薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

ハゲたくないなら低体温を改善せよ

読了までの目安時間:約 3分

ハゲたくないなら、低体温の改善をしよう。

 

 

温暖な土地柄に住んでいる人は、寒さを感じることがないので、体が冷えることがほとんどありません。

 

 

ですから、冷え性などの低体温で体調不良を訴える人もいません。

 

 

一般的に西洋医学では、冷え性の概念も病気もないので、低体温を改善する研究が、ほとんど進んでいない状況です。

 

 

日本国内では、季節ごとの寒暖の差だけでなく、天候不順や朝晩の気温差などから、体温調節が悪くなり、

低体温になってしまい、その結果h、薄毛やハゲになる人が増えています。

 

 

女性だけでなく、男性や子供にも低体温の症状が見られるようになっています。

 

 

最近は、冷え性の専門外来が見直されているので、低体温の病気治療ができるようになっています。

 

 

漢方薬などを使う治療も取り入れられているので、低体温の症状が続く方は、診察を受けた方がいいでしょう。

 

 

低体温の治療は、血流の改善を基本にして行います。

 

 

ホルモンバランスを整えて、自律神経の乱れをなくすために、薬を処方することもあります。

 

 

適宜な運動と食事療法を取り入れながら治療を行うので、低体温の症状を改善することができ、発毛につながるのです。

 

 

最近は、低体温の治療に漢方薬を使う医療機関も増えています。

 

 

手足の痺れや痛みの改善には、鍼灸やツボ押しも効果があると言われています。

 

 

これまで、いろいろな治療をしたのに、あまり改善されていない方は、

漢方薬や鍼灸、ツボ押しも治療に加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

なお、低体温の治療は、病気として認められていないので、保険適応外診療になることがあります。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報