薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛サプリメントの成分としての亜鉛

読了までの目安時間:約 3分

育毛サプリメントの成分でよく採用されている「亜鉛」とはどの様な成分かあまり知られていないかもしれません。

 

初めて聞くという人は少ないでしょうが、亜鉛は大変重要なミネラルの事です。

 

特に細胞分裂には亜鉛が深く関係している様です。

 

美容と健康には大事な成分ですね。

 

髪の毛の細胞にも大事なのです。

 

亜鉛を多く含む食べ物として有名なのが、牡蠣やのりです。

 

また亜鉛はビタミンCと同時に摂取する事によってより吸収率が上がります。

 

食べ合わせなどによって吸収率が変わって来ますので、気をつけましょう。

 

亜鉛不足が気になった時、サプリメントで補う方法があります。

 

育毛を願う人は、食品だけで亜鉛不足を解消するのは難しいですので、フェルサなどの育毛サプリメントを上手に活用して亜鉛不足を解消し、髪の毛を生やしましょう。

 

亜鉛の効果や効能は薄毛解消のほかにもたくさんありますが、どんな効果があるのでしょうか。

 

亜鉛の効果として細胞分裂が正常に行われたり、精子の運動が活発になったりします。

 

男性にはありがたい。

 

よく言われる事は、亜鉛が不足すると味覚異常になったりする様です。

 

また血糖値を下げる働きをしたり、アルコールを分解する際に必要になって来ます。

 

普通は気にしなくても良いのですが、サプリメントの過剰摂取が続いた場合副作用を感じる場合があります。

 

亜鉛を多く摂り過ぎると、鉄分の欠乏症になってしまいます。

 

よかれと思って摂取して、かえって身体に悪い影響があると困るよね。

 

育毛が目的で過剰に摂取したところで、効果はそんなに変わらないのであまり摂取し過ぎない様に気をつけましょう。

 

適度な摂取量の方が育毛の効果も出やすいでしょう。

 

極端に亜鉛が不足した場合に薄毛につながる恐れはありますが、ほとんどの場合は大丈夫です。

 

亜鉛については、必要以上に摂取しても効果はそんなに大差はありませんので、適量で良いでしょう。

 

育毛サプリメントのフェルサなどを飲んでいるなら、それでいいのです。

 

適量を摂取する事で新陳代謝が良くなり薄毛対策には必須成分なので、ぜひ、試してみましょう。

育毛漢方の大前提は食事とストレス

読了までの目安時間:約 3分

育毛漢方療法において、大事なのは食生活と心の平安です。

 

すなはち、

 

バランスのとれた食事と、ストレス解消ということです。

 

この二つが漢方育毛法の基礎。

 

ここを満足させないと、髪の毛は生えないです。

 

豊かな毛髪を得るには、健康な身体作りが大事です。

 

生活習慣病を起こすような食生活はハゲを招くので、禁物です。

 

脂っこい肉などは、食事のあと、血液中のコレステロール濃度を高めます。

 

そうなると、毛乳頭にスムーズに栄養を行き渡りにくくなります。

 

肉の多食は、皮脂の分泌を多くし、脱毛の原因をつくるのです。

 

また、食事でビタミンAが不足すると皮脂の分泌が減ります。

 

そうなると、汗腺の働きが弱って角質層が厚くなります。

 

またビタミンBが不足すると、皮脂の分泌が多くなり、漏性脱毛を引き起こすおそれがあります。

 

刺激物を食べ過ぎないようにしましょう。

 

酒は控えめにします。

 

喫煙も薄毛のもとになります。

 

何が髪の毛にとってよい食事なのか?

 

それは、生活習慣病の予防食と同じレベルで考えるとよいのです。

 

そして、もうひとつの問題はストレスなのです。

 

自律神経は人間の意思に関係なく働いている神経です。

 

ホルモンと同じく間脳の視床下部というところにあります。

 

神経細胞は交感神経と副交感神経となって、内臓のいろいろな器官や分泌腺などに分布しています。

 

交感神経が刺激されると、身体の活動が活発になり、汗がでやすくなりますし、血管の収縮などが起こります。

 

副交感神経が刺激されると、身体の修復や疲労回復ができます。

 

イライラや心配事が多いと、ストレスの悪影響で皮脂腺の働きが活発になり、皮脂の分泌が増えます。

 

 

ノコギリヤシ育毛サプリメント効果

読了までの目安時間:約 4分

育毛サプリメントの主成分に取り上げられることの多いノコギリヤシ。

 

 

今日は、その効果を説明します。

 

 

いろんなノコギリヤシ育毛情報の中で、私が思っていることを書きます。

 

 

ノコギリヤシとは自生するヤシ科の植物で、男性のスタミナ源として利用されて来ました。

 

 

どの様な効果があるかと言うと、前立腺肥大に効果があると言われています。

 

 

前立腺肥大で起こる症状といえば、トイレの回数が増えたり尿が出にくかったりします。

 

 

こうした症状は男性ホルモンの乱れによって起こります。

 

 

ノコギリヤシの成分がこの前立腺肥大の原因に働いて症状を改善する効果があると言われています。

 

 

また男性特有の悩みである勃起不全にも効果があると言われています。

 

 

男性にとって切実な悩みですので、ノコギリヤシの成分を配合したサプリメントが注目を集めているのです。

 

 

更にノコギリヤシの効果として特筆すべきは、育毛効果があるといわれていること。

 

 

男性ホルモンの影響でハゲを呼ぶ「悪玉酵素」が発生しますが、この悪玉酵素の働きを抑制するパワーがあると考えられています。

 

 

ノコギリヤシの成分が、抜け毛や薄毛を改善して育毛させるのです。

 

 

育毛サプリメント原料として、ノコギリヤシは、サプリメントの他にシャンプー、育毛剤に配合されていますので、一度使ってみましょう。

 

 

男性の薄毛だけではなく、女性の薄毛にも活用できます。

 

 

プロペシアは女性は使えませんよね。

 

 

女性においては、美容健康面でも、効果がある様です。

 

 

あまり知られていませんでしたが、実はバストアップに効果があるとされています。

 

 

ノコギリヤシが男性ホルモンを抑制して女性ホルモンを優位にする効果が、結果乳腺の発育を促進する事につながります。

 

 

女性ホルモンの働きによって、女性らしい体になるのです。

 

 

また女性の深刻な悩みでもある不妊治療にも効果があるとされています。

 

 

色々な効果があるノコギリヤシですが、ハゲなどの髪の毛の悩みを改善する為にはノコギリヤシの効果を実感してみましょう。

 

 

ノコギリヤシはこの育毛サプリメントでもメインの成分となっていますね。

 

ネットでの評判はまずまずのようですね。

育毛サプリのボストンと大豆イソフラボン

読了までの目安時間:約 5分

育毛サプリメントはそれぞれに成分が違っています。

 

 

薄毛対策によいという成分は数種類ありますので、

 

 

「それらの育毛成分を、どう組み合わせるか」

 

 

によって、育毛サプリメントに個性がでてきます。

 

 

きっと生えるたとえば、大豆イソフラボンは育毛成分ですが、

 

 

育毛サプリメント「ボストン」には配合されていますが、

 

 

育毛サプリメント「フェルサ」には配合されていません。

 

 

元気な髪をつくる食べ物で有名なイソフラボンですが、有名なサプリメントはいくつかあります。

 

 

ダブルインパクトですね。

 

 

これも売れているようです。

 

 

さて、イソフラボンは通常、カプサイシンと同時摂取するときに、発毛の効果が高いと知られていますよね。

 

 

薄毛や抜け毛を改善するには、「大豆十トウガラシ」がいいわけです。

 

 

大豆に含まれるイソフラボンには、カルシトニン遺伝子という物質をふやす働きがあります。

 

 

トウガラシに含まれるカプサイシンには知覚神経を刺激して、作られたCGRPの放出を促す働きがあるというのです。

 

 

まあ、ワタシにはよく分からないが・・・・・。

 

 

わかっているのは、イソフラボンとカプサイシンを同時に撮れば、髪の毛を生やすにはとても役に立つと言うことです。

 

 

この育毛と発毛の実験が実施されており、薄毛改善の「効果あり」といわれています。

 

 

この方法は試すべきですね。

 

 

この育毛法を考えた岡嶋教授は、

 

 

「1日あたりカプサイシン6mg(トウガラシ大さじ2杯に相当)とイソフラボン75mg(豆腐約半丁に相当)を服用してもらい、その育毛効果と脱毛予防効果を調べ、5ヵ月後には、65%の人に髪の毛の成育効果があらわれたというのです。

 

 

なかでも男性にうれしいことに、

 

 

男性には約8割、

 

 

女性には約4割

 

 

の育毛効果が見られたのです。

 

 

かなりいいよね。

 

 

岡嶋教授の提唱するのは、豆腐のみそ汁に一味トウガラシを大さじ1杯振りかけ、朝晩の1日2回飲む方法です。

 

 

これなら簡単ですよ。

 

 

ハゲたくないなら、大豆十トウガラシをぜひ毎日つづけていきましょう。

 

 

と、ここからが本題。

 

 

イソフラボンが育毛によいと分かっても、なかなか毎日大豆製品を摂取できない人は多い。

 

 

「なんだ、そんなの簡単なことじゃないか」

 

 

とも思いますが、

 

 

2ヶ月、3ヶ月と、継続することはそれほど容易ではないのです。

 

 

だ、か、ら、

 

 

育毛サプリメントの形にして、毎日、育毛成分を補給するのは大事なことだと思うのですよ。

 

 

 

レシチンでみるみる髪が生えてくる

読了までの目安時間:約 4分

レシチンが血行を良くし、髪の製造細胞に栄養を行き届かせるのです。

 

ゆえに「発毛」。

 

大豆から抽出されたレシチンは発毛成分として、私は高く評価しています。

 

育毛漢方では、まずは髪の主成分であるケラチンと同様のアミノ酸組成を持つ18種類のアミノ酸の育毛効果を活用します。

 

シスチンが強化された『毛髪食品』のアミノ酸が原料になって健やかな髪が作られるのです。

 

育毛が成功するもう一つの大きな要素はアミノ酸です。

 

腸から吸収されたアミノ酸は、血液の流に乗って運ばれるのです。

 

育毛や発毛で、アミノ酸が効果をだすにはアミノ酸が毛乳頭まで届くことが条件です。

 

アミノ酸は動脈いよって毛乳頭につながります。

 

毛乳頭につながる毛細血管が育毛や発毛のポイントになってきます。

 

アミノ酸が毛細血管にスムーズに運ばれるような成分が育毛には必要なわけです。

 

そしてその役目を果たすのが、大豆から抽出されたレシチンなのです。

 

人間の体には約60兆個の細胞があり、細胞は細胞膜に保護されています。

 

レシチンは細胞膜を構成している主成分なのです。

 

毛乳頭や毛母細胞でレシチンは育毛のために役立ちます。

 

成育する髪の細胞でも働きます。

 

栄養素の出入りを調整し、活性酸素による細胞膜の酸化を抑制します。

 

シチンには界面活性作用があり、血中のコレステロールを乳化して肝臓に運び、排泄させるのです。

 

レシチンの働きによって、動脈にコレステロールが溜まらないのです。

 

加えて、動脈硬化の予防となり、しかも血行がよくなる。

 

レシチンは大豆、卵黄、酵母などに含まれています。

 

私の飲んでいるのは大豆レシチンです。

 

大豆に含まれるレシチンは微量なので、貴重なものですが、健康食品としては比較的安価です。

 

レシチンにはリノール酸とリノレン酸が含まれていて、これがコレステロールを溶かすのです。

 

血流を良くするリノール酸やリノレン酸も含まれているから、育毛にもよいわけです。

 

米国の研究によると、リノール酸にコレステロール値を下げる効果ありと判明しています。

 

コレステロール値を下げる作用があって、しかも血竹を拡張する働きもあり、育毛に役立つ「血液の流れ」をスムーズにするのです。

育毛サプリメントが育毛剤よりはるかに発毛効果大

読了までの目安時間:約 5分

育毛剤のような外からの栄養、刺激だけでは髪は生えてこないですよ。

 

 

今、市販されている育毛剤の成分をみると、

 

 

育毛効果を求めるメイン成分が「毛母細胞と毛根細胞を活性化する成分」で、代表はミノキシジルがあげられます。

 

 

ミノキシジルはアメリカの製薬会社が開発した。

 

 

日本のメーカーから発売されている各種育毛剤にも配合されていて、有名なのは「リアップ」ですね。

 

 

ちなみに私はカークランドロゲインというミノキシジル5%濃度のものを使用しています。

 

 

12本で7900円でお買い得。

 

 

リアップは1本で7000円くらいするよね。

 

 

リアップ、高すぎ。

 

 

あまり知られていないけど、ミノキシジルはもともと血圧降下剤として開発された経口薬なのですね。

 

 

臨床試験中に、副作用として発毛効果があることが発見され、その後、育毛剤としてのの試験が始まっているのです。

 

 

皮膚科の医師がその情報を知り、医師がミノキシジル製剤を育毛剤として使い始めるようになったのです。

 

 

ただし、副作用の報告もあるのです。

 

 

代表は、頭痛、めまい、動悸など。

 

 

ほかに全身的な副作用症状も確認されたとか。

 

 

そのために、ミノキシジルは女性や未成人、血圧の高い人と低い人、さらに内臓疾患のある人は服用禁止と制限がつくようになったのです。

 

 

海外では3%~10%のミノキシジルが配合されているが、日本で販売されているミノキシジル配合の育毛剤も、配合比率が1%~5%と低く抑えられているのです。

 

 

ここで、私は、育毛剤の大きな問題をいいます。

 

 

髪はそもそも皮膚の発達したものです。

 

 

頭皮も皮膚であるので、そもそも、外部からなにかしらの栄養物質を取り入れるような働きが皮膚にはないのです。

 

 

皮脂や汗でわかるように、体の内部から老廃物を排出することが皮膚の作用なのです。

 

 

そのことを考えると、せっかく振りかけた育毛剤の成分が皮膚に染みこんで、毛母細胞で髪の毛を増やすことは考えにくいのです。

 

 

皮膚のバリヤー機能があるからね。

 

 

だ、か、ら、

 

 

外部からの育毛剤ではなく、内部からの育毛サプリメントのほうが、髪の毛を増やすにはよいのですよ。

 

 

育毛フェルサの理論は

 

1.育毛剤で外部からの栄養補給

 

2.サプリメントで内部から栄養補給

 

ということです。

 

決して育毛剤がムダではないのですが、まずは育毛サプリメントのほうを重視します。

 

私はフェルサの育毛剤とサプリメントの両方を愛用していますが、

 

育毛サプリのほうを重視しています。

 

ノコギリヤシを男性は飲むようにしましょう。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報