薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

漢方育毛には必須のイノシシ毛ブラシ

読了までの目安時間:約 3分

髪を発毛させ、丈夫にするブラッシングを解説します。

 

薄毛の人のヘアケアにとって、ブラッシングのやり方はぜひともマスターしたい技術です。
髪の毛を太く丈夫に、かつ、しなやかにしますからね。

 

髪が生えるとは、オーバーではないのか? ブラッシングなんてただ数秒間、すいすいとやるだけのことだから」

 

と言う人もいます。

 

ところが、私の経験では、

 

正しいブラッシングを毎日きちんと行うことで、脱毛をかなり防止できる。

 

また、うぶ毛を発毛させる効果があるのです。

 

育毛漢方の基本的な発毛方程式その1は、

 

「イノシシ毛でうぶ毛を生やし、スピルリナとコラーゲンで太く育てる」

 

なのですから。

 

(参考)
必読ブログ「イノシシ毛ブラシでうぶ毛を生やし、コラーゲン・スピルリナで太く育てる」

 

 

 

 

どんなブラシを使うのが良いかというと、イノシシ毛ブラシですが、逆にやめたいのは?

 

やめたいのは、ナイロンやプラスチックの軽いブラシですよ。

 

人間は化学製品が馴染まない。
それに、化学製品ではブラッシングに発毛効果がないからです。
うぶ毛を生やす効能がない。

 

また、
人間の体は不思議と、化学製品に触れると拒否反応起こすものです。

 

ヘアブラシも動物からとった天然素材のものの方が、ナイロンやプラスチック製よりもずっと髪の毛にフィットするわけです。

 

方の育毛法で重要視しているのが「イノシシ毛ブラシ」です。

 

 

イノシシ毛だと、自分の毛髪のキューティクルと擦れ合うことで、髪に艶が出て、髪をしなやかにしてくれます。

 

ナイロン等のブラシだと、ただ表面を滑るだけであり、こすれあわないのです。

漢方療法では、重量のあるブラシが良いです。

 

 

その理由はブラッシングしながら頭皮を書いたり叩いたりして血行良くする技法があるのですが、
軽いとそれができない。

 

ブラッシングは、単に髪をとかすだけではなく頭皮を刺激して新陳代謝を促すことを目的とすべきなのです。

 

薄毛を克服するために発毛を望むのであれば、重いイノシシ毛のブラシを使うことが、なによりも肝心なのです。
Fotolia_49859549_XS.jpg

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報