薄毛を治す

薄毛を治し髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

薄毛を治したいのなら、ストレスに対応する術を身につけなくてはなりません。

読了までの目安時間:約 4分

薄毛を治したいのなら、ストレスに対応する術を身につけなくてはなりません。

 

私の知人に中国人と結婚している人がいます。

 

その人からの情報ですが、

 

1.中国人はハゲが少ない。女性の薄毛もほとんど見られない

 

2.日本にしばらく住むと、なぜか中国人の人も薄毛、ハゲになりやすい

 

 

ということです。

 

 

fotolia_118167250_xs

 

先日、リオのオリンピックの入場行進を見ましたが、中国にはハゲ、薄毛の選手は少なかったのです。

 

 

中国人になぜ、薄毛やハゲが少ないのか?

 

仮説ですが、(また、中国も広いので、私の知人の実体験も普遍的に、 中国に当てはまることではないかもしれません)

 

食生活の違いがあるでしょう。

 

中国の人は「酢」を好み、日常の生活に取り入れています。

 

また、

 

日本人のようにポテトチップスを食べたり、 コーラ、缶コーヒーなど、中国ではあまり飲まないようなのです。

 

 

日本人の食生活は近年乱れています。

 

自動販売機が道の100メートルごとに設置されています。

 

ジュース類はハゲにきわめて、よくないのです。

 

fotolia_100528805_xs

 

 

そして、

 

ストレスもあるでしょう。

 

女性の薄毛の原因の多くがストレスが関与しているといわれています。

 

日本の社会はストレスだらけです。

 

今日(平成28年9月21日)、テレビでは学校の「いじめ問題」を特集していました。

 

大人も会社ではリストラの危機。

 

給料は下がる一方。

 

不況はつづく。

 

自然災害も頻繁に起きる。

 

などなど。

 

fotolia_89921690_xs

 

一方、中国は、伸び盛りなので、ストレスもよい意味でモチベーションになるのです。

 

元気のもと。

 

戦後日本のヤル気のようなものがあるのです。

 

それにしても、

 

日本の生活はストレスが強いので、中国から来た人も、日本に来ると薄毛となり、ハゲてくるのでしょうか。

 

 

私の思うに、日本人でハゲている人が、別の国にいくと、ハゲが治るかもしれないですね。

 

食生活が変わり、ストレスがなくなると髪が生えてくる可能性は高い。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報