薄毛を治す

薄毛を治し髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

秋の抜け毛に悩んでいる人へのアドバイス

読了までの目安時間:約 5分

抜け毛は秋風とともにやってくる。

 

今日(平成28年9月25日)には秋風が吹いています。

 

007079_li

 

気持ちいい。

 

秋が来ます。

 

脱毛の秋です。

 

8月までは「髪の毛の多い時期」といえます。

 

それから、一気に9月から10月、11月の「髪の毛が少ない時期」に向かっていくのです。

 

秋の脱毛・・・・・・。

 

多くの動物が、秋になると毛が抜けます。

 

人間も、その傾向があります。

 

35年間、秋が来ると、注意深く髪の毛をチェックしてきましたが、

 

秋はどうしても髪ボリュームが少なくなる。

 

 

fotolia_118167250_xs

 

 

 

もちろん、「予防対策」をしていますから、私は、ダメージは少ないです。

 

ところが、

 

普通にしていたら、薄毛体質の人は、秋にかなりボリュームダウンしてしまいます。

 

それでなくても、少ない髪なのに、10%程度少なくなるとスケスケ状態になる人もいます。

 

「ああ、もう、だめだ!!」

 

と心を折られる人もいることでしょう。

 

その時期が近づいています。

 

秋風が吹くころから、

 

理容室や美容院での大きな鏡に映った自分の姿を、直視できない人が増えます。

 

鏡の中の、「髪が薄くなった自分」を正視できないのです。

 

理容師に髪を切ってもらっている間中、うつむいています。

 

あるいは、

 

目を閉じて、自分の髪の毛を見ないようにしています。

 

理容室の人が、マニュアルどおり、「後ろ姿の出来栄え」をあなたに見せるために、

 

合わせ鏡を後頭部において、後姿を見せようとしますが、

 

地肌が丸見えになった頭頂部を見るのが怖くて、目をそらせる人がいます。

 

自分を見たくない。たぶんそうでしょう。

 

 

396997

396997

 

私には、わかるのです。

 

昭和56年の秋にハゲの兆候が出たときの、自分の気持ちだから。

 

理容室の鏡を正視できなかった自分の気持ちだから。

 

理容師が、頭部の後ろのカット状態を見せる「合わせ鏡」を見るのはいやでいやでつらかった自分の気持ちだから。

 

昭和56年当時の私に、今の私なら、一発で悩みを解決するアドバイスができる。

 

それは、こうです。

 

 

 

【昭和56年の自分と同じ境遇の人へのアドバス】

 

大丈夫。心配しないでいい。

 

ハゲ遺伝子があっても、同年代の平均までは髪の毛は戻る。

 

3か月で髪の毛を激変させる方法も今の俺なら知っている。

 

あれこれ言っても、とまどうだろうから、一つだけ言う。

 

髪の毛を増やすパワーを持ったコラーゲンを飲もう。

 

毎日、3か月続けて。

 

カイセイ・メンズ・ミレットを飲むことです。

 
効くから続く!継続率93%回生堂メンズミレット

 

これが、ベスト1のアドバイスです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報