薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

女性の薄毛対策はホルモン対策が必須です。

読了までの目安時間:約 7分

薄毛の原因としてのホルモン対策。

 

 

女性の薄毛を改善するために。

女性の髪の毛の悩みとホルモンの知識を身につけましょう。

 

 

女性の薄毛は治りやすいので、安心して育毛にとりくみましょう。

男性はホルモンの関係で、育毛が容易ではないです。

 

 

また、女性の薄毛は、あまり「からかい」の対象にはなりません。

男の若ハゲの場合は「からかい」の対象になります。

ピエロです。

 

 

平気で人の気にしていることをからかう無神経な人物がいるのです。

 

「オッ?、お前、最近一段と光が増して来とるぞ、ヒッヒッヒッ・・・」

 

などと、大勢の人の前でハゲの人をからかって、悦に入るひとがいるのです。

 

からかわれるのがイヤなら、男性は必死で髪の毛を生やさないといけないのです。

悪魔のような人物の餌食にならないためには・・・・。

 

さて、抜け毛や薄毛は男性ホルモン(テストステロン)と深い関わりがあることがわかっています。

 

女性の髪のトラブルは加齢によって、若返りホルモンといわれているDHEAをはじめとする様々な、

ホルモンの分泌が低下することに原因があるわけです。

 

 

 

抜け毛や薄毛は様々な要因が絡み合っているので一概に原因を追究できないのが難しい部分です。

 

薄毛に悩む40歳代、50歳代の女性の、一つの典型的なパターンとしてあげられるのが自分の髪の毛は、

いつまでもあって当たり前という気持ちが男性よりもずっと強い。

 

ですから、抜け毛や薄毛がいったん発生すると髪の毛に異常事態発生と、深刻に悩むことが多いです。

 

 

前髪をアップにするようなスタイルがたいへんセットしづらくなったり、

おかしいなと感じて、鏡で見たり束ねてみたり。

 

 

異常を感じたころには、前頭部以外の場所の髪の毛も、ある程度細く、少なくなってきているというケースや、

すでに髪の毛が頼りなかったり地肌が透けたりするのが目につき、ショックを受けます。

 

 

原因はいくつか考えられます。

白髪染めが原因の場合もあります。

 

 

市販の白髪染めが髪の毛を細く弱弱しくしてしまいます。

ヘナで白髪は染めるべきです。

 

 

女性の薄毛が振興した場合には、できれば専門家であるクリニックに相談すべきであり、

女性ホルモン減少による抜け毛や薄毛に関しては専門家の意見をきくのが、髪の毛復活の一番早道です。

 

 

最近、イソフラボンが女性の体に対して大切な働きをもつ物質として話題になりました。

 

 

イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれる物質で、イソフラボンをメインにした健康食品やサプリメントなども各種販売されており、

女性ホルモンとの関係もありその摂取量についてはいろいろと意見があります。

 

個人の勝手な判断で摂取して悪化するケースも考えられますので、専門家に相談するようにしましょう。

 

男性型脱毛症に関して、ここで説明しておきましょう。

 

前頭部や頭頂部の毛髪は男性ホルモンによって発育が抑えられやすいといわれています。

 

人により、いくらかの微妙な違いはあるものの、初めは前頭部か頭頂部からしだいに薄くなるケースが多い。

 

 

側頭部や後頭部はハゲにくく、中央部近辺はかなり地肌が透ける状態になった人でさえ、

側頭部や後頭部は黒々として毛髪が残っていることが多いのです。

 

 

このような状況は、前頭部や頭頂部にある頭髪の男性ホルモンの感受性によるものといわれています。

 

 

現在注目されている対策の一つに「自毛の生きた皮膚を移植」するという手術(皮弁移植術)があり、

これは側頭部や後頭部に残った毛を周囲の皮膚とともに、毛が消失した前頭部や頭頂部の場所に埋め込むという手法となります。

 

 

植毛法をとることで、抜けやすい場所に植え替えられたのに、毛髪は場所に影響されずに生えつづけるということもあり、

その結果前頭部や頭頂部に生える毛髪は他の部分と比べて特別であり、男性ホルモンが髪の毛の成長ということでなく、

どちらかというと抑制のほうに働いているのではないかと考えられています。

 

 

男性ホルモンをブロックするプロペシアと、頭皮の血行をよくするロゲインの併用で「毛髪のトラブルが改善した男性が多い」という報告がありますが、

 

こちらは残念ながら両方とも女性には使えません。

 

女性は注意すべきです。

ホルモンにアプローチするプロペシアは胎児への影響が考えられるため、

妊娠中の女性は服用しないようにせねばなりません。

 

 

平成27年8月現在では女性用の育毛サプリ「ビアンド」がすごくいいです。

 

漢方育毛法をこのサプリなら一つで実践できると言ってもいいのです。

 

男性の私も飲んでいますが、漢方で重要な黒色の育毛成分が各種入っています。

まずは3か月飲むことですね。

 

 

 

女性の薄毛対策の秘訣は何なのか

読了までの目安時間:約 5分

女性の薄毛の悩み解消について回答を願いたい。

(回答)

私は長年、薄毛、ハゲ対策を研究・実践してきました。

そのなかで女性の薄毛の悩みが非常に多いことを知りました。

まさしく「死にたいほどの悩み」の場合もあるわけです。

女性の髪の毛は、動物学者に言わせると、

「男性を魅惑するための道具」

ということです。

ということは、その道具である髪の毛が、薄く、乏しいようですと、男性を引き寄せることができないわけです。

これは苦しいのです。

抜け毛や薄毛は男性ホルモン(テストステロン)と深い関わりがあることがわかっています。

女性の髪のトラブルは加齢によって、若返りホルモンといわれているDHEAをはじめとするさまざまなホルモンの分泌が低下することに原因があるようです。

薄毛の要因はは様々なものが関連しあっており、簡潔に原因を追究できないものです。

薄毛に悩む40歳代以上の女性の、一つの典型的なパターンとしてあげられることがあります。

ヘアセットをしてもらっている女性

それは、髪の毛は、いつまでもあって当たり前という気持ちが男性よりも強いため、自分の髪の毛の薄毛がいったん進行すると、

自分の髪の毛が異常事態陥っていると悩むことが多いのです。

前髪をアップにするヘアスタイルが妙にセットしづらくなったり、おかしいなと感じる。

そこで、鏡で見たり束ねてみたりすると、そのころには前頭部以外の場所の髪の毛も、

ある程度細く、少なくなってきているというケースがあるのです。

また、髪の毛が細く頼りなかったり地肌が透けたりするのが目につくようになります。

それを美容院で指摘され、ショックのあまり失神した例を私は聞いたことがあるのです。

こういった薄毛の進行が感じられたときは、専門家であるクリニックや皮膚科に相談しましょう。

私も皮膚科の先生に診てもらい育毛のアドバイスを受けたことがあります。

やはり自分の発毛にとっての参考になりました。

女性ホルモン減少による薄毛と抜け毛については、専門家の意見をきくのが一番ですし、ネット上での情報収集もたいへん役立ちます。

育毛の栄養としてですが、イソフラボンというものが女性の体に対して大切な働きをもつ物質として話題になっています。

イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれ、イソフラボンを中心にした健康食品やサプリメントなども多く販売されています。

女性ホルモンとの関係もありその摂取量について、さまざまな意見があり、

個人の判断で摂取して体調が悪化するケースもあるので、必ず専門家に相談してほいいのです。

男性型脱毛症については、男性ホルモン説では、前頭部や頭頂部の毛髪は男性ホルモンによって発育が抑えられやすいといわれています。

個人差があり、違いはあるものの、初めは前頭部か頭頂部からしだいに薄くなっていくケースが多いのです。

側頭部や後頭部はハゲにくく、中央部近辺はかなり地肌が透けてみえるような状態になった人でさえ、

側頭部や後頭部は黒々として毛髪が残っている人が多いです。

これは観察するとわかることです。

その理由は前頭部や頭頂部にある頭髪の男性ホルモンの感受性によるものなのですが、

現在注目されているハゲ対策の一つに「自毛の生きた皮膚を移植」するという手術(皮弁移植術)があるのです。

側頭部や後頭部に残った毛を周囲の皮膚とともに、毛がなくなった前頭部や頭頂部の場所に埋め込むという植毛技術です。

この植毛技術によって抜けやすい場所に植え替えられたのに、その毛髪は場所に影響されずに生えつづけることになるとか。

その結果前頭部や頭頂部に生える毛髪は他の部分と比べて特別であり、男性ホルモンが髪の毛の成長ということでなくどちらかというと抑制のほうに働いているのではないかと考えられるわけだ。

また、男性ホルモンをブロックするプロペシアと、頭皮の血行をよくするロゲインの併用で毛髪のトラブルが改善した男性は多い。

私の身の回りでも複数名、かなりの改善をしていますね。

私の身の回りの人で、髪の毛が復活した人もいますが、自分は精子減少が嫌なのでやめたよ。

ちなみに、プロペシアもミノキシジルも、女性には使えず、男性のハゲ専用なのです。

ホルモンにアプローチするプロペシアは胎児への影響が考えられるため、妊娠中の女性は服用してはなりません。

女性には、漢方による育毛方法をお勧めしたいのです。

女性用の育毛法のテキストを私も購入しましたが、内容はわかりやすいです。

女性の薄毛対策も一生続くと思うので、今のうちに購入して、サイエ式の育毛法を身に付けるのもいいでしょう。


【サイエ式】女性の育毛発毛プログラム

亚洲女性

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報