薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

アレルギー症と冷え

読了までの目安時間:約 3分

アレルギー症と冷え性の関係

 

近年、アレルギー症を発症する方が増えています。

 

これは、生活習慣や生活環境、ストレスなど、現代人を取り巻く状況の変化が原因とも言われています。

 

アレルギー症の病気には、鼻炎や湿疹、花粉症などがありますが、特殊な症状では、シックハウス症など化学物質に対する過敏症の病気も多くなっています。

 

アレルギー性疾患専門の診療も行われるようになりましたが、症状が悪化したり、慢性化すると、日常生活ができなくなることもあります。

 

免疫力の低下が原因とも言われて来ましたが、残念なことに病気が完全に治癒する治療法はありません。

 

最近の研究で、アレルギー症と冷え性には、何らかの関係があることがわかりました。

 

これは、あらゆる症例を元にしていますが、自律神経と冷え性には因果関係があることがわかりました。

 

自律神経失調症になると低体温になる可能性があり、基礎体温が下がってしまいます。

 

こうなると、体内の免疫力が低下するので、体内の免疫力を上げるために、色々な物に対してアレルギー反応を起こしてしまうのです。

 

このような研究結果から、アレルギー症と冷え性には、関連性があることがわかります。

 

さらに、手足に冷たさを感じる女性のうち、およそ80パーセントにアレルギーの症状が見られました。

 

そして、慢性的な低体温になっていることも確認されています。

 

いろいろなアレルギー症を改善するには、まず、体の冷えをなくす必要があります。

 

単なる症状と考えないで、基礎体温を上げる治療を行うことが大切です。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報