薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛サプリメントのフェルサの思想とは

読了までの目安時間:約 5分

育毛サプリメントのフェルサの思想について、考えて見ましょう。

 

「育毛サプリに思想なんてあるのか?」

 

という人がいるかもしれませんが、

 

「その育毛サプリが、どのような思想、理論によって製造されているのか」

 

を知ることは、育毛において、かなり重要なのではないかと思います。

 

商品にも「思想」があるのですよ。

 

では、早速見てまいりましょう。

 

フェルサの商品としての思想に共感できないなら、購入しないで、別のサプリを購入したほうがいいからね。

 

フェルサのパンフレットには、

 

「育てる前に、まずスカルプケアを続けること」

 

と書かれています。

 

これは、まさに、そのとおりなのです。

 

頭皮の改善は、「髪が生えるように」するためのもの。

 

髪が生えるレベルにまで、頭皮環境を改善するには数ヶ月はかかるのです。

 

この点で、育毛サプリメントと、ダイエットサプリメントとは違うわけです。

 

ダイエットサプリメントでは、早ければ1週間もあれば、効果が出ることがある。

 

ところが、

 

育毛サプリでは、どんなに頑張っても、2ヶ月は成果を感じるまではかかる。

 

できれば、育毛効果を判定するには半年は欲しいよね。

 

髪の毛の変化は、なかなか目に見えないのです。

 

ですから、

 

結果を、あまり急がないようにしないといけないのです。

 

で、

 

フェルサには、「スカルプケアの3箇条」というのがあって、それは、

 

1.毎日続ける事。
2.結果を急がないこと
3.止めないこと
なのです。

 

この3か条を守ることは、フェルサに限らず、薄毛対策の最低条件となります。

 

育毛サプリのフェルサの思想で、面白いのは、

 

「遺伝の影響は25%に過ぎない」

 

という考え方です。

 

遺伝が原因となるのは25%程度なのだとか。

 

フェルサのパンフレットに書いていますよ。

 

そして

 

「複雑な要素が絡み合っている」

 

のが、ハゲ、薄毛の要因だとフェルサの会社はいうのですね。

 

これには、一部賛成、一部、反対。

 

というのも、

 

「どう考えても、ハゲや薄毛は遺伝」

 

としか、思えないから。

 

私の身の回りの「現実」から、推論するとですが。

 

遺伝によって、ハゲ体質とか薄毛体質というものは、受け継がれていくのだと思います。

 

まあ、ハゲや薄毛が遺伝でなかったら、私自身、どれだけうれしいでしょうか。

 

遺伝という部分があるから、なかなかハゲや薄毛の対応が難しいのです。

 

育毛サプリメントも薄毛体質そのもを取り除くことはできません

 

ただし、育毛サプリメントのフェルサやボストンに含まれている栄養素は、

 

ハゲや薄毛の原因となる「悪玉酵素」を押さえつけるわけです。

 

(左がボストン、右がフェルサ さて、 どっちにする?)

 

A案:たった2粒『育毛』新常識

B案:毛髪のためのサプリ

ですから、

 

ハゲや薄毛の発症がでにくい。

 

フェルサやボストンに含まれているノコギリヤシなどには、悪玉酵素を押さえつけることができるので、薄毛を治したいのなら、毎日の習慣として、2粒ほど飲みたいものです。

 

どちらかを選ぶわけですが、二つのホームページを見て、直感で選ぶといいかもしれないです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報