないでしょう。

 

 

期待しつつも、急激な発毛は、リバイボゲンに期待しないほうがよいのです。

 

 

期待しすぎたら、ストレスになるからね。

 

 

a0001_008213.jpg

育毛のためには、よく「血行が大事だ」といわれています。

 

 

これは、ウソではないですし、間違ってもいません。

 

 

血行は大事ですが、それだけでは生えない。

 

 

結局、ハゲや薄毛を治すには、「原因」を取り除かないといけないわけですよ。

 

 

このリバイボゲンでは、薄毛の原因を取り除く力があるといわれているのですよ。

 

 

そこの賭けてみたわけ。

 

 

リバイボゲンの薄毛原因を取り除くパワーが本物なら、安い買い物なのですが。

 

 

24年10月29日現在、まだ、その効果は確認できていません。

薄毛やハゲを昔ながらの「漢方」で治す

読了までの目安時間:約 4分

薄毛を漢方でなおす。

 

 

サプリメントでも薄毛対策はできますが、いわゆる昔ながらの「漢方薬」でも薄毛対策が可能です。

 

 

ただし、高橋式育毛漢方療法と昔ながらの漢方薬とは、まったく別物と考えましょう。

 

 

私の場合は、高橋由美子先生のあみ出した漢方療法を実践していますが、昔からの漢方薬もよいのです。

 

 

漢方薬はプロペシあのように発毛の即効性があるわけではありませんが、体にも優しくじんわりと効果が出てきますので漢方での育毛法を取り入れてみることは、メリットは大きいです。

 

 

とくに、漢方があなたにフィットするなら、大きな育毛成果につながることでしょう。

 

 

漢方では、薄毛やハゲの原因は内臓にあると診ます。

 

 

頭皮が不健康な状態とはどう捉えられているのでしょうか。

 

 

漢方の考えでは、薄毛やハゲ状態は、血の巡りが悪い「お血」、血やホルモンが不足した「血虚」という状態とみなします。

 

 

お血や血虚の状態を改善する漢方薬は、漢方薬として名称が付いています。

 

 

血の巡りをよくするには、具体的に名前を挙げると、当帰芍薬散、当帰飲子、四物湯、温清飲、きゅう帰膠艾湯、十全大補湯などの薬です。

 

 

漢方薬の特色として、一種類を服用することで育毛のほかにも、いろんなよい効果が得られることがあります。

 

 

薄毛やハゲの改善だけではなく、肌にもよい作用があります。

 

 

腰痛や肩こりなどの改善がみられることもあります。

 

 

例えば当帰芍薬散ならば、肌の乾燥が改善したのみならず、生理不順が解消したという人もいます。

 

 

薄毛対策のための漢方の処方は皮膚科でも行っている場合もあります。

 

 

近所に漢方専門の店があるなら、一度、訪ねてみてはどうでしょうか。

 

 

漢方薬が薄毛治療には良いのは分かっているのに、味の面で飲むのが大変だと言って、飲むのに抵抗がある人もいます。

 

 

私の場合は、おいしくないとは思ったものの、

 

 

「髪の毛が生えるなら、なんでもしてみせる」

 

 

という気持ちがあったので、各種の漢方成分を取り入れることができました。

 

 

ドラッグストアでは、粒状になっている漢方も販売されていますから、粉状のタイプが飲みづらいのであればそちらを検討してみては?

 

 

コラーゲンは漢方とは違うかもしれませんが、進退の中から生やす方法であり、あい通じるところがあります。

 

カイセイ堂『ミレットシリーズ』

育毛成果を出したいなら、身体の中からですよ。

薄毛を招くコンビニ弁当対策には酵素だ。

読了までの目安時間:約 3分

髪の毛が多くあると若く見える。

 

 

若く見える人で、コンビニ弁当ばかり食べている人はいません。

 

 

それは、不可能な話ですよ。

 

 

コンビニ弁当とコーラを飲んで、ハゲや薄毛を治したいと願うことは「矛盾」します。

 

 

成立しない話ですよ。

 

 

基本に戻ること。

 

 

テレビCMであるように、

 

 

「人間の体は、食べたものでできている」

 

 

ということが基本です。

 

 

782618_0.jpg

人間の身体は食べたものでできていますから、当然、

 

 

髪の毛も食べたものから大きな影響を受けます。

 

 

コーラーやポテトチップス、コンビニ弁当を食べたら、そういうものを材料に身体が作られます。

 

 

髪の毛の成育に良いものはないので、髪の毛は育ちません。

 

 

これ、当然の話。

 

 

「ハゲ体質」

 

 

というものは、存在します。

 

 

それを認めたらいいのです。

 

 

遺伝的な「ハゲ体質」はあるのです。

 

 

そして、体質は「食べるもの」で変化します。

 

 

一番、髪の毛に影響があるのは野菜成分だと私は体験しています。

 

 

野菜が少ないんですよ。

 

 

少ない野菜を補うには、青汁や野菜ジュース(紙パックの)では無理な場合が多い。

 

 

野菜ジュースもジューサーで、作りたてのものなら評価しますけど。

 

 

まずは、値段が高いけれども、野菜成分の酵素を飲めばよいのです。

 

 

体質が変化するのが感じられるでしょうから。

リバイボゲンの魅力

読了までの目安時間:約 4分

育毛剤リバイボゲンの魅力。

 

なぜ、この育毛剤を購入したのか?

 

一言で言うと「衝動買い」というやつですね。

 

毎日、ネットを見ているので、様々な広告も目にします。

 

「ふん、育毛剤では髪の毛は生えないんだよ」

 

という意識はあります。

 

私の、昭和56年からの育毛生活の中で、効果を感じたことは少ないのですよ。

 

とくに、即効の効果があったのは、

 

1.コラーゲン

 

2.ノコギリヤシ

 

3.プロペシア

 

などですね。

 

 

じわじわと体質改善で髪が生えたのは、

 

 

漢方の育毛法です。

 

 

また、

 

 

ドクダミ酒、黒ゴマ、レシチン

 

あるいは、

 

プラセンタ、大豆イソフラボンも効果がありました。

 

 

育毛剤で効果を感じたのは、31年の歴史の中では、

 

 

ミノキシジル

 

 

 

 

参考ブログ:「最強育毛剤ミノキシジル5%の発毛パワー体験」

となります。

 

 

では、リバイボゲンを買ったのは、どうしてなのか?

 

 

広告宣伝で、遺伝性のハゲに効果があると書かれていたからですよ。

 

 

ホントウなのか?

 

 

ただの売るための言葉なのか。

 

 

全世界で販売されているのは、それなりの発毛効果があるからなのか?

 

 

それを試すのは、「買わなきゃわからない」のです。

 

 

あなたも、まだ、リバイボゲンを使っていないのなら、購入して使わないと、効果はわからないです。

 

 

「体験を聞きたい」

 

 

という人もいるでしょうが、私にとって育毛剤リバイボゲンが効果があるにせよ、ないにせよ、あなたの体質と私の体質は同じではないので、結果は使わないとわからないのが本当。

 

 

もし、私にとって育毛剤リバイボゲンが効果がないとしても、その話を聞いて、リバイボゲンを試さないと、育毛の機会を見逃すことになるのかもしれないのです。

 

 

まあ、

 

 

リバイボゲンよりは、良質のコラーゲンを飲むほうが、育毛の効果を実感する可能性は高いでしょうけれども。

育毛サプリメントと5αリダクターゼとの関係

読了までの目安時間:約 4分

ハゲの原因は、いくつか説があります。

 

 

なかでも男性の場合にもっとも影響があるのが「5αリダクターゼ」が要因となって髪の毛の成育サイクルを乱してしまうことなのですね。

 

 

この5αリダクターゼという酵素が活動することで、髪の毛は少なくなっていきます。

 

 

では、5αリダクターゼは、とんでもない悪者なのでしょうか?

 

 

私は、やはり「悪者」だと思います。

 

 

そうとしか、思えないのです。

 

 

この「悪玉酵素」がなければ、遺伝的な薄毛やハゲはないのにね。

 

 

ところが。

 

 

ところがですよ。

 

 

5αリダクターゼも「ハゲ原因を作る悪者」とはいえないかもね。

 

 

なにか、我々にはわからなくても、必要だから存在するのかもしれません。

 

 

ガンが、身体を休ませてあげようとして発生するという説があるのです。

 

 

顔にできるシミも、紫外線から身体を守るために、皮膚を黒くして、紫外線対策をしているのですね。

 

 

また、風邪などの時に熱を出すのも、

 

 

「身体を熱くして細菌を殺そうとする」作用なのですよ。

 

 

そう考えると、

 

 

ハゲ、薄毛をよぶ5αリダクターゼにも、何かの役割があるのかもしれないですよ。

 

 

悪者扱いをされて悔しがっているのかもね。

 

 

今のところ、5αリダクターゼは、薄毛やハゲ原因とされているのですから、

 

 

これを押さえつけることができたらハゲや薄毛はグーンと減るはずです。

 

 

薄毛原因となる悪玉酵素を押さえつけるには、

 

 

プロペシアというクスリを飲むか、

 

 

それとも、

 

 

5αリダクターゼを防ぐ、ノコギリヤシや、カボチャの種、プラセンタ、大豆イソフラボンを飲むのか。

 

 

私はフェルサというノコギリヤシの育毛サプリメントを重要視して毎日2粒飲んでいます。

 

ようは、悪玉酵素を押さえつけることで、髪の毛はみるみる生えてくるのです。

リバイボゲン使用の1ヶ月の体験

読了までの目安時間:約 3分

リバイボゲンの体験1ヶ月。

 

 

私の場合は、リバイボゲンは夜だけ使用しています。

 

 

朝は、この育毛剤では髪型が決まらないので、つけていかないのです。

 

 

アロエ育毛剤などは、育毛剤をつけることで髪の毛が多く見えるし、ヘアスタイルも決まります。

 

 

が、

 

 

リバイボゲンではその点は不満もあるのです。

 

 

なので、夜だけ使用中。

 

 

夜だけでも、もう、1本は使い切りました。

 

 

朝と晩に使用していたら、2本を使っていたところです。

 

 

まあ、育毛剤の量は少ないのですが、問題は「髪が生えるかどうか」ということ。

 

 

季節が「抜け毛の秋」なので、ハンデはあるでしょう。

 

 

春に使うと、自然と髪の毛が増える季節なので、

 

 

「効果のある育毛剤だ」と勘違いするかもね。

 

 

リバイボゲンに関心のある人は多いようで、私のこのブログも大勢の人が、毎日、見に来てくれますが、

 

 

「変化はない」

 

 

ので、画期的なことは、まだ、なにもお話しすることはないのです。

 

 

ちなみに、

 

 

コラーゲンや「のこぎりや」し、プロペシア、は、1ヶ月も使うことは「発毛のきざし」というものがあったのですがね。

 

 

まあ、育毛剤は結果がでるまで時間がかかると、覚悟はしていましたから、いいのです。

 

 

育毛スパルタ方式の後藤式育毛法

読了までの目安時間:約 4分

育毛漢方療法の「みるみる髪が生えてくる」の62ページをご覧ください。

 

「東北大学名誉教授の勇気ある自己実験」という記述があります。

 

この勇気ある実験というのは、後藤幸正さんという大学の名誉教授が自分の理論をもとにして育毛に成功したことをいっているのです。

 

後藤教授の本も、「みるみる髪が生えてくる」とほぼ同時期に販売されていたと思います。

 

後藤名誉教授の育毛法は「勇気」がいります。

 

私も試してみて、「発毛効果あり」と判断しています。

 

かんたんに後藤式育毛法を解説しましょうか。

 

スパルタ式の育毛・発毛方法ともいえるでしょう。

 

では、私の理解している範囲で説明します。

 

まず、後藤教授は、

 

「髪の毛の本来の姿」を考えます。

 

原始時代の頃の人間の髪の毛の姿をイメージするわけです。

 

 

原始時代、髪の毛は雨や日光から頭皮を、そして大事な頭部を守っていたはずである。

 

そして、

 

髪の毛は木や草や、他の動物たちとのかかわりの中で、

 

ひっぱられたり、こすられたり、していたはずなのです。

 

 

近代になって、髪の毛の刺激が少なくなって、それが血行を悪くして、細胞が、

 

「髪の毛はなくても大丈夫」

 

というふうに思うことで、ハゲたりするのではないか?

 

細胞は、

 

刺激を受けすぎたり、使いすぎると弱る。

 

また、

 

刺激がなくなったり、まったく使われないと弱る。

 

ということ。

 

頭皮の細胞も「使われない」と弱まるのですね。

 

そのため、原始時代ならひっぱったり、ちぎられたりしていたはずの髪の毛に対する刺激を与えようということなのです。

 

特に大事なのは、

 

「ひっぱる」

 

こと。

 

もちろん、抜けるほど髪の毛をひっぱてはいけないのですが、適度の力で髪の毛をひっぱると、頭皮の細胞に重要な刺激となるわけですよ。

 

引っ張られることで、頭皮の細胞が、

 

「おお、オレはまだ大事な役目があるのですね」

 

と思うので、髪の毛を維持することになるのです。

 

 

リバイボゲンの育毛体験

読了までの目安時間:約 2分

リバイボゲンの育毛体験。

 

 

まだ1ヶ月にもならないので、もちろん、大きな変化はない。

 

 

3本で10000円を支払ったので、期待はしている。

 

 

リバイボゲンを購入したときには、ニオイもなじみがなかったが、

 

 

1か月ちかく使用していると、慣れてきた。

 

 

使用するコツも分かってきた。

 

 

a0001_016726.jpg

リバイボゲンの容器にはノズルが付いているので、そっから噴射されます。

 

 

勢いがあるので、頭皮に直に噴射できるのですね。

 

 

メインは頭頂部と額部分。

 

 

額部分に噴射した場合には、前に「液だれ」してくるので、貴重な液を額部分にすり込みます。

 

 

「太く丈夫に育ってくれよ」と。

 

 

 

ハゲを治す7大特効食

読了までの目安時間:約 4分

薄毛やハゲを治す7大特効食を食べるべし。

 

 

「みるみる髪が生えてくる」の176ページをお開きください。

 

 

「髪と頭皮のための七大特効食」

 

 

という章となります。

 

 

高橋先生の育毛漢方の最大のポイントは、

 

 

ハゲ、薄毛を治すには体質改善が必要であり、そのためには食べものが重要

 

 

ということなのですね。

 

 

この章では、私にとっては、非常に印象深い言葉があります。

 

 

それは、

 

 

「本人が髪のことを気にしなくなりだすと、急速に回復してくるものですから、不思議です」

 

 

という記載部分です。

 

 

最初に、この本を読んだとき、

 

 

「髪の毛を気にしなくなると、髪が生える」

 

 

ということが、最初は違和感がありました。

 

 

ところが、

 

 

私の場合も、不思議と、髪の毛を気にしなくなったときに生えていたのです。

 

 

毎日、ハゲからの生還をするために、野菜スープなどを飲んでいたのですが、

 

 

育毛の初期のように、

 

 

「髪の毛よ、早く生えろ!!」

 

 

というような焦りはなかったときです。

 

 

そういう時期に生えました。

 

 

そういう経験があり、そのことがいっそう高橋先生を信頼することになったわけです。

 

 

さて、

 

 

この七大特効食とは、どのようなものなのか?

 

 

下記に列挙しましょう。

 

 

1、竜眼肉

2、黒豆

3、黒ゴマ

4、赤首烏

5、プーアール茶

6、ローヤルゼリー

7、スピルリナ

となります。

 

 

私が漢方の発毛法に取り組んだ頃は、ローヤルゼリーは値段が高かったのですが、平成24年現在は、非常に安く買えますよね。

 

ローヤルゼリーはもちろん、発毛のためには、ほかの6食品も食べるようにしましょう。

育毛剤リバイボゲンのニオイ

読了までの目安時間:約 2分

育毛剤リバイボゲンのニオイについて一言。

 

 

妻が、私の髪の毛のニオイをかいで、

 

 

「変なニオイがする」

 

 

といいました。

 

 

髪の毛に鼻を近づけて、ニオイをかぐと、育毛剤のニオイがするようですね。

 

 

はっきり言って、

 

 

「素晴らしい香り」

 

 

とはいえないね。

 

 

でも、

 

 

「いかにも育毛剤」

 

 

というニオイでもない。

 

 

まあ、私の場合には、妻以外に、私の髪の毛のニオイをかぐ人はいないはずなので、

 

 

あまり気にならないよね。

 

 

ところで、しいて言えば、なんのニオイに近いのか?

 

 

お菓子で、このリバイボゲンのようなニオイのお菓子があったように思うけど。

 

 

まあ、結論から言うと、

 

 

髪の毛の生えるパワーさえあれば、ニオイは気にならない

 

 

ということですよ。

 

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報