薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

就寝中の冷え症解消

読了までの目安時間:約 3分

就寝中におこる冷え性対策

 

 

体温調節で問題なのが、就寝中の冷え防止です。

 

 

特に冷え性の方は、寝ている間に体温が下がり、なかなか寝付けなくなってしまいます。

 

 

このような状態が続くと、不眠症や他の病気を発症することがあるので、体温調節が必要です。

 

 

a0001_017093.jpg

就寝中は、自然に体温が下がるので、体を温める必要があります。

 

 

特に低体温の方や体調の悪い方は、朝の起床時まで体温調節をすることが大切です。

 

 

ぐっすり眠れることで、冷え性だけでなく、いろいろな病気を予防する効果があります。

 

 

寝具に関しては、毛布を利用する方が効果的です。できたら、ダブルサイズの毛布を使いましょう。

 

 

敷布団と掛け布団の隙間を作らないことがポイントです。

 

 

掛け布団をかける前に、毛布の端を敷布団の下に入れておけば、隙間がなくなるので、風を通しません。

 

 

薄めの布団を数枚重ねた方が空気の層を作るので、温かさを逃しません。

 

 

コットン100パーセントの毛布なら、肌触りが良く吸湿性にも優れています。

 

 

足先が冷える方は、バスタオルなどを置いておくと、温かいでしょう。

 

 

就寝中は体温が下がるので、首から肩にかけて冷たさを感じる方がいます。

 

 

できるだけ保温をした方がいいでしょう。そこで、便利なグッズをご紹介しましょう。

 

 

冬場など、室温が下がる時は、保温用のナイトキャップがおすすめです。

 

 

さらに首や肩が冷える方は、リネンやコットンのマフラーをゆったり巻いておけば、通気性が良く温かです。

 

 

手先が冷たい方は、フリースのミトンを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

就寝中に体を冷やさないようにすれば、体調不良やいろいろな病気を予防することができます。

 

生姜は冷えを取るには基本的な食材ですね。

 

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報