薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

冷え取りで薄毛対策

読了までの目安時間:約 3分

薄毛対策としての「冷え取り」

 

最近は男女を問わず育毛剤を使用している方がずいぶん増えているようです。

 

男性だけでなく社会で仕事をするOLにも薄毛の症状がでてきているのです。

 

ストレス等で薄毛になりがちですが、薄毛やハゲは人に疲れた、老けた印象を与えてしまいます。

 

サワヤカナ女性、はつらつとした男、いつも前向兎を目指す人であるなら薄毛の対策を考えなくてはいけません。

 

でも、薄毛や抜け毛の特効薬はありません。

 

薄毛のメカニズムも徐々に解明されつつありますが、今なお研究途上です。

 

抜け毛の原因としては、遺伝や加齢、生活環境、食生活、病気、ストレスなどが考えられています。

 

食生活に気をつけたり、ストレスをなくすことで薄毛対策をして、ハゲないようにしたいものですね。

 

発毛にとって重要なのは、たんぱく質、亜鉛、銅、ビタミンA、C、B群です、

 

亜鉛は、牡嘱、玄米、そば粉、ゴマ、アーモンド、小魚、海藻、緑茶などにに含まれています。

 

ところが、こういった発毛にとって有効な食べ物も、食べ過ぎは良くないのです。

 

育毛漢方の知恵は「食べすぎないように」と警告しています。

 

漢方ではバランスを重視するからです。

 

一般に食べ過ぎると「冷え」を呼びます。

 

そして体に「冷え」の症状が出ると、抜け毛、薄毛が進行します。

 

冷えを早めに解消することが大事なのです。

冷えと薄毛は関係が深いのです。

 

言いかえると、身体が適度に暖かいと、発毛に適した条件となります。

冷え取り解決策で薄毛は治る

読了までの目安時間:約 3分

の毛が薄い人は、男性、女性にかかわらず、体が「冷え」の状態にあることが、多いのです。

 

私も男性ながら、冷えの体質です。

 

冷えが薄毛をよぶことは、わかっていましたので、私はいろんな冷え取り方法を実行してきました。

 

ショウガなどは良く効きますよ。

 

冷えは冬だけでなく夏のクーラーによっても起こりますので、年中、対策をとらねばならないのです。

 

人間の体は、寒さに対して血管をコントロールして、体温をキープしようとします。

 

もし、自律神経がうまく働かないと、血液の流れが悪くなって、脱毛や、薄毛の状態を呼び寄せるのです。

 

女性の場合の、ダイエットのやり過ぎが、新陳代謝を低下させてしまうので

冷え」をよび、薄毛や抜け毛をよぶことが、あるのです。

 

 

ダイエットが薄毛回復を妨げる原因の一つは、ここにあります。

 

女性の場合に、強く体を締め付ける下着なども、身体の血行を悪くしますので、髪の毛にも悪影響です。

 

タバコも冷えを呼びます。

 

タバコを吸うことで末梢の血液の流れが阻害されるのです。

 

だから、タバコは髪の毛を細く弱らせるものなので、

発毛を望むなら、ぜひタバコをやめたいものです。

 

 

冷えは髪の毛にとって、よいことは何もないのです。

 

髪の毛の健康は「血めぐり」なのですが、冷えは血めぐりを悪化させます。

 

ではどうすれば冷えを取り、髪の毛を増やすことができるでしょうか。

 

ひとつは適度な運動です。

 

ラジオ体操なども、髪の毛を増やすには有効なのです。

 

座りっぱなしなどの姿勢が良くないです。

 

運動を育毛生活に取り入れましょう。

 

入浴は冷えをとるには大きな効果があります。

 

足湯ももちろん発毛のためにはよいことです。

 

心の平安も冷え取りには必須です。

 

心が乱れると冷えるのです。

 

言いかえると、冷えを取ると、心も安定してきます。

 

 

 

 

 

発毛、育毛を促進するサプリメント

読了までの目安時間:約 3分

発毛、育毛を促進するサプリメントをあなたは、いま、飲んでいるでしょうか?

 

育毛サプリメントについては、必須と私は考えるのです。

 

最近発毛に関するサプリメントについて、よく耳にするのでネットで調べてみようという方のために書きとめておこう。

 

海外では発毛の研究が盛んに行われていて、その影響は日本にもやってきているのです。

 

プロペシアはサプリメントではないが、やはり頭髪にかんするものは、アメリカが進んでいる。

 

アメリカでは発毛に関するホームページが多数公開されている。

 

知ってのとおり、アメリカでの、アンチ・エイジングや健康問題への関心は非常に強い。

 

日本の比ではない。

 

発毛を目的としたサプリメントも多数の企業が競争を繰り広げている。

 

ただ、国内の動きではまだ情報不足の感もあり、動きが鈍いところもある。

 

医学会などではサプリメントに対し否定的な見解を取ることが多いので取り組みが進まないのだ。

 

しかしまだ数は少ないものの、一部の専門家は効能を指示しており、今後の動向が注目されるところだ。

 

海外での発毛サプリメントの特性としては、細胞を活性化することを目的とするものが多いようです。

 

よくいわれる活性酸素というものを除去する能力だ。

 

活性酸素は老化やガンなどの原因となるものなのです。

 

今後様々な研究機関から、更なる発毛の効能が発見されることであろう。

 

日本では、昔からコンブやワカメが髪の毛を増やす食べ物として有名です。

 

しかし、あまり発毛効果は見えないと言われています。

 

最近ではキクイモが、発毛サプリメントとして販売されています。

 

ヘアケア育毛発毛サプリメント【GUNGUN(ぐんぐん)】

私自身は、髪の毛のためには、スピルリナ、亜鉛、ビタミンE、

レシチンなどを愛用しています。

 

 

ハゲの大敵であるストレス防止のために漢方薬として、

「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」も、飲んでいます。

 

体質により漢方薬は、大きな発毛効果をみせます。

ストレスをなくしたら、髪が生えるのだ

読了までの目安時間:約 5分

髪の毛の悩みを解消するポイントを紹介します。

 

1.正しい育毛シャンプーの使用。

 

粗悪なシャンプーや間違った洗髪で頭皮を痛めるとなかなか髪は生えてきません。

 

頭皮と髪の関係は、作物と畑の関係に似ています。

 

頭皮は「畑」のようなものです。

 

頭皮が健康でないと、髪の毛は生えてこないのです。

 

2.生活習慣の改善。

 

髪に必要な栄養分は血液によって運ばれます。

 

身体が健康であるからこそ健康な血液を得ることができ、

その健康な血液が身体の隅々にまで栄養を供給してくれるのです。

 

 

3.良質の育毛剤。

 

若い方や女性は、正しいシャンプーと生活習慣の改善によって髪が回復する可能性は高いのです。

しかし、それはマイナスの要素を取り除く性格が強いのです。

 

それだけでは発毛効果が足りない方が多いと思われます。

 

プラスの要素を加えるには、良質の育毛剤が必要です。

 

薄毛対策、抜け毛対策を考えるには、まずは抜け毛の原因を探し出す必要があります。

 

抜け毛には個人差があり、またその原因にも人それぞれ異なった抜け毛の原因があるのです。

 

薄毛に悩んでいる人も大勢いると思いますが、抜け毛になるのは、やはり原因があるのです。

 

その理由をみていきたいですね。

 

抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりませんが、第一に精神的な要因です。

 

ストレスは、すべての健康にとって敵である、と言っても過言ではありません。

 

「あれ、頭頂部が薄くなってるぜ。苦労してるな」

 

とハゲの人に向かって冗談ぽく悪口を言う人がいるように、

気苦労、精神的苦痛はハゲを招くのです。

 

 

ストレスが頭髪に及ぼす影響も少なくはなく、一説では、ストレスなどで緊張すると筋肉が収縮して血管が細くなり毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、

毛髪が育たなくなるといわれています。

 

精神的に追い詰められると、頭皮も頭蓋骨にへばりつくような感覚になるのは私は体験済みです。

 

漢方針というイノシシ毛のブラシで、頭皮をほぐすとよいのです。

 

血が頭皮を駆け巡り、髪の毛となるのですから。

 

ストレスには、自分で意識しているストレスと、自分では意識していない潜在意識下のストレスの、二種類のストレスがあります。

 

ストレスにより、病気などに対する抵抗力・免疫力の低下、成人病、

食物からの栄養をきちんと摂り込めなくなるなどの弊害もでてきます。

 

 

このような弊害の相乗効果で脱毛が促進されてしまいます。

 

抜け毛対策のためには、まずはストレスを貯めないようにすることが大切です。

 

考え込み過ぎないプラス思考が大切です。また気晴らしやリラックスする方法を自分なりに身につけておくことが大事です。

 

お笑いのテレビ番組を見たり、瞑想をすることで、心は落ち着きます。

 

安定した心の状態で、髪の毛はぼうぼうに生えてきます。

 

心配な気持ちは「セントジョーンズワート」という気持ちを明るくするサプリメントで作り出すこともできます。

 

適度に利用することで、育毛・発毛にも役立ちます。

育毛漢方のコツ

読了までの目安時間:約 3分

育毛漢方のコツ。

 

育毛漢方を33年実践してきて、育毛のコツというものがわかっています。

 

いくつかあります。

 

その一つは、誤解をが招く恐れもありますが、

 

成功するには「大量摂取」ということがポイントとなります。

 

これは、確信しています。

 

漢方の育毛法の基本は「食べ物で髪の毛を生やす」ということです。

 

食べ物、すなはり栄養素というものには「髪の毛を少なくさせるもの」「髪の毛を多くさせるもの」とがあります。

 

そして、

髪の毛を少なくさせる効果のある「アブラの多いもの」は即効性があるのですが、

髪の毛を増やす効果は、なかなか時間がかかります。

 

ここで、心が折れないように信じて継続することが大事なのです。

 

また、

 

髪の毛を少なくさせる成分は、「少量でも効果が出る」のに対し、

髪の毛を増やす作用のものは「大量に摂取しなくては効果が見えにくい」

という特徴もあるのです。

 

 

ですから、

 

育毛にはどうしてもお金がかかるのです。

 

私が薄毛遺伝子を持っているにもかかわらず、同年代の人としては平均的な髪の毛を維持できたのは、

一つにはサプルルナの大量摂取ということなのです。

 

 

これもスピルリナが安価になったからこそ、大量に摂取できた、

そして育毛に成果が出たということなのです。

 

 

育毛のためにはスピルリナは必須ですぞ。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報