薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

リバイボゲンを継続しています

読了までの目安時間:約 1分

リバイボゲンを継続しています。

 

 

春には髪の毛は増える時期なので、髪の毛の量は満足できる状況にあります。

 

 

これは育毛剤リバイボゲンの効果なのか。

 

 

あるいは、

 

 

育毛サプリメントやコラーゲン効果なのか。

 

 

育毛のためにいろいろ実行しているので、何が効果が出ているのかは、自分でもわかりにくい。

 

 

ただ、リバイボゲンはしばらく継続していきたい。

 

リバイボゲンは遺伝性のハゲによいというのがウリですね。

ハゲ治る育毛栄養素

読了までの目安時間:約 2分

育毛に良い成分を取ることが大事なのです。

 

 

育毛の成功のコツを私はわかってきました。

 

 

一つ目は、

 

 

身体の外から育毛をするのではなく、身体の中から育毛する

 

 

二つ目は、

 

 

髪の毛にとって悪いことをストップしないと、育毛効果というものはなくなる

 

 

ということになります。

 

 

育毛漢方なら髪の毛を生やせます。

 

 

髪の毛にとって良い成分とは何ぞや。

 

 

ひとつには、髪の毛を育てる血液を作る成分。

 

 

紅クコ

 

 

みつひ

 

 

黒なつめ

 

 

などの、漢方の素材がよいのです。

 

 

スピルリナも当然ですが毎日とらねばなりません。

 

 

コラーゲンも大事です。

 

 

『髪の毛を増やすにはスピルリナとコラーゲン」

 

 

782618_0.jpg

冷え対策をすべき初夏

読了までの目安時間:約 2分

冷えは冬だけではないのが、現代の日本なのです。

 

 

今日は平成25年5月21日ですが、日中は、初夏の暑さです。

 

 

沖縄はもう、梅雨の季節になったとか。

 

 

季節は初夏でも、冷えは起こるのです。

 

 

おそるべきは冷房設備。

 

 

冷房のおかげで5月でも冷えないように注意しておくべきなのです。

 

 

冷えによって内臓の機能が落ちて、ハゲや薄毛、脱毛につながりかねないです。

 

 

冷えを起こさないように、冷房対策を自分なりにしておくべきです。

 

 

対策の一つは、ショウガを食べるべきです。

育毛漢方と植物の関係

読了までの目安時間:約 2分

育毛漢方と植物の関係。

 

 

テレビを見ていたら、ある大学の教授が、病気を治すための植物を探して、世界中を旅する話がありました。

 

 

糖尿病や、ガンなどの難病を治す薬草を探しているというのです。

 

 

漢方と植物は、非常に、深い関係にあります。

 

 

育毛漢方での薄毛対策の多くは、口から育毛に役立つ植物成分を取り入れることだからです。

 

 

植物には、本当にさまざまな効果のある不思議な作用を持つものがありますね。

 

 

食べると死んでしまう植物。トリカブト

 

 

汁の影響で涙が出る。タマネギ

 

 

元気になる植物。ニンニク、マカ

 

 

 

 

などなど。

そして、薄毛を治す植物もあるわけですよ。

 

 

ドクダミ

 

大豆

 

ブロッコリー

 

ピーマン

 

ノコギリヤシ

 

ウコン

 

などなど。

 

 

植物を育毛に役立てると、効果が出ることを、理解して、活用したいものです。

育毛剤リバイボゲンふたたび

読了までの目安時間:約 2分

育毛剤リバイボゲンを再注文して、もう3か月使うことにしました。

 

 

きっかけは、

 

 

女性用の育毛剤「みのり」

 

 

という商品のテレビ通販を見ていてです。

 

 

宣伝を見ていてほしくなったのです。

 

 

でも、みのりは女性用の育毛剤ですから、男性としては、みのりよりも、心残りだった「リバイボゲン」を再度購入したのです。

 

 

前回は、

 

 

秋から冬にかけて、一番髪の毛が少なくなる時期に購入しました。

 

 

3か月分を。

 

 

リバイボゲンだけの成果ではないと思うのですが、

 

 

2012年の秋には、髪の毛は少なくならず、

 

 

「むしろ増加した」

 

 

といえるので、リバイボゲンの成果かもしれない。

 

 

迷うよりも、もう一度3か月体験してみることにしましたよ。

 

 

成果については、

 

 

たんたんと事実を記載していきます。

 

 

2013年4月29日より、リバイボゲンを再スタート。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報