薄毛を治す

薄毛を治し髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

薄毛になるのは、インスリン成長因子IGF-1が関与しているというのです。

読了までの目安時間:約 3分

薄毛回復法として、2011年には岡嶋博士のIGF-1理論が話題を呼びました。

 

 

薄毛になるのは、インスリン成長因子IGF-1が関与しているというのです。

 

 

若くしてハゲるのは体内のIGF-1が少なくなっているのであり、このインスリン成長因子を増やすことで、髪の毛は薄毛から改善され、細い髪も太くなるのですね。

 

 

この「インスリン成長因子IGF-1」というのは、聞きなれない言葉なのですが、具体的な育毛法としては極めて有名な方法なのです。

 

 

fotolia_61929221_xs

 

 

あなたも育毛情報を調べているなら、おそらく

 

 

大豆イソフラボンとカプサイシン

 

 

で髪が生えると聞いたことがあるはず。

 

 

さらに実行するためには、

 

 

 

豆腐にトウガラシをかけて食べる

 

 

あるいは、

 

 

納豆とキムチを同時摂取

 

 

 

ということなのです。

 

 

この育毛法はテレビや雑誌やネットで数年前から有名だったのです。

 

 

岡嶋博士のノウハウによってサプリメントや育毛剤も販売されています。

 

 

fotolia_84656599_xs

 

 

ただ、大豆イソフラボンとカプサイシンは食事で摂取できるので、サプリよりも毎日の食事で摂取する方がよいと思いますね。

 

食事で摂取できるものは可能な限り食事でとる。

 

サプリメントは摂取しにくい栄養成分を補うことです。

 

 

お金はコラーゲンやノコギリヤシに使う方が費用対効果が高いのです。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報