薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

シャンプーをしないという育毛方法

読了までの目安時間:約 2分

薄毛を治すには「何かをする」という方法と「何かをしない」という2種類あります。

 

 

今回は「何かをしない」という育毛法の一つ。

シャンプーをしないという選択。

 

 

どういうことなのか?

「シャンプーをすることが薄毛原因なのだ」

という説があります。

 

 

ずいぶん昔から、この説はあるのです。

「都会の浮浪者は髪の毛を洗わないのに、フサフサの場合が多いではないか」

という主張もあります。

 

 

私もシャンプーで洗いすぎるのは良くないと考えます。

二日に一回はお湯だけで洗髪してもいいでしょう。

 

 

ただし、二日に一回は良質のシャンプーも使うことです。

私が平成30年1月現在使用しているのは、カイセイ堂さんのシャンプーです。

 

 

使用感の良い育毛シャンプーです。

主力のカイセイコラーゲンと併用しましょう。

 

 

分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』

6486a77966372b6b13361668724f00f3.jpg

20代の薄毛に効果の高いGROW UPを飲む

読了までの目安時間:約 1分

育毛サプリを愛用しています。

薄毛に悩む20代の人に。

 

 

私の体験からのアドバイス。

身体の中から生やす方法が効果的。

育毛剤よりも育毛サプリです。

 

 

もちろん「サプリだけ」で生える訳ではないです。

食事の中で栄養成分を取るとともに、補助的にサプリを飲む。

 

 

この「補助」が効果的でして、生えるパワーがグンとアップする。

サプリのなかでもGROW UPの費用対効果はすごくいい。

 

 

Fotolia_105657749_XS.jpg

ハーグ療法で薄毛を治す方法

読了までの目安時間:約 2分

最強の育毛法は何なのか?

育毛剤ではない。

 

 

育毛薬は副作用があり、実行したくない。

そこで登場したのがハーグ療法。

 

 

クスリのような栄養成分を毛母細胞に注射して、そこで発毛させる。

これは直接働きかけるので、効果が出やすい。

 

値段は1回8万円を6回。

つまり48万円が必要です。

いずれ、体験するかもしれないのですが、まずは情報をこれから集めます。

 

 

ネットでは悪い情報も載っていますね。

痛いらしいし。

 

ハーグ療法が平成30年1月現在も話題です。
しかし、ネットで口コミを見る限り、「まだ、様子見に徹するべきだ」と思わされます。

100万円近いお金を出し、痛い思いをして髪の毛が生えないなら、

「納得できん!!」

となるはず。

 

 

また、ハーグ療法は痛みを我慢しないといけないものなのですね。

多くの体験者が痛みを指摘していました。

これで生えないなら詐欺ではないでしょうか。

 

 

でも、育毛剤も決して満足のいく成果にはつながらないわけです。

そこを考えると、口から栄養成分を摂り、血液に乗せて毛母細胞に届けるのがベストだと考えます。

カイセイ堂のメンズミレットを私は主に使用しています。

 

継続率93%!回生堂メンズミレット

 

 



 

薄毛を治さずに「隠す」という選択肢

読了までの目安時間:約 1分

薄毛の人にとって、薄毛をからかわれたり、憐れまれたりするのがつらいわけです。

誰にも気づかれなければ、薄毛やハゲは痛くもかゆくもないわけで・・・・・・。

でもカツラは心理的な重みがあります。

「重い」のですね、カツラは。

 

 

植毛にしても、カツラほどではないのですが、心理的な負担が多いわけですね。

そこで、ハゲを隠す、薄毛を隠す、ということが大事なのですね。

 

 

見た目にハゲてなければ、それでいいのです。

 

 

手軽に、薄毛のコンプレックスを緩和させることができます。

20代の薄毛にも野草酵素が効果的

読了までの目安時間:約 2分

IMGP0580.JPG

20代の薄毛に対して、野草酵素の育毛効果。

20代の薄毛は身体の栄養バランスを欠いているのかもしれません。

 

 

 

食べ物が大きく影響してきます。

薄毛原因に「ストレス」などの心の不調もあるのですが、これも食べ物が深くかかわります。

 

 

 

食べ物ですよ。

食べたものが、人間の身体と心に大きな影響を与えるのです。

髪の毛について言えば、髪の毛が生えるための栄養成分が必要。

 

 

 

その一つが「野草酵素」なのです。

なぜ生えるのか?

それは、身体のなかで「髪の毛が生える環境ができる」としかいいようがない。

 

 

 

3か月くらい飲めば体感できる。

野菜成分を、野菜を食べる。

野菜ジュース、野菜スープを飲む。

 

 

野草酵素を飲む。

こういう方法で生える環境を作るのです。

体質というものは口に入れるもので大きく変化します。

 

 

薄毛を治したいのに成果が出ない人は、野草酵素を飲んでみましょう。

不足していたのは「酵素」なのかもしれません。

育毛に役立つコラーゲン飲料を機会のあるごとに買う

読了までの目安時間:約 2分

IMGP0579.JPG

コラーゲンを飲みましょう。
できればカイセイ堂やフラコラなどの品質の高いものがよいです。
とくにカイセイ堂のメンズミレットは薄毛原因を抑え込んでくれる成分が入っている。

 


でも、どんなコラーゲンでも機会があれば選択しましょう。
スーパーマーケットでも、コンビニでも、コラーゲン飲料が販売されています。

 

 

のどが渇いた時など、コーラや缶コーヒーを選ばずに、コラーゲン飲料にしましょう。
平成30年の今、コラーゲン飲料もおいしいものがありますね。

 

 

ジュースに近い感じです。
こういうジュースに近いコラーゲン飲料も、コーラを飲むよりも育毛に役立つのは当然の話。

 

 

こういう少しの努力が、やがでい大きな差になるわけです。

スピルリナで髪の毛を太く丈夫に生やそう

読了までの目安時間:約 2分

2018年がスタートしましたね。

今日は平成30年1月2日。

 

 

 

正月は食生活も不規則になりがち。

ハンバーガーやフライドチキンなどを家族で食べに行ったりします。

レストランで肉を大量に食べたりもします。

 

 

育毛に努力をしている人なら、

「いや、俺は髪の毛のためにファーストフードなどは絶対に食べない」

などと言って断りたいところなのですが、現実社会ではそうはいかない。

 

 

大人の対応が必要。

「よし、食べに行くか!!」

と、ファーストフードも食べればいいのですよ。

たまに食べるくらいならいいのです。

 

 

ただし、

ファーストフードを食べた日には、野菜ジュースやスピルリナを普段よりも多く摂取したいものですね。

スピルリナは最低60粒くらい。

 

 

有名なのは「スピルリナ普及会」ですが、最近人気のスピルリナも販売されましたね。

70%オフフなので、かなりお得ですね。

今なら。

 

 

髪の毛の悩みがなくなる2018年

読了までの目安時間:約 1分

薄毛の悩みは強烈です。

 

 

20代の人はハゲると当然ですが、気になる。

劣等感に悩まされる。

 

 

ところが、60歳、70歳でもハゲたくない気持ちがある。

70歳になった男性が、レストランで、どうしても帽子をとらない。

理由は「ハゲているので、恥ずかしい」というのです。

 

 

60歳になって、同窓会が開催されても「ハゲているので、恥ずかしいくて出席しない」という人もいます。

ハゲているので、同窓会に行きたくない。

 

 

珍しい話ではないのです。

対策としては、さっさと髪の毛を増やして、堂々と同窓会に出席したらいいのです。

 

 

 

f:id:minanotame2:20150228192827j:plain

20代の薄毛にはカプサイシンとイソフラボンが効果的

読了までの目安時間:約 2分

IMGP0578.JPG

薄毛を治すためにカプサイシンとイソフラボンが効果がある。

これは多くの人に知られている話です。

 

 

では、どのように毎日の生活の中で実行していくのか?

これが大事ですよね。

ダブルインパクトのような専門のサプリを使うのも一つの方法です。

 

が、

コンビニで購入できるものでもカプサイシンとイソフラボンが摂取できます。

唐辛子成分の入ったドリンク。

 

これはコンビニで買いました。

イソフラボンは大豆の食べ物から摂取できます。

 

これもコンビニで買いました。

 

これを間違っても、

コーラとチチョコレートなどを食べていたら、育毛には遠ざかるばかり。

 

何を口にするのか?

これを毎日、意識していたいものですね。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報