薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

冷えとり発毛と更年期障害

読了までの目安時間:約 3分

更年期障害の症状と薄毛と冷えの関係

 

薄毛と冷え性と更年期障害には、それぞれに関連性があると言われています。

 

もともと、手足を冷たく感じている方は、年齢と共に冷えの症状が悪化していきます。

 

そして薄毛やハゲになりやすいです。

 

これは、閉経期前後から卵巣ホルモンのエストロゲンが減少するので、体温調節が上手にできなくなるからです。

 

以前は、冷たく感じなった方でも、閉経期前後に手足が冷えるようになることがあります。

 

さらに、急に発汗したり、手足だけ冷たく感じて困るという方もいます。

 

血行が悪いと、頭皮にも血液がうまく潤滑にめぐらず、ハゲをまねきます。

 

冷えは、エストロゲンの減少が原因で、体温調節だけでなく、発汗調節も乱れているからです。

 

一般的に更年期障害の症状には、個人差があると言われます。

 

自律神経の乱れで体調不良を起こし、髪の毛のトラブルや、他の病気を引き起こしてしまう場合もありますが、それほど支障なく暮らせることもあります。

 

ですから、更年期障害は、誰にでもある症状ではないということです。

 

さらに病気ではないので、体調不良を見過してしまうことがあります。

 

特に、普段から冷え性の症状がある方は、脱毛や白髪だけではなく、思わぬ病気を発症する危険性があるので注意が必要です。

 

更年期障害の症状は、人それぞれ違うので、治療方も異なりますが、あまり我慢せずに軽い症状がでたら、専門医の受診をした方がいいでしょう。

 

最近は、更年期障害を専門にする診療機関があるので受診しやすいでしょう。

 

漢方療法や心療療法でも、適切な治療ができるので、髪の毛のトラブルや、不眠症や腰痛などの他、生活習慣病などの慢性的な病気を引き起こしたりしないようにしましょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報