薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛と発毛と消化酵素

読了までの目安時間:約 3分

育毛と発毛と消化酵素の関係。

 

 

消化酵素とは、口の中の唾液や胃液、すい臓にあるすい液などに含まれそれぞれの器官で消化の役割を果たしてくれています。

口の中では、唾液が食べ物を消化する役割を持っています。

 

 

唾液の中にはアミレーゼという消化酵素があり、でんぷんをブドウ糖に分解する作用があります。

また、胃の中には胃液があり、食べ物を分解しています。

胃液の中の消化酵素はプロテアーゼと言われ、タンパク質をアミノ酸に分解してくれます。

 

 

胃が健康な状態であればプロテアーゼの分泌も正常値で、お肉や魚をしっかりと分解してくれるでしょう。

薄毛対策や発毛に良いイワシやサケを食べても、消化できなければムダですからね。

ココ。ポイントです。

 

 

せっかくの育毛成分を無駄にしないためには「消化する」ことが大事なのです。

また、主にすい臓のすい液の中にあるリパーゼは脂肪を脂肪酸に分解してくれます。

すい臓機能を正常に保ってくれています。脂肪分解が十分であれば、ビタミン吸収もきちんとできるでしょう。

 

 

ビタミン類では、ビオチン、ビタミンE、ビタミンCは発毛に有効なのです。

この3つの酵素が代表的な酵素で、食べ物をしっかり分解できると、内臓への負担も少なくなります。

 

 

腸内環境や血液もきれいな状態になり、ビタミンや栄養素をあらゆる細胞に運んでくれるようになるのです。

細胞がいきいきとすると、発毛も期待できますよね。

また、この3つの酵素以外にも、ポリペプチドをアミノ酸にするアミノペプチダーゼや、

マルトースをブドウ糖に変えるマルターゼなどの消化酵素もあります。

 

 

このような、消化酵素が不足すると、せっかくビタミン摂取を心がけていても、

うまく吸収できず育毛やアンチエイジングも期待できません。

 

消化酵素でビタミンや栄養を吸収しやすい体作りをし、薄毛対策をしてみてはいかがですか?

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報