薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

M字はげを治すヒント

読了までの目安時間:約 2分

M字ハゲの原因は、やはり男性型脱毛症と考えるべきです。

 

遺伝です。

 

食べ物などの生活習慣やストレス、ヘアケアなども関係していて、100%が遺伝や男性ホルモンの影響とは言えないかもしれないのですが、

男性型脱毛症の典型的な姿なので、遺伝だと覚悟したほうがいいです。

 

遺伝ではないとしたら、洗髪時に、しっかりシャンプーを流さずに残った洗顔料が毛穴を詰まらせてしまい、

それが原因となっているかもしれません。

 

いずれにせよ、シャンプー後には十分にそそぐことが大事なのです。

 

男性の額部分には5αリダクターゼが多く存在していますから、対策を立てるべきです。

 

対策としては、男性型脱毛症を引き起こす悪玉酵素を押さえつける成分を摂取することなのです。

 

効くから続く!継続率93%回生堂メンズミレット

782618_0.jpg

お金を使いたくない人の薄毛化は止められない

読了までの目安時間:約 2分

お金を払えないなら薄毛を止めることは難しいです。

 

なぜなら、髪の毛を増やすには血液を「髪が生える血液」にしないといけないのに、

普通の食事をしていては、髪が生える血液に替えにくいのです。

 

酵素を飲む

コラーゲンを飲む

プラセンタを飲む

野菜を摂取する

アミノ酸を摂取する。

 

このようなことを実践しないといけない。

これにはお金がかかる。

 

普通の食事では薄毛化は止められないのが現実。

この現実をふまえたうえで、どのような酵素を摂取するかを考えることですね。

 

どんな酵素もいいでしょう。

販売している酵素に「この酵素はよくない」というのはないでしょうからね。

 

まずは迷わずに、試してみたらいいのです。

 

 

 

 

髪の毛の悩みを解決するために正しい方法を選ぶこと

読了までの目安時間:約 1分

ハゲたい人はいません。

だれもハゲたくないのです。

 

でも、薄毛対策が上手くいかない人は少なくありません。

なぜなら、効果のある方法を知らないことがあるからです。

 

 

効果のある方法を実行しないといけないのです。

 

f:id:minanotame2:20150124184709j:plain

育毛にアーユルベーダを活用する

読了までの目安時間:約 5分

薄毛回復に効くアーユルベーダについて。

 

日本の「漢方」に対して、インドにはアーユルベーダがあります。

今回はアーユルベーダの薄毛対策を見てまいります。

 

私の住む街にもリラクゼーション・ルームは多くなりました。

足裏マッサージ、岩盤浴、クイックマッサージ。

 

そして「インド式ヘッド・テラピー」というのもあります。

 

頭をマッサージしてもらえるのですが、さぞかし気持ちはいいでしょう。

私は未体験ですが、いずれ試してみたい。

薬草を泥にまぜて、それを頭につけてマッサージするのです。

 

育毛、発毛に有効であり、髪の毛そのものがキレイになるという効果がうたわれています。

気力と集中力を高め、緊張を和らげ、循環機能を活発にし、輝く髪を目指す人にオススメします。

 

『気を高めるヘッドマッサージ』 ロザリンド・ウィドウソン著

産調出版 2005年5月出版  1800円

という本もあります。

 

アーユルベーダの医学に基づく健康法です。

アーユルベーダは独特の理論なので、好き嫌いは多いのでは?

私は好きです。アーユルベーダ。

 

平成6年頃、高いお金を払って「TM瞑想」というのを習ったことがあるのです。

13万円くらいの費用と、5日間(1日2時間)の日数が、かかりました。

 

アーユルベーダの知識に基づく瞑想法です。

ストレス軽減にいいです。

ストレス軽減は、すなわち、育毛の重要項目です。

 

この本ではバランスのとれた有酸素運動と、それを補完するヨーガ・ストレッチ、リラックス法が述べられている。

ヘッド・マッサージというタイトルどおり、頭をマッサージすることで、

緊張はとれ、リラックス効果、そして髪の毛にもよい効果がでるということ。

 

最近はヘッド・テラピーといって、サロンでこのような施術を受けられます。

私の地元では、6000円で1時間くらい施術を受けられます。

 

では、以下で肝心の髪の毛についてのレビューを。

頭に油をそそぐ方法が一つ。

浄化をもたらすさまざまな色の布をまくヘッドラッピングなどもある。

 

要は、肩、首、頭をマッサージし、リラックスし、血流を良くすることがポイントといってよい。

(輝く髪の毛のためのトリートメント法について)

少し、実行するのはこわい。

 

私にはできない。

タイトルは「皮脂トリートメント」

この部分を同著より引用します。

 

~ここより引用~

 

「トリートメント剤を数日間洗い流さずにおきましょう。

こうすることで皮脂が、体から生成されるミネラル分や分泌液と混ざって髪に浸透します。

 

髪を頻繁に洗うことが習慣になっている文化圏の人には少し不快かもしれませんが、

工夫すれば汚れているという感覚を最小限に抑えることができます。」

 

 

~引用 ここまで~

 

 

会社勤めの人は、髪の毛、臭うのじゃないかな?

 

また髪のためには、毛先から頭皮にむかって1日に50回とかすのが理想的とのこと。

育毛にマッサージは欠かせません。

ただし強くもんだり、叩いたりしては逆効果です。

 

気持ちの良い強さで、育毛に成功して髪の毛がぼうぼうにナッタシーンを思い浮かべておこないます。

人がいないときは、アファメーション(自己宣言)しつつ実行すると効果は、非常に大きいのです。

 

「髪の毛が、3倍太く、3倍多くなっていきます」

と、自分に語りかけるのです。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報