薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

薄毛対策には食事とサプリメントの両輪が大切なのです

読了までの目安時間:約 2分

薄毛対策のための食事とサプリメントについて。

薄毛を治して、髪の毛を復活させるには、育毛サプリメントは必須です。

 

 

でも、育毛サプリメントを飲めばそれで髪が生えるとは思えません。

やはり日常の食事がベースだから。

 

 

イワシの缶詰、

ブロッコリー

ピーマン

納豆とキムチ

などの強力な育毛食品とでもいえるものを、できるだけ頻繁に食べる

 

 

一方で、

肉の多食、

ポテトチップスなどのスナック菓子

コーラや缶コーヒー

 

などの髪の毛を失わせる元となるものを飲まない、食べない。

そういう基本を守ったときに、育毛サプリメントの発毛効果が発揮でます。

 

食事だけでは、十分な発毛の成果は出ないのです。

 

 

 

育毛サプリメントGUNGUNを、どう査定するか?

読了までの目安時間:約 2分

育毛サプリメントGUNGUNを、どう査定するか?

 

結論から言うと、育毛サプリメントGUNGUNは、

「買うことが望ましい」

です。

 

GUNGUNの成分内容は、ノコギリヤシやキクイモなどで、平均的な育毛サプリメントの基準をクリヤーしています。

 

私はこの育毛サプリメントGUNGUNを飲んだことがあります。

6か月くらい。

 

特に他のサプリに比べて目立った特徴はないですが、バランスのとれた優秀な製品だと感じます。

ほかにも素晴らしい育毛サプリメントは数多いから競争が激しいのですが、長年、売れ続けていますよね。

 

たとえば、ボストンとか、フェルサとライバル関係です。

値段的には無理な金額ではないのです。

 

毎日飲むには適しているサプリとなります。

薄毛対策のためにサプリメント活用をしよう

読了までの目安時間:約 3分

発毛サプリメントで薄毛を回復し、髪の毛をみるみる増やす方法。

 

 

サプリメントで薄毛を回復させましょう。

発毛サプリメントで髪の毛をグングン増やす方法があります。

 

 

抜け毛対策では規則正しい食生活や生活習慣がとても重要なのは分かっておられるでしょう。

薄毛回復法、発毛対策だけでなく、体に良いことなのですが、実際に毎日実行することはなかなか難しい面もあります。

 

 

忙しい仕事や付き合いもあるでしょうし、薄毛回復法マニュアル通りには実行できないことも多いと思います。

夜更かししなければいけない時、体調が悪く運動ができない時、

常に気をつけていても栄養がかたよってしまう時など仕方ない場合は必ずあります。

 

 

「もう、自分には薄毛回復はできない。なぜならこんなにも不規則な生活しかおくれないのだから・・・・」

とあきらめないでほしいのです。

 

 

あきらめて薄毛回復法を放棄せず、手軽に、短時間で栄養補給が出来るサプリメント(健康補助食品)を利用したらいかがでしょうか?

「血液サラサラ」にするサプリメントは重要です。血液は育毛、発毛には不可欠な要素なのです。

 

 

サプリメントは必要な栄養素を手軽に簡単に摂取が出来て、体の内部から育毛、発毛を助けるのです。

私自身は、さまざまなサプリメントを飲んでいます。

 

 

参考に、私自身が実行し、薄毛回復法として効果があったと思われるものを紹介します。

 

 

スピルリナ

レシチン

ノコギリヤシ

ビール酵母

カルシウム

ビタミンE

パルテノライド

などです。

 

 

これほど飲んでいると、どれが発毛に効果を発揮しているのかわかりませんが、髪の毛はよい状態です。

ネットで検索すると髪の毛によいとされるサプリメントは数多く販売されています。

 

 

どのサプリメントがあなたに発毛をもたらすのかは、「試す」ことをしないと、はっきりはわかりません。

お金はかかりますが、薄毛回復を成功させるなら、お金を出して、試すことです。

 

 

 

 

東洋医学的な薄毛対策で成果を出す

読了までの目安時間:約 4分

東洋医学的な育毛の考え方では、抜け毛をストップさせることを重視します。

 

 

では、なぜ抜け毛が起きるのかを考えましょう。

 

 

①抜け毛対策を考えるには、まずは抜け毛の原因を探し出す必要がありますが、

体のことですから、当然、抜け毛には個人差があります。

 

 

「まわりの人たち抜け毛状態ではいのに、なぜ、自分は抜け毛状態なのか?」

 

 

と悩んでいる方は多くいると思います。

抜け毛になるのには体質をはじめ、それなりの原因があります。

 

 

その理由を今日はカンタンに、まとめてみましょう。

抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりませんね。

 

 

第1に上げられるのは、遺伝的要因です。

常識ともなっています。

 

 

親が抜け毛体質だと将来的には子供も抜け毛になると心配することも多いです。

そのお子さんが男の子なら、その心配はさらに大きくなることでしょう。

男のほうが、遺伝的な薄毛体質を、受け継ぎやすいからです。

 

 

しかし実は遺伝的要素は関係はしますが、抜け毛そのものが遺伝するというよりは

抜け毛になりやすい体質を受け継いでいるといったほうがいいと思います。

 

 

それには男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係しています。

抜け毛、ハゲの原因となる男性ホルモンとは、テストステロンです。

 

 

これは、男性の場合、主に睾丸から分泌されるもので、20歳代の男性に多く、歳とともに減っていきます。

このテストステロンが多すぎると脱毛が起こります。

 

 

また、髪の毛を生成する毛包組織がテストステロンに過敏すぎる場合は、男性ホルモンが多すぎなくても脱毛が起こります。

抜け毛対策のためには、詳述は避けますが、テストステロンを中心としたさまざまな原因物質を抑えることが大切です。

 

 

これらを抑制するためにはフィナステロイドや、ノコギリヤシ、アゼライク酸などの成分が有効とされています。

現在ではいろいろな薬に配合されています。

 

 

私は育毛剤として、アロエを使用していますが、脱毛物質を抑える効能があり、大切に使用しています。

育毛剤としてだけでなく、飲料としても育毛効果が期待できます。

 

 

プロペシア(フィナステリド)はおすすめしません。

副作用が強すぎる。

 

 

同様の効果があり、しかも髪の毛を太くするコラーゲンがあります。

カイセイ堂さんのコラーゲンがそれです。

 

 

東洋医学的な育毛理論に合致しています。

 

回生堂メンズミレット

 

 

薄毛を治すにはサプリメントが第一

読了までの目安時間:約 4分

髪の毛を太く育てるには血行を改善する

 

抜け毛を防ぎ、若ハゲ解消に効果のあるサプリメント。

 

 

育毛漢方療法の先生である高橋由美子先生が著書の中等で紹介している育毛関連のサプリメントでは、

1.スピルリナ

2.ミネラル

3.ビタミン

あと、新鮮なよい水も重要です。

 

 

個人的には、高橋先生の推薦するもの以外でもコラーゲン、プラセンタ、レシチンも重要と思います。

 

特に髪の毛を太くする効果が高いのはコラーゲンなので、まだ摂取していない人は、ぜひとも購入し、飲むべきでしょう。

 

育毛、発毛だけに限らず、体に良いことなのですが、実際に的確な育毛生活を毎日実行することは難しものです。

 

忙しい仕事や付き合いもあるでしょうし、発毛マニュアル通りにはいかないことも多いはず。

 

夜更かししなければいけない時、体調が悪く運動ができない時、常に気をつけていても栄養がかたよってしまう時な

ど、育毛面ではマイナスなことも仕方ないケースは必ずあります。

 

そんな時にも手軽に、短時間で栄養補給が出来るサプリメント(健康補助食品)を利用したらいいのですね。

 

通常の食事では摂取することが難しい頭皮に良い栄養分をサプリメントなら簡単に摂取することができます。

髪の毛の生育にに不足がちな栄養分、髪の毛や頭皮に良い栄養分は積極的に摂取したいものです。

 

抜け毛予防や育毛、発毛にとって良いサプリメントは、やはり「血液サラサラ」効果があるものです。

 

髪の毛は血液のあまりでできていることを忘れずに!!

 

血液は頭皮や髪の毛に必要な栄養分を運んでくれます。

 

その血液がドロドロで血流が悪い状態ならば、当然必要な栄養分は頭皮、髪の毛に届きません。

 

「血液サラサラ」であることは育毛、発毛には不可欠な要素なのです。

 

又、アミノ酸系のサプリメントも髪には良いと最近ではよく言われています。

 

髪の毛にはたんぱく質が必要なのですが、実はアミノ酸に分解されてから吸収されるのです。

 

直接アミノ酸を摂ることでそのまま吸収されますので髪の毛の成長には大変効果があるのです。

 

(余談ですが、アミノ酸はシャンプーでも非常に育毛効果が高いです。)

 

サプリメントは髪の毛の生育に必要な栄養素を手軽に摂取が出来て、体の内部から育毛、発毛を助けるのです。

 

まだ、薄毛改善を体験できていないなら、コラーゲンで薄毛を太くすることで成功体験を味わうことです。

 

「髪の毛は戻らないのではないか?」

という疑念を解消するのです。

 

 

髪の毛を増やすために役立つサプリメント

読了までの目安時間:約 6分

髪の毛を増やすために良いサプリメント。

 

 

これは、いくつかあります。

 

食生活の変化により今の日本の食事では、髪の毛を育成するに必要な栄養素が満足にとれませんから、サプリメントなどで、補うことにすべきです。

 

 

発毛によいサプリメントをとる時間は、食事の補完ということから、食事をした後が最適なのです。

 

 

飲むときは水かぬるま湯で飲むのが基本ですが、サプリメントの内容によりプーアール茶がよいものが育毛関連では、あります。

 

 

具体的には「スピルリナ」は髪の毛を育てる重要なサプリメントなのです。

 

 

スピルリナを摂取するときは、暖かいプーアール茶などがよく、冷たい水はよくないというのが、私の感覚です。

 

 

発毛サプリメントをどのくらいの量をとればよいのか?

 

 

日本人は所要量またはその2倍が普通ということです。

 

 

アメリカでは5倍あるいは許容限度まで飲むことが多いという話を聞いたことがあります。

 

 

私自身のサプリメントの接種方法はアメリカ並みで育毛関連サプリメントは大量摂取をしています。

 

 

私は責任が持てないのであなたには、オススメしません。

 

 

私はスピルリナの大量摂取で、髪を急速に増やした実績があるのですが、ビタミン系のサプリメントなどは大量にはとりませんでした。

 

 

他にも大量摂取しているサプリメントとしては、レシチンも非常に効果が実感できた育毛効果のあるサプリメントといえます。

 

 

効くか効かないか、どのくらいの期間サプリメントをのむのかというと、1~3か月試して効果がないなら継続する必要はない思います。

 

 

髪の毛はすぐには効果が反映されませが、「なんとなく」髪の毛の変化というものは感じられると思うのです。

 

 

ハゲ、白髪には、ビタミンA,B群、E,亜鉛、鉄。

 

 

ハゲ抑制効果はビタミンA,B群。

 

 

育毛効果は亜鉛と鉄。

 

 

頭皮の血行改善はビタミンE。

 

 

育毛・発毛には葉酸、亜鉛、鉄などが有効なのです。

 

 

他にも参考となるのが、ストレスに効くサプリメント類です。

 

 

セントジョーンズワートなどは、気持が「うつ」に近付いているときに、明るい気持ちにする効能があります。

 

 

明るい気持ちでないと、なかなか髪の毛は生えてきませんのでね。

 

 

薄毛・抜け毛によるストレスをなくしましょう。

 

 

ストレスがなくなると、髪は元気になります。

 

 

ストレスに効くのは、セントジョーンズワートのほか、ビタミンB1、ビタミンC、カルシュウム、マグネシュウムなど。

 

 

これらの「気分」に関与するサプリメントを摂取し、薄毛のストレスが軽減されれば、情緒不安もなくなるわけです。

 

 

他にも、目が疲れる人用のサプリメントも育毛に効果的なのです。

 

 

目の疲労はハゲ、薄毛と密接な関連があります。

 

 

目に効くのは、ビタミンA,B群とCで、特にAは、目のビタミンと呼ばれているのです。

 

 

ビタミン剤については、薄毛対策のためだけでなく、体全体にとってよいものと考えて、積極的に補給したいものです。

 

 

ビタミンEは20年以上前から、飲んでいます。髪の毛の育成に最も効果のあるビタミンは「E」だという実感です。

 

 

育毛と若返りの効果はビタミンEにあります。

育毛サプリメントのススメ

読了までの目安時間:約 3分

育毛サプリメントの体験ブログを立ち上げた理由は、

髪の毛が少ないことで悩んでいる方が大変に多いからです。

 

 

日に日に髪の毛が少なくなる恐怖。

 

「頭頂部が肌色に見える」「額がぐんぐん後退している」「髪の毛が細く、弱弱しくなった」など、

髪の毛のことでお悩みの方は近年増加しており、日本の成人の2割は薄毛で悩む人がいるいわれています。

 

 

さらに、結婚前の、恋愛を重視する年代の方にとっては、

ハゲ、薄毛は配偶者相手を選ぶ際に、かなりのマイナスとなるケースも出てきます。

 

 

その様に薄毛やハゲで苦しむ方達の髪の毛が増えるようにしたい。

 

 

しかも、プロペシアなどの薬のいらない健康で丈夫な髪の毛を取り戻すこと。

 

このブログでは、安全な育毛サプリメント情報を公開することにしたのです。

 

 

でも、「私は家系的にみてハゲ家系だから・・・・・・・」

と、いう方もいらっしゃるはずです。

 

私の親類は薄毛体質が多いのですが、克服した事例も多いです。

私がアドバイスしたからです。

 

「育毛剤を使っても、全然生えない・・・・・」

「ハゲは治らない」

と、ご自分の髪の毛を増やすことを諦めてしまうことがあるのです。

 

 

これは、もったいない話です。

また、「一度髪が生えてきたのに、産毛でおわり、またハゲてきた」と残念がる方も多いです。

 

 

一般的に薄毛対策は、一生継続する必要があります。

現在、抜け毛や薄毛の改善方法、治療法としては、

プロペシアなどのクスリと、育毛サプリメントなどがあり、一定の成果を確認できていますね。

 

 

ただし、薄毛体質の人は、予防的にしろ、薬やサプリを使い続けなければならないことは理解しましょう。

一度生えたら、それでOKではないのです。

 

 

確かに、薬の使用になんら副作用が無く、ハゲないで、抜け毛を回避できるのであれば、

プロペシアやミノタブを使っても良いですよね。

でも、多くの人がプロペシアの副作用を感じているのです。

 

 

よって結論。

育毛サプリを飲んで健康的に髪の毛を増やしましょう。

 

発毛、育毛を促進するサプリメント

読了までの目安時間:約 3分

発毛、育毛を促進するサプリメントをあなたは、いま、飲んでいるでしょうか?

 

育毛サプリメントについては、必須と私は考えるのです。

 

最近発毛に関するサプリメントについて、よく耳にするのでネットで調べてみようという方のために書きとめておこう。

 

海外では発毛の研究が盛んに行われていて、その影響は日本にもやってきているのです。

 

プロペシアはサプリメントではないが、やはり頭髪にかんするものは、アメリカが進んでいる。

 

アメリカでは発毛に関するホームページが多数公開されている。

 

知ってのとおり、アメリカでの、アンチ・エイジングや健康問題への関心は非常に強い。

 

日本の比ではない。

 

発毛を目的としたサプリメントも多数の企業が競争を繰り広げている。

 

ただ、国内の動きではまだ情報不足の感もあり、動きが鈍いところもある。

 

医学会などではサプリメントに対し否定的な見解を取ることが多いので取り組みが進まないのだ。

 

しかしまだ数は少ないものの、一部の専門家は効能を指示しており、今後の動向が注目されるところだ。

 

海外での発毛サプリメントの特性としては、細胞を活性化することを目的とするものが多いようです。

 

よくいわれる活性酸素というものを除去する能力だ。

 

活性酸素は老化やガンなどの原因となるものなのです。

 

今後様々な研究機関から、更なる発毛の効能が発見されることであろう。

 

日本では、昔からコンブやワカメが髪の毛を増やす食べ物として有名です。

 

しかし、あまり発毛効果は見えないと言われています。

 

最近ではキクイモが、発毛サプリメントとして販売されています。

 

ヘアケア育毛発毛サプリメント【GUNGUN(ぐんぐん)】

私自身は、髪の毛のためには、スピルリナ、亜鉛、ビタミンE、

レシチンなどを愛用しています。

 

 

ハゲの大敵であるストレス防止のために漢方薬として、

「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」も、飲んでいます。

 

体質により漢方薬は、大きな発毛効果をみせます。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報