薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛剤リバイボゲンの開発者

読了までの目安時間:約 2分

育毛剤リバイボゲンの開発者。

育毛剤リバイボゲンの開発者はアレックス・カダビ博士です。

リバイボゲンの資料によると、

1993年に、脱毛・薄毛に悩む医科大学の学生であったアレックス・カダビ氏は、薄毛の原因と治療の研究を志すのですね。

資料によると、アレックス博士の祖父、父親の写真もありますが、二人とも男性型脱毛症の症状ですね。

アレックス博士も遺伝的には「ハゲ体質」といえるのです。

が、

アレックス博士の髪の毛の量は、平均を上回る量といえますから、発毛研究の成果は実ったわけです。

よかった、よかった。

博士がリバイボゲンを世に出すことができたのは1999年です。

現在、世界36か国で販売されているというのですから、世界的に有名な育毛剤といえます。

世界で、ハゲに悩む人を手助けしているのですね。

3353863_0.jpg

カークランドロゲイン、プロペシアなどは、世界で販売されていますが、日本ではカークランドロゲインもプロペシアも有名ですが、

リバイボゲンの名前は、今のところ、それほど有名ではないですね。

日本で一番有名なのは「リアップ」となるでしょうか。

リバイボゲンの日本での販売は、まだ歴史が浅いのですが、

効果があれば、一気に広まる。

効果がなければ、消えていく。

ようは、発毛、育毛ノパワーしだいといえますよね。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報