薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛の酵素は「冷え」を遠ざける

読了までの目安時間:約 4分

薄毛の原因に「冷え」をあげている人は多いのです。

 

私も「冷え」は薄毛のもとになると判断します。

 

ハゲの大きな原因となる低体温の症状や、「冷え」をなんとしても解消すべきです。

 

この低体温の症状や「冷え」は現代文明がおこした現代病ともいえます。

 

人間の体温に関して「平熱」という言葉を使うことがありますよね。

 

では、平熱というと何度くらいなのでしょうか?

 

私自身はは36.5度前後を平熱と思うのですが、人によっては、

もっと低い温度を平熱と思っている人もいることでしょう。

 

 

理想としては36.5度といわれています。

 

健康を維持するには体温が36.5度がよいのです。

 

36.5度になると、 免疫力が一番強くなるのです。

 

Fotolia_54730426_XS.jpg

 

ほかにも、 新陳代謝が良好である。

 

血行が良好である。

 

精神面が平安である。

 

酵素が活性化する。

 

などのコンディションが得られるのです。

 

つまり、育毛に直接関わりる身体コンディションを作ることができますね。

 

薄毛が進行した原因が栄養不足のときは、血行が悪くなりますから、

それが、新陳代謝の悪化を招き、毛母細胞に栄養が届かなくなる。

 

 

そうなると、毛根も弱り切ってしまうわけです。

 

とても元気よく育つことは無理です。

 

栄養不足をもたらす条件として、酵素の働きがとても大事なのです。

 

少なからず、酵素の働きが不十分なことから栄養不足状態になっているのですよ。

 

人間の体内で起こる化学反応はすべて酵素が触媒として働くことで成し遂げられます。

 

食べた食物が身体の一部を作っていくのは、酵素の働きなのです。

 

髪の毛も身体の一部です。

 

酵素の働きが重要ですね。

 

酵素の働きは体温が一度下がると50%も低下するのです。

 

ですから、決して体温を下げないようにしましょう。

 

「冷え」は大敵なのです。

 

野草酵素は生きた野菜のパワーがありますね。

 

野草酵素|酵素八十八選

IMGP0580.JPG

毎日飲むことです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報