薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛栄養成分を日常生活の中で摂る工夫

読了までの目安時間:約 2分

育毛漢方で使用する「育毛成分」にはおやつになるものがあります。
どうせ食べるのなら、髪の毛を生やすやめに役立つものがいいのです。

 

わたしのおやついは、カボチャの種、なつめ、紅クコなどです。
あと、アーモンド、ピーナッツ、クルミなどもよく食べます。

(平成28年1月1日のおやつ撮影)

 

 

緑色はカボチャの種
赤色は紅クコ
黒色はなつめ
今日これらを食べたからといっても、明日、ハゲが治り髪の毛が生える訳ではないです。

 

 

でもね。
積み重ねですよ。

 

 

育毛サプリや育毛コラーゲンはもちろん摂取しつつ、
おやつでも、こういう育毛成分を摂ることで、

 

 

「おおっ、気づいたら生えていた!!」

 

 

と驚きと、喜びに声を上げる日が来るのです。

漢方の育毛法なら髪が生える

読了までの目安時間:約 6分

漢方をメインに、育毛剤と育毛シャンプーも使用する方法がいいでしょう。

 

漢方療法ヲメインにして育毛を成功させましょう。

安全・確実です。

 

まず、漢方療法では口から飲むもので髪を生やすことを重視します。

医薬品以外によるもので、「育毛に効いた」といわれるものも多いのですが、

世間で騒がれるにしては効果の少ないものが多いのです。

 

 

健康雑誌や発毛の有料情報などでは、数々の育毛ノウハウが語られていますが、効果を測定するのが難しいという面もあります。

私自身も、何種類ものサプリメントを摂取しているので、何が効果があったのか、正確に判断するのは困難なのです。

 

 

育毛剤、育毛シャンプー、サプリメントについていえば、どれもが測定困難です。

育毛剤と育毛シャンプーの雑誌があります。

 

『男のヘアケア完全読本』です。

 

2007年10月1日出版。成美堂出版。

 

では、髪の毛の生えるメカニズムやカツラ、植毛などの項目は省きまして、

「髪の毛が生える」

ことにポイントを置いて、この雑誌を読み解いてまいりましょう。

 

と言いたいのですが、なにせ、「育毛剤」と「育毛シャンプー」のオンパレードであり、

育毛剤の広告と記事が合体したような感じですね。

 

 

育毛剤ランキングのような感じです。

育毛剤はいろいろとありすぎて、混乱しますね。

ネットで購入するときくらいの数が雑誌に掲載されてます。

 

 

結局は、その育毛剤の成分や効能を見ても、なかなかわからない部分が多いのです。

個人差があり、誰にでも一番良いという育毛剤はないはずです。

私は数種類の育毛剤を使用しています。

でも、あまり期待はしていません。

 

 

遺伝的な薄毛体質を持っているせいです。

単に血行不良でハゲたのなら、それなりの育毛剤を使用することです。

育毛剤のみでは、髪の毛は生えません。

 

雑誌には1本3万円以上する育毛剤「薬用マイヘアーゲン501」

などというものもありますが、この高価な育毛剤が、「サクセス」より良いかどうかは、わからないのですよ。

 

 

これは、本当にそうです。

抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりません。

 

 

次に上げられるのは、皮脂過剰です。頭皮の皮脂には、ほこりや細菌がこびりつきます。

 

これは、普段の簡単な洗髪では取り除くことができません。困ったことに、

毛穴に皮脂がこびりつくと育毛剤をつけても毛根に届かないので、治療効果も半減してしまいます。

 

 

抜け毛の原因として、帽子やヘルメットなどの着用もあげられます。頭皮が蒸れやすいため、

毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなる要因だと考えられています。

 

 

仕事上、帽子やヘルメットを長時間着用しなければいけない場合には、

シャワーなどでよく汚れを落とし、清潔を保つようにしましょう。

 

 

この雑誌で、役立ったのは、サプリメントですね。

成分では、ノコギリヤシ、イチョウ葉エキス、ウコン、アミノ酸、黒大豆、など。

 

 

基本はスピルリナとレシチン、ビタミンEですが、余裕があればプラセンタやアミノ酸などは良いものといえるでしょう。

 

 

平成27年10月現在で使用しているもののなかで、一つの商品の中に各主成分が配合され、

育毛の手ごたえの大きい感じがするのは、

この育毛サプリメントです。

 

 

右矢印1 この育毛サプリが役立つ

 

 

 

漢方では「血液を変える」のです。

すなはち、

「ハゲる血液」を「生える血液」にする。

 

 

血液を改善し、内部からの発毛を重視しますが、

外部からの作用もあったほうがいいのです。

 

 

たとえば、髪の毛のマッサージとしてヘアエステが人気のようです。

これは気持ちよさそうです。

 

 

短時間なら散髪時に理容室でやってくれますが、頭皮マッサージを30分くらいやってくれれば、天国気分でしょう。

血行も良くなり、育毛効果がでることと思います。

 

 

ただし月に1度では効果ないので、自宅で毎日コツコツと頭皮マッサージをすることですね。

 

 

あまり強くもむと逆効果なので注意し、ソフトにもむことです。

私は買っていないけど、機械もあるんです。

発毛サプリメントと野菜スープのコラボで育毛だ

読了までの目安時間:約 7分

発毛サプリメントと発毛スープ

 

 

抜け毛には発毛サプリメントや育毛剤は必須です。

私は、「お金の余裕が、頭髪の状況に反映される」と思います。

 

 

お金の余裕により、頭髪の格差が生じているのです。

 

 

女性の顔の美しさも、お金の余裕があり、化粧品や美容整形などに、

あるいはエステ費用などを出せる女性はキレイをキープしやすいのですね。

 

 

育毛、発毛も、お金がかかります。

サプリメントや育毛によい栄養摂取をケチっていては髪の毛は、生えにくいです。

 

 

育毛に関する情報や発毛サプリメント、育毛剤には、ある程度お金は投資しないとだめだと思っています。

日常の食生活でも、髪の毛によいものを選択できる余裕は必要なのですよ。

 

 

たとえば、野菜スープが髪の毛には効くということを知ったとき、すぐ実行できる態勢にあるかどうか。

野菜スープとはダイコン、ゴボウ、ニンジン、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけ。

 

 

一時期大ブームを呼んだ「野菜スープ」です。

ブームは過ぎましたが、その育毛効果は本物と私は判定しています。

野菜スープは、多くの症状に効き目があります。

 

 

抜け毛に対しても、効果があると体験談は聞かれるのです。

体験談は43歳男性。

10年前から前髪が薄くなってきて気にしていた。

 

 

その男性は次のように、野菜スープの育毛効果を語る。

 

 

~引用ここから~

 

「抜け毛がおさまり、なんと最近は産毛が生えてきました。

若返り現象で、毛根が活発に活動しだしたのが自覚されます。

 

 

さらに天然パーマのような髪質の悪い縮れ毛が、このごろはまっすぐな健康な毛になってきました。

そういえば、ストレス性の下痢も治り、習慣化しつつあったギックリ腰まで、最近は影をひそめてしまいました」

 

~引用 ここまで~

 

この体験者は、1日最低マグカップ1杯を飲むという。

 

 

一時期、この野菜スープは大人気であったが、発案者が少しいかがわしい人物であり、そのことが一つの原因で人気は下火になったという私の記憶があります。

もったいないことです。

 

 

以前にも(平成19年はじめ)、納豆がダイエットに効くというのがテレビ局の「やらせ」だったということで、

爆発的な人気のあと、急速に納豆の評価が下がるという出来事がありました。

 

 

決して納豆のパワーは少なくないのに、そんなことで関心をもった納豆をたべなくなる、というのはもったいない。

この野菜スープも同じ。

 

 

髪の毛をはじめ、体にとって悪いはずがないのです。

髪の毛にも効くことは決まっています。

 

 

一時期、(平成16年ころ)、ネット上で「ハゲなんか、すぐ治る。野菜ジュースを毎日飲めばよい」ということに論議が起こっていました。

野菜ジュースだけで髪の毛が生えるとは私は思いません。

 

 

しかし、コーラや缶コーヒーを飲むのと、野菜ジュースを飲むのとで、髪の毛にどういう違いが起こるかを考えれば、答えは明白でしょう。

飲む人が、遺伝的若ハゲの体質でなければ、どちらも大きな違いが髪の毛に現れることはないかもしれません。

 

 

しかし、その人が、遺伝的に抜け毛体質であったなら、コーヒーを飲むのか、野菜ジュースを飲むのか、運命の分けれ目となります。

おそらく非常に大きな差になって髪の毛に反映されます。

 

 

ネット上では「野菜ジュースなんかでは髪は生えない」という反対意見も多かったのですが、私は以上の見地から、

「同じ飲むなら野菜ジュースを選べば髪のためによい」と判定します。

 

 

髪の毛を増やすには、情報を大量に仕入れ、少しずつこうしたことを積み重ねる必要があるのです。

しかしそのことは、後になって、大きな見返りがあるのです。

 

 

のどが渇き、何か飲みたくてコンビニに入ったとき、あなたが、遺伝的薄毛体質であったなら、

缶コーヒーではなく、ニンジンジュースなどの野菜ジュースを選択すべきなのです。

 

 

ちなみに、野菜スープの作り方はカンタンです。

ダイコン、ニンジン、ゴボウ、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけです。

 

 

私はベータ食品というところの野菜スープを通販で購入しています。

245グラム入りの缶の商品です。

 

 

味は正統派の野菜スープそのものです。

自分で野菜スープを作るのがめんどうであれば、この商品がいいと思います。

ハゲる人とハゲない人

読了までの目安時間:約 6分

ハゲる人とハゲない人

 

ハゲの原因ははっきりしないという。

 

5αリダクターゼという酵素が原因だといわれますが、「完全な理論」ではないのです。

 

ハゲの原因が明確ではないとは、私にとっては、不思議に思えますね。

 

なぜなら、高校時代の理科の授業か何かで、遺伝子によるハゲの割合のようなことが教科書に載っていたように思うのですが・・・・。

 

保健体育かも知れません。

 

ハゲ遺伝子は男性に強く現れるというようなことを学習した記憶があるのですね。

 

 

24歳で若ハゲの症状があらわれはじめて50歳になる今日まで、多くのハゲ関連情報を仕入れてきました。

 

そのハゲ情報の多くが「ハゲの原因ははっきりしません」といっていた。

 

私の見解では、

 

「ハゲは体質である」

 

ということは間違いないと考えます。

 

そして遺伝で体質は決まるのです。

 

ハゲ体質を先祖から受け継いだものは、ふつうにしているとハゲます。

 

ハゲ体質をうけついでないものは、ふつうにしていると、ハゲません。

 

これは明白です。

 

不公平ですが、しかたないのです。

 

ハゲ体質を遺伝でうけついでなければ、

 

タバコを吸っても薄毛になりません。

 

肉をガバガバ食べても薄毛になりません。

 

睡眠時間が5時間でも薄毛になりません。

 

多少のストレスくらいでは薄毛になりません。

 

頭皮マッサージなどしなくてもハゲません。

 

西洋風の食事やファーストフードを食べてもハゲません。

 

育毛シャンプーでなく、普通のシャンプーでも薄毛になりません。

 

たまに洗髪するくらいでOKです。

 

しかし、しかし・・・・・。

 

残念ながら、ご先祖様より、ありがた迷惑な部分ではあるが、ハゲ遺伝子を受け継いだ場合には、

 

一日7時間以上の睡眠をとらないと薄毛が進行します。

 

肉の多食はハゲを進行させます。

 

ストレスで髪の毛がすぐ抜けます。

 

良質の育毛シャンプーを使用しないと薄毛が進行します。

 

帽子やヘルメットで薄毛になります。

 

タバコや酒でも髪の毛の薄毛は進行します。

 

運動不足は抜け毛のもとになります。

 

肩こり、首のコリ、目の疲れ、これらがハゲを加速します。

 

コーラやハンバーガーのファーストフードが髪の毛を細くします。

 

スピルリナやレシチンなどのサプリメントをとらないと髪の毛は薄くなります。

 

新鮮な空気をたえず取り入れないと髪の毛は弱弱しくなります。

 

頭皮が緊張しないように、はえず頭皮をマッサージすることが大事となります。

 

ナイロンのブラシがハゲを促進します。

 

など。

 

薄毛体質を受け継いだら、まずはそのことを自覚する。

 

「普通にしているとハゲる」

 

ということを、つらくても認めること。

 

そこから希望は生まれるのです。

 

「じゃあ、体質を変えればいいじゃないか!!」

 

そうです。

 

体質を変えれば、ハゲません。

 

薄毛になりません。

 

体質をかえれば、髪の毛が生えます。

 

その体質改善の答えを、私は知っています。

 

それは、

 

「漢方育毛療法による薄毛体質改善」

 

なのです。

 

男性で、漢方のパワーを実感したいなら、メンズミレットコラーゲンを飲みましょう。

 

回生堂メンズミレット

女性であれば、ミレットリッチまたはミレットアルファを。

 

分け目に自信!カイセイ堂飲む育毛剤『ミレットシリーズ』

まずは3か月続ける。

薄毛を治すのは漢方育毛法だ

読了までの目安時間:約 2分

薄毛を治すのは漢方育毛療法がよいのです。

 

昭和56年から平成22年の今日まで、いろんな育毛法を実行してきました。

が、効果のある方法はかぎられています。

 

まずは食事です。

 

韓国ドラマ「チャングム」を見た人ならよくわかるでしょうが、昔は病気になったら食事で治していたのです。

 

「こういう症状になったら、こういうものを食べたらよい」

 

ということの集積が漢方にはあるのです。

 

そして、

「ハゲたら、こういう食事をしたらよい」

ということも、今現在、わかっているのです。

 

 

かなりオープンになっています。

まあ、ハゲ、薄毛の世界に、

「私だけが知っている秘密のハゲ治療法」

などは、ないのです。

 

 

ないない。

それはない。

 

そしてオープンになっている育毛法こそが、効き目のあるノウハウなのです。

 

たとえば、

納豆とキムチ

ノコギリヤシ

スピルリナ

ドクダミ

ビタミンE

コラーゲン

アミノ酸

ピーマン、いわし、さけ、ブロッコリー

ウコン

などなど。

 

 

こうしたものを着実に摂取することが、もっとも効果の高い育毛法なのです。

 

もちろん、

睡眠時間7時間以上

心の平安

肩こりの解消

などは大前提となります。

 

 

 

 

育毛漢方療法でハゲよさらば

読了までの目安時間:約 1分

漢方での薄毛対策をおすすめします。

 

あなたの育毛法が、満足のいく成果を出していないなら、ぜひ。
なにから始めたらよいのか、迷う方もいるでしょう。

 

ヒントをいいます。

 

25歳から52歳のいままでの育毛生活の結果、とっかかりとしては非常に良い方法です。
「まずはスピルリナを毎日の習慣にしましょう。」
そのためには、レポートを読んでください。

 

費用的に安価なので、すぐにスタートできますよね。
本格的な漢方の育毛サプリメントは高価格ですが内容はよいです。

 

 

漢方で髪は生える

読了までの目安時間:約 1分

漢方で髪は生える。

漢方療法の育毛法と出会えたあなたは幸せなのです。

 

 

ネットで検索して育毛剤を探しても、それほど効果は得られないでしょう。

なぜなら。

あなたのまわりに育毛剤で髪が生えた人がいますか。

 

 

いないのでは。

また、食事療法ではどうでしょうか。

何人かは髪が生えた人がいるのでは?

 

 

育毛剤では体験できない「効果的な育毛法」を漢方で体験しましょう。

まずは食べ物ですよ。

 

 

基本は、昔の日本食をイメージするとよいのです。

 

 

育毛漢方療法の秘訣2

読了までの目安時間:約 2分

育毛漢方療法の秘訣。

育毛は身体のことです。

 

 

身体のことを考えたとき、西洋的なアプローチと東洋的なアプローチがあります。

私は、漢方的、すなはち「東洋的」なアプローチがよいと体験しています。

 

 

昭和56年から漢方で育毛をしていますが、効果を実感しているからこそ、続けています。

ネットの世界で広く広告されている育毛剤などでは、残念ながら、成果を味わったことは、ほとんどないです。

 

漢方の力で「体内から」生やすことですよ。

では、その基本は?

私の重視しているのは、

どくだみ、ゴマ、レシチン の3つ。すなはちバーバラ寺岡のトータル健康法による育毛法。

 

 

また、スピルリナ、野菜類、セレン、イノシシ毛ブラシ、などの高橋由美子先生の漢方ノウハウ。

 

 

さらには、イワシ、さけ、ブロッコリーのベンジャミン・フランク先生の核酸若返り療法です。

 

 

これが、育毛には非常に良いというのが、私の体験。

 

 

 

ちなみに、育毛剤も使っています。

 

 

使わないよりは、使った方が、それは、よいのですから。

アロエの育毛剤を長年使っています。

 

 

漢方育毛の補助的なものです。

私にとって。

 

漢方のエキスを飲むのは食事前がよい理由は

読了までの目安時間:約 2分

育毛漢方においては、必要な栄養を体内に取り入れることが重要です。

 

 

体の外側から作用を加えるのではなく、体内から髪の毛を生やしていくのです。

そのためには、いろんな有効な成分を必要とします。

 

 

たとえばアミノ酸

たとえばコラーゲン

たとえばビタミンE

たとえばスピルリナ

などなど。

 

 

ではこれらの栄養をいつ体内に取り入れるのがよいのでしょう。

大きく区切ると、「食事の前」がよいのです。

 

 

空腹のときに、これらの栄養をとりいれると、吸収に無駄がないからですよ。

コラーゲンなどは、値段的にも高価であり、無駄にはできません。

夕食の前などに飲むのがベストでしょう。

 

 

量は少ないので、寝る前でもよいと思います。

コラーゲンで育毛するにはミレットコラーゲンがよいのです。

 

 

ミレットは髪の毛にはとくに効果が高いですよ。

参考 ⇒ 育毛漢方無料レポート3部作

 

 

髪の毛を増やすにも漢方の知恵

読了までの目安時間:約 2分

髪の毛を増やすには漢方の知恵が役立ちます。

漢方の育毛ノウハウは「体内から髪を生やす」点に特徴があります。

 

 

現代の日本の育毛の方法はネットで見ればわかります。

 

 

漢方の育毛法が体内から生やそうとするのに対し、「科学的」とうたった育毛法では、

 

 

低周波や高周波の電子治療機

皮脂を完全に落とす強力なシャンプー

育毛剤

頭皮の血行を良くするマッサージ機

 

などなど、体外からの育毛アプローチも目立ちます。

 

 

私も体外からの育毛・発毛アプローチを否定はしません。

髪が生えれば、それはそれでいいのです。

ところが、生えない場合が多いようにも聞きます。

 

 

これでは、育毛が継続できず、ハゲを気にした人生になってしまいます。

そこで、漢方をおすすめしたいのです。

漢方では、「ハゲた人に、こうしたら、生えた」という事例が元になっています。

 

 

ウコン

カボチャの種

ゴマ

ドクダミエキス

レシチン

スピルリナ

などなど。

 

 

こうした栄養素を体内に取り入れたら、髪の毛が生えたという事例を重視しているのです。

理論の前に、事例あり、なのです。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報