薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

スピルリナの思い出30年

読了までの目安時間:約 4分

薄毛を治してくれたスピルリナの思い出。

 

今日、楽天で注文していたスピルリナ普及会のスピルリナが届きました。

2400粒です。

 

 

これが2000円というのは、本当に、「奇跡的な値段」と、公平な目で見て、私はそう思うのです。

 

 

30年前は500粒で6000円

いまは2400粒で2000円(スピルリナ普及会)。

ああ、ありがたい。

 

 

私の頭髪の昭和56年に薄毛化が始まってから、30年になろうとします。

30年なんて、あっという間ですね。

 

当時、不安におびえていたのですが、30年たった今、50代の男性の平均的な頭髪量くらいは髪があり、心配は「杞憂」だったのです。

 

私をハゲから救ってくれた立役者のひとつは、明らかにスピルリナなのです。

 

 

昭和56年、私は大学をでて、社会人となり、夜の9時、10時まで残業のつづく日々。

間違ってはならない事務処理に神経は痛めつけられ、ストレスも大きい。

 

夜の10時を回り、

「やっと仕事がおわった」

と思ったら、

「おーいい、みんなで飲みに行くぞ!!」

と課長がみんなに声をかけます。

 

 

 

「早く帰って寝たいのに・・・・・・」

当時のサラリーマンは体育会系の色彩が平成23年と比べてはるかに強かったのです。

いやいやながらも、顔は笑顔でついていきます。

スナックでウイスキーなどを飲みながら夜の1時まで帰宅できません。

 

 

そんな日が3ヶ月くらい続いて、ある日、鏡を見て

「あれ、?」

という感覚。

「ハゲてきているのか・・・・・・?」

ご先祖様や親類にも薄毛の人が多く、遺伝的にはハゲるだろうとは思っていたけれど。

早すぎやしないか?

 

 

20代前半という時期に、もう、ハゲが「キタ」のか?

髪の分け方を変えたので、あまり薄毛化は目立たなくなったのですが、しょせん「ごまかし」。

 

数ヵ月後、

 

「ああ、もうごまかせない」

という瞬間を迎えるのです。

 

 

ハゲへの恐怖と、不安感、絶望感のために

「おっ、おえ~!!」

と吐き気がしました。

 

 

高橋由美子先生の著書「みるみる髪が生えてくる」、そして育毛サプリメントのスピルリナに出会う、

半年前の苦しい時期の思い出です。

 

 

1日34.3円で60種類以上の栄養素が摂れるんです!2個で4116円(税込・送料無料)マルチビタミン...

 

 

スピルリナだけでは髪が生えるのではないですが、スピルリナを飲まないと、育毛効果がでないのはたしか。

 

スピルリナを一日10粒のみましょう、というような説明をしている商品もあるんのですが、

育毛の為には一日40粒くらいを私は飲んでいます。

 

安価で内容のよいスピルリナだからこそ、「大量摂取」が可能なのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報