薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

髪の毛が生える遺伝子をオンにする。ハゲ遺伝子をオフにする。

読了までの目安時間:約 4分

育毛の秘訣と遺伝子

 

髪の毛を太くボリュームアップさせる「高橋式」漢方療法を解説するサイトです。

 

再現性のある発毛ノウハウに出会えることで、あなたの髪の毛はボリュームアップし、守られます。

 

さて、遺伝子の権威の村上和雄さんが、海洋冒険家のジャック・マイヨールについて、このようなことを言っています。

 

「遺伝子は、人の「想い」によってオンになったり、オフになったりします。

 

例えば海洋冒険家のジャック・マイヨールはイルカと長い時間を共有するという願いが強かったので、潜水能力の遺伝子がオンになり、海に5分も潜って居られるようになった」

 

とのこと。

 

DNA解明の世界最高のレベル方がいうだけあって、その信憑性は高いのです。

 

また、そういったことは、私たちの身近でも見聞きします。

 

グズで、ノロマな亀のような人物が、好きなことに出会えて見違えるような人になったこと。

 

あまり美人とはいえない女性が愛する人とめぐり合えた途端、魅力あふれる感じになったり・・・・・。

 

ハゲも同じです。

 

 

ハゲ遺伝子をオフにする

 

ハゲの遺伝子を持っていても、その遺伝子が眠ったままだと、その人はハゲないのです。

 

ガンの体質を持っていても、ガン細胞がその働きをONにしなければ、ガンは発症しません。

 

同様に、薄毛、抜け毛、若ハゲも、遺伝子の影響はありますが、その遺伝子を眠ったままにすればよいのです。

 

そして、その方法は、実は明確にされているのです。

 

長い、長い、長~い実験、体験、処方、臨床の結果により、どうすればハゲ遺伝子を眠らせ、発毛遺伝子をオンにして、活発化させるかが、「漢方の世界」には明快にされているのです。

 

育毛の世界の権威は、やはり高橋由美子先生ですが、その著書にも、村上和雄先生と非常に共通点が見られます。

 

村上先生は「遺伝子」といい、高橋先生は「体質」と呼んでいます。

 

環境を整えることで、遺伝子、つまり体質は変化させられるという部分は共通なのです。

 

至高の共通認識!!!

 

例えば、野菜スープ、たとえばスピルリナ、たとえばレシチン、たとえばビタミンE。

 

たとえば漢方エッセンスの紅クコ、みつひ、蓮の種、山の芋、などで、ハゲ遺伝子、薄毛体質は変わるのです。

 

村上式に言えば、抜け毛遺伝子をOFFにして、発毛遺伝子をONにするということです。

 

 



 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報