薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

気管支炎と冷え性

読了までの目安時間:約 3分

気管支炎と冷え性の関係

 

冷え性が原因で気管支炎になる女性が増えています。

 

特に低体温の症状がある場合は、日常的に血流やリンパの流れが悪いので、風邪のウイルスを吸い込むと、

一気に気管支炎などの病気になってしまうことがあります。

 

気管支炎は、風邪やインフルエンザなどのウイルスによる急性疾患と、慢性疾患があります。

 

息切れがしたり、呼吸困難になったりしますが、慢性気管支炎の場合は、原因がはっきりしていません。

 

ヘビースモーカーに多いのが特徴です。

 

気管支炎は、気管支が炎症を起こして発症する病気です。

 

冷え性や低体温の症状がある場合、軽い風邪の症状でもかかる危険性があります。

 

普通から血流やリンパの流れが悪いと、発汗作用が低下するので、

体内に余分な水分が残り、むくみやだるさを感じやすくなります。

 

このような症状が続くと、溜まった水分が肺や気管支に流れて行くので、

粘膜を刺激して負担をかけ過ぎるため、炎症を起こして発熱してしまいます。

 

要するに、冷え性や低体温の症状がある人は、血流やリンパの流れだけでなく、

水分の流れも悪くなるということです。

 

肺や気管支の粘膜を傷つけないために、水分の流れを良くする必要があるので、

発汗作用のあるエクササイズやウォーキングを取り入れましょう。

 

特に、汗をかきにくい冬場は、毎日、時間を決めて発汗作用のある運動をする必要があります。

 

冷え性は、病気ではありませんが、いろいろな疾患を促します。

 

日々の生活の中で基礎体温を下げないようにしましょう。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報