薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

冷えと慢性関節リウマチ

読了までの目安時間:約 3分

慢性関節リウマチと冷え性の関係

 

リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

 

慢性疾患の中で、特に30代から40代の女性が発症する慢性関節リウマチは、体の冷えが原因になると言われています。

 

症状としては、激痛や関節の歪みなどがあり、日常生活に支障をきたすだけでなく、他の病気を発症することもあります。

 

慢性関節リウマチは、症状を緩和する治療法がないので、悪化させないことが大切です。

 

はっきりした原因が見つかっていませんが、体の冷えから血流が悪くなり、末梢神経を刺激することが確認されています。

 

初期症状は、手足がしびれたり、関節が硬くなったりするので、他の病気の合併症と勘違いされることがあります。

 

冷え性や低体温の方が慢性関節リウマチになると、症状が更に重症化すると言われています。

 

ですから、冷え性を改善して血流を改善すれば、慢性関節リウマチの重症化を防ぐことができます。

 

病気の原因がはっきりしていないので、生活習慣や食生活などを重点的に改善することで、症状を軽減させる治療が行われています。

 

たとえば、体を冷やさない食品を積極的に選んだり、体温調節のできるインナーを身に付けるなど、体温を逃がさないようにすることが大切です。

 

慢性関節リウマチは、食欲不振や筋肉痛、微熱など風邪に似た症状が続くこともありますが、手足がしびれたり、関節が硬くなる症状があります。

 

症状が長引いたり、悪化している時は、自己判断をしないで、できるだけ早めに医療機関で診てもらった方がいいでしょう。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報