薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

女性薄毛と冷え症の関係

読了までの目安時間:約 3分

女性の薄毛と冷え性の関係

 

女性の髪と身体はは、体の冷えが原因でいろいろな症状や病気を発症します。

 

冷え性は、生理痛や生理不順だけでなく、薄毛、子宮内膜症、不妊症などの原因になると言われています。

 

薄毛だけではなく、特に生理に悪影響を及ぼすことがあるので、体を冷やさないことが大切です。

 

低体温になると、生理の時の排出機能が低下するので、子宮内の古血が排出されずに残ってしまいます。

 

その結果、子宮内に老廃物が溜まり、子宮内膜症や子宮筋腫、卵管狭窄などの婦人病を発症することがあります。

 

さらに、冷え性が原因で自律神経のバランスが乱れると、ホルモンバランスも悪くなるので、卵胞刺激ホルモンも減少してしまいます。

 

このように、冷えは薄毛と、女性特有の病気を発症する原因になっています。

 

低体温は婦人病の原因になることが多いので、日頃から、体を冷やさないようにすることが大切です。

 

日頃から、体を温める飲みもや食べ物を積極的に摂りましょう。

 

また、体温を逃がさないヒートテックのインナーを身に付けたり、エアコンの風を直接体に当てない工夫も必要です。

 

さらに、寝室やリビングの温度だけでなく湿度にも気を配りましょう。

 

とにかく、体を冷やさないようにすることが大切です。

 

婦人科の病気治療には、冷え性を改善する対策が必要です。

 

最近は、漢方薬などを使う東洋医学も見直されています。

 

また、低体温症を発症しないように、生活習慣や食生活に気を配り、

血流やリンパの流れを良くするストレッチやウォーキングを推奨しています。

 

 

私は冷えの解消には、足湯がおすすめです。

 

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報