薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

冷えがあるとヘアケアの効果が出てこない

読了までの目安時間:約 3分

c6e85bfd0fd9d953c7a7379b0f6064a6.jpg

髪と肌トラブルと冷えの関係

髪の毛のトラブルや色々な肌トラブルで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 

エイジング対策にも心がけて、日頃からヘアケア対策をしているのに、

あまり効果がないという方は、冷え性の症状がないかどうか、考えてみましょう。

 

 

体の冷えが原因で、血流やリンパの流れが悪化すると、

髪の毛の成育に重要な酸素や栄養素が循環しなくなります。

 

 

その結果、酵素の働きが鈍り、髪の毛の成長サイクルや肌のターンオーバーが乱れてしまうので、

いろいろな髪と肌のトラブルを起こしてしまいます。

 

 

さらに、肌組織から余分な皮脂が分泌されて、ニキビや吹出物ができたり、脂性肌になることもあります。

冷え性は病気ではありませんが、ホルモンバランスを乱すので、

体調不良に加えて髪と肌トラブルを引き起こす原因にもなっているのです。

 

 

 

それでは、髪の毛と肌トラブルを抑える方法をご紹介しましょう。

まず、ヘッドマッサージです。

頭皮マッサージともいいます。

 

 

猪毛ブラシか指で、頭皮をやさしく刺激します。

顔のマッサージも、実行しましょう。

 

 

いつもよりも丁寧に、顔全体を揉み解すようにマッサージすることが大切です。

耳の付け根から首筋や肩にかけては、リンパの流れに沿って、

やさしくマッサージしましょう。

 

 

首や肩のこりもほぐれるので、血流やリンパの流れが改善され、

髪の毛の成育や、病気の予防にもなります。

夏場は特に、エアコンの冷気を首や肩に当てない工夫が必要です。

 

 

リネンやコットンのマフラーを使ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、冬場は、体温を逃がさないヒートテックの下着やインナーを身に付けるといい。

 

 

体温調節が上手く行くので、冷え性の予防になります。

ショウガの成分を取り入れると健康的に体温をアップできますよ。

冷え取りで薄毛対策

読了までの目安時間:約 3分

薄毛対策としての「冷え取り」

 

最近は男女を問わず育毛剤を使用している方がずいぶん増えているようです。

 

男性だけでなく社会で仕事をするOLにも薄毛の症状がでてきているのです。

 

ストレス等で薄毛になりがちですが、薄毛やハゲは人に疲れた、老けた印象を与えてしまいます。

 

サワヤカナ女性、はつらつとした男、いつも前向兎を目指す人であるなら薄毛の対策を考えなくてはいけません。

 

でも、薄毛や抜け毛の特効薬はありません。

 

薄毛のメカニズムも徐々に解明されつつありますが、今なお研究途上です。

 

抜け毛の原因としては、遺伝や加齢、生活環境、食生活、病気、ストレスなどが考えられています。

 

食生活に気をつけたり、ストレスをなくすことで薄毛対策をして、ハゲないようにしたいものですね。

 

発毛にとって重要なのは、たんぱく質、亜鉛、銅、ビタミンA、C、B群です、

 

亜鉛は、牡嘱、玄米、そば粉、ゴマ、アーモンド、小魚、海藻、緑茶などにに含まれています。

 

ところが、こういった発毛にとって有効な食べ物も、食べ過ぎは良くないのです。

 

育毛漢方の知恵は「食べすぎないように」と警告しています。

 

漢方ではバランスを重視するからです。

 

一般に食べ過ぎると「冷え」を呼びます。

 

そして体に「冷え」の症状が出ると、抜け毛、薄毛が進行します。

 

冷えを早めに解消することが大事なのです。

冷えと薄毛は関係が深いのです。

 

言いかえると、身体が適度に暖かいと、発毛に適した条件となります。

冷え対策をすべき初夏

読了までの目安時間:約 2分

冷えは冬だけではないのが、現代の日本なのです。

 

 

今日は平成25年5月21日ですが、日中は、初夏の暑さです。

 

 

沖縄はもう、梅雨の季節になったとか。

 

 

季節は初夏でも、冷えは起こるのです。

 

 

おそるべきは冷房設備。

 

 

冷房のおかげで5月でも冷えないように注意しておくべきなのです。

 

 

冷えによって内臓の機能が落ちて、ハゲや薄毛、脱毛につながりかねないです。

 

 

冷えを起こさないように、冷房対策を自分なりにしておくべきです。

 

 

対策の一つは、ショウガを食べるべきです。

冷え性の対策

読了までの目安時間:約 3分

冷え性の対策

 

 

起きてからすぐは、体調が悪いという方もいます。

 

冷え性だったりすると、頭がすっきりしないし体も重く感じるでしょう。

 

 

手足が冷たいまま、過ごしていると、体温が下がってしまいます。

 

 

朝から手足や体が冷たい方は、風邪のウイルスや他の病気に抵抗力がなくなります。

 

 

起きた時に体が温まっているように工夫した方がいいでしょう。

 

 

特に冬場は布団の中から出ると、急に体温が下がるので、ソックスやカーディガンを置いておけば助かります。

 

 

さらに、夜半にトイレに行く時も、ソックスかルームシューズを履くようにしましょう。

 

 

少しの間でも、体温を下げてしまうので注意が必要です。

 

 

フリース製のレギンスは下半身を温めるので便利です。

 

 

特に寒さが厳しい時は、洗面所やトイレを温めることも大切です。

 

 

瞬間的に温める暖房器を利用するといいでしょう。

 

 

寝ている間に水分を失っているので、起きたら水分を補給する必要があります。

 

 

血流やリンパの流れが良くなるので、冷え性や他の病気の予防になります。

 

 

起きてから、手足が冷たかったり、体が冷えている時は、軽いストレッチをして、体を温めるといいでしょう。

 

 

手首や足首回し、指伸ばしなどは、すっきりした目覚めにも効果があるので、試してみましょう。

 

 

手足が冷たくてて寝付けなかったり、日中も体の冷たさを感じる方は、冷え性から他の病気を発症する恐れがあります。

 

 

できるだけ早く医療機関で診てもらいましょう。

 

 

最近は、漢方療法などを取り入れた治療もできます。体調不良から他の病気を引き起こさないことが大切です。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報