薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

冷え性って治せるんですか? 治せるのであれば治し方も教えていただけると嬉しいです。

読了までの目安時間:約 2分

冷え性って治せるんですか?

治せるのであれば治し方も教えていただけると嬉しいです。
回答者1

冷え性は治せます。
有名な方法は「靴下の重ねばき」と「半身浴」ですね。

ジョギング、ウォーキングなどの運動も冷え取り効果があります。
運動も非常に大事です。

 

 

 

回答者2

冷え性は万病のもとなので、症状が出る前に対処しておいたほうがよいです。
最初に食べ物に気を使ってみるべきでしょうね。

成果が出やすいですから。
陽性食品は体を温めてくれます。太陽の恵みを蓄えた食品を取り込むことで、体にエネルギーを補給します。

ショウガが一番有名な冷え取り食品ですが、根菜類やこんにゃく、ごぼう、人参、山芋、蓮根を意識しましょう。

 

 

 

回答者3

実践しやすいものを挙げますので、ぜひ、実行されて冷えを解消してほしいです。

1.心の平安を維持する
2.足湯や半身浴を行う
3.しょうが紅茶を飲む
4.冬には下半身を温める格好をする
この4つで大改善できますよ。

しいていえば、しょうが紅茶を飲む習慣から始めるとよいですよ。

冷え取り健康法のビックリな意見

読了までの目安時間:約 2分

冷え取り健康法についての思いがけない意見。

 

昨日、平成27年4月3日の話。

 

見た目よりすごく若く見える、今人気のドクター南雲がテレビで話していたこと。

1.サウナに入ると冷え性になる

2.足湯をすると冷え性になる

と言う話。

 

 

意外ない件だったのですが、「ありうる」とも考えますね。

「ありうる」

のです。

 

 

サウナで身体を暑くすると、身体は熱を下げよう、下げようとする。

 

 

反対に、

冷水を浴びると、身体を温めよう温めようとして、熱を作り出す。

 

 

面白い意見でしたね。

通常言われている意見と反対です。

 

 

試してみて、どちらがいいのかを決めることです。

薄毛になりたくないなら冷え取り発毛法だ

読了までの目安時間:約 2分

冷えを取って育毛を成功させましょう。

 

 

漢方の育毛法では、2つの重要項目があります。

 

 

血液を発毛パワーのあるものにする

 

 

血行を良くする

 

 

冷え取り発毛法は、血行を良くする効果を期待するわけです。

 

 

ですから、

 

 

冷えを取るだけでは、なかなか期待通りの発毛、育毛は困難だと思います。

 

 

が、しかし。

 

 

食べるものに留意して、血液が育毛パワーを持っているならば、

 

 

冷えを取って、血行を良くすると、ぐんぐん髪の毛が生えるわけですよ。

 

 

冷えを取るには、ショウガなどの食べ物か、あるいは、足湯のように、物理的に温める方法があります。

 

 

もちろん両方やるのがベストですよね。

 

 

薄毛を治すコラーゲンとスピルリナと猪毛ブラシ

薄毛に関係する冷え性と病気

読了までの目安時間:約 3分

薄毛に関係の深い、冷え性と病気の関係

 

西洋医学では、体の冷えに関する研究が進んでいないため、冷え性を症状として確認していません。

 

そのため、診療機関で治療することがほとんどなかったようです。

 

それに反して、東洋医学では、冷えから色々な病気を発症することが確認されて来ました。

 

ハゲ、薄毛も冷えと関係が深いです。

 

手足が冷たくなるだけでなく、体調不良や他の病気を引き起こすことがあります。

 

ハゲ、薄毛だけではなく、たとえば、頭痛や肩こり、不眠症といった慢性的な症状や肌トラブル、生活習慣病など隠れた病気を発症する危険性もあると言われています。

 

さらに、気管支喘息や鼻炎、花粉症、アトピーなどのアレルギー性疾患を発症することが確認されています。

 

単なる体の冷えだけではなく、加齢でも症状が悪化してしまいます。

 

たとえば、更年期障害による自律神経失調症や、婦人病、膀胱炎などは女性に多く見られる症状です。

 

その他、慢性化した関節リウマチにも良くありません。

 

低体温が原因で脱毛などの症状が悪化するとはいえませんが、慢性的な持病を抱えている方や高齢者などは、基礎体温を下げない工夫が必要です。

 

若い頃から手足が冷たくなる方は、生活の中で体を温める工夫をしておいた方が髪の毛にとっていいでしょう。

 

特に中年以降に、手足の冷たさを感じ始めた方は、ホルモンバランスが乱れている場合が多いので、更年期障害の諸症状を促してしまいます。

 

そのまま放置していると、低体温になってしまう危険性があるので注意する必要があります。

 

少しでも体調不良を感じたら、躊躇しないで診察を受けた方がいいでしょう。

 

慢性化しないうちに改善することが育毛と健康の秘訣です。

 

 

 

ハゲたくないなら低体温を治せ

読了までの目安時間:約 3分

低体温の危険性

 

 

最近は、空調設備の整った環境や気候の寒暖差などから、体温調節が上手く行かなくなって、次第に低体温になる人が増えています。

 

 

少し前まで、低体温は、特別な症状と思われていましたが、今日では、生活環境の影響で低体温になってしまう危険性があります。

 

 

医学的には、冷え性は病気として捉えられていませんが、体のあちらこちらに不調を訴える人が多く、低体温との関連性についても研究されるようになりました。

 

 

冷え症になれば誰でも低体温になるわけでなく、人それぞれ症状が違うと言われます。

 

 

一般的に、人の理想的な基礎体温は、36.5度を基準にしています。

 

 

体内の機能性を活発にして、酵素の働きが良くなるので、ウイルスや病原菌に対する抵抗力も高まります。

 

 

ですから、健康を維持するためには、基礎体温を36.5度にする必要があります。

 

 

基礎体温が下がってしまうと、体内の機能性が悪くなり、体調不良を起こしやすくなります。

 

 

さらに、アレルギー性疾患やウイルス性の病気にかかりやすくなるので、注意が必要です。

 

 

冷え性は病気ではないと思っていると、慢性的な低体温症になる可能性があります。

 

 

この場合は、基礎体温が35度になってしまうので、ガンなどの疾患を発症しやすくなってしまいます。

 

 

自分は冷え性ではないと思っている人も、基礎体温を測るようにしましょう。

 

36度とか36.2度程度の方は、低体温になりやすいので、注意が必要です。

 

 

手足だけでなく、体の芯を温めることが大切です。

 

 

 

発毛のためには冷えによる不眠を解消

読了までの目安時間:約 3分

発毛のためには、冷えによる不眠の解消すべき

 

手足が冷えて寝付きが悪く、夜半にすぐに目が覚めるという方は、血流やリンパの流れが悪くなっています。

 

発毛において睡眠不足は大敵。

 

なので、冷えによる不眠を解消すべきです。

 

睡眠中の体温は一般的に低下しますが、手足は体温が高めになるので、冷たさを感じることはほとんどありません。

 

ところが、冷え症の方は、血流やリンパの流れが悪いので、手足の体温が下がってしまいます。

 

その結果、体温を上昇させる機能が活発になり睡眠を妨げるので、なかなか寝付けなかったり、すぐに目が覚めたりします。

 

薄毛化が進みます。

 

低体温になると、就寝中も神経が安まらないので、ハゲてきたり、不眠を訴える方が多くなります。

 

冷え症は病気ではないからといって、症状をそのまま放置していると、血流やリンパの流れが悪くなり、低体温が原因で不眠症など色々な病気を発症してしまいます。

 

特に女性の場合は、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうので、薄毛が急速に進む危険性もあるので、注意しましょう。

 

女性は男性と違って、妊娠や出産による体調の変化も関係しています。低体温になると、自律神経の乱れが起りやすくなり、女性ホルモンのバランスにも悪い影響を与えてしまいます。

 

ですから、肌が荒れて、髪は抜けるなどで、体調不良と重なって冷え性も悪化してしまいます。

 

低体温が原因で不眠症を発症するだけでなく、自律神経や女性ホルモンのバランスを崩して体調不良が悪化すると、さらに厄介な病気になる可能性もあります。

 

日頃から、体温調節が上手く行くようにまわりの環境や生活のリズムを整えることが大切です。

 

特に栄養バランスを考えた食事を摂るようにしましょう。

 

夏場に冷たい飲み物や食事を摂りすぎると、体温調節が悪くなるので、できるだけ温かい食事を摂るようにしましょう。

 

冷えが薄毛の原因となるので注意しましょう。

 

 

 

薄毛を呼ぶ冷えの原因

読了までの目安時間:約 3分

ハゲを治すために冷え症の原因をさぐる

 

一般的に体の冷えが原因で起る体調不良を冷え性と言います。

 

冷え性の人はハゲや薄毛になりやすいです。

 

その症状には、薄毛や抜毛だけではなく、肩こりや頭痛、腰痛などがあります。

 

太りやすくなったり、手足のむくみや不眠の症状もあります。

 

女性に多い症状ですが、生理痛がひどくなったり、更年期障害で体調不良を訴える人もいます。

 

はっきりした治療法がなく、単に体調不良として扱われている場合が多いようです。

 

治療をしないまま過ごして、合併症状を起こしてしまうこともあります。

 

冷え性を軽く見ていると、薄毛だけではなく、いろいろな病気を発症することがあるので注意しましょう。

 

昔から、体の冷えで悩んでいる女性が多いのですが、適切な治療法がなく、体質的なものとして扱われて来ました。

 

生活環境の変化で、夏でも涼しい部屋にいることが多くなったので、季節を問わずに体調不良で悩む女性が増えています。

 

ハゲが進行しないように、また、他の病気を発症しないように、体を冷やさないことが大切です。

 

頭痛や肩こり、腰痛がある方は、肩や腰をできるだけ冷やさない工夫が必要です。

 

夏場はエアコンの風が直接体に当らないようにしましょう。

 

最近は、薄手で保温効果のあるインナーが人気です。冬場の寒さを乗り切るために保温効果のあるインナーを身に付けてみてはいかがですか。

 

重ね着ができるように薄手になっているだけでなく、おしゃれなアウターにもなります。

 

発毛を目差す人は、体をできるだけ冷やさないようにして生活することが大切です。

 

発毛のためにも、また、他の病気を発症しないように日頃から生活習慣にも気を配りましょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報