薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

薄毛を治す元気術

読了までの目安時間:約 2分

薄毛を治すには身体が元気でないといけないのです。

 

 

疲れていると、髪の毛にまでエネルギーがいかないのではないかというのが実感です。

で、

身体を元気にしておくことが、育毛の基礎となります。

 

 

食べ物で、個人的に重視しているのは「にら」です。

妻にも「ニラトン」を作るように依頼することもしばしばですよ。

にらを食べましょう。

 

 

にらは「腎」の機能を高めるほか、胃腸を温めて「気」のめぐりをよくする働きがあります。

「気」は「血」のめぐりを促す大切な先導力です。

 

 

とくに、にらの解毒作用が血液をキレイにします。

そして、きれいな血液が皮膚や髪に必要な栄養素を運んでくれますから、髪の毛フサフサ効果があるんです。

 

 

また、体が温まることで五臓が活性化され、髪の毛まで成長のエネルギーを送ることができます。

 

 

男性にうれしいのは、精力増強になることだね。

にらを食べて、老化防止、疲労回復をしましょう。

薄毛と疲労感

読了までの目安時間:約 3分

薄毛を治したいのなら疲れをを放っておいてはいけない。

 

疲れた身体では髪の毛は生えにくいです。

 

身体のエネルギーが充実していないと、髪の毛まで成長パワーが及ばないのでしょうね。

 

まずは、食べ物を見直したいね。

 

よく肉を多く食べて、魚や野菜をあまり食べないという人は、間違いなく薄毛に近づいているのです。

 

髪の毛を発毛させるために疲労回復すべきなので、青魚、EPAを摂るのが効果的です。

 

これ、大事です。

 

聞き流さないようにね。

 

EPAは善玉脂肪です。

 

つまり血液がかたまるのを防ぎ、酸素や栄養をスムーズにいきわたらせるので、髪の毛が生える条件づくりとなるのです。

 

身体のすみずみまで栄養がいきわたれば、身体のエネルギーを持つので、

疲労を回復でき、髪の毛も元気になるわけですよ。

 

「魚を食べても元気は出ない」などと肉に比べ思われがちですが、

疲れには青魚を食べるとパワーが充実します。

 

魚を食べられ場合には、EPAのサプリを代用してもいいでしょう。

 

ドラッグストアやネット販売で買えるEPAのサプリメントは数多いです。

 

サプリにて利用すれば、手軽に薄毛改善をすることが可能ですね。

 

焼肉が大好き魚だけの食事には我慢できない人は、焼肉の前にEPAサプリを飲むと薄毛対策には効果的なので、

先に飲んでから食事をしてほしい。

 

疲労回復をして育毛をするには、肉ではなく、魚食を心がけること。

 

これが薄毛対策の常識となります。

 

EPAが豊富な魚の脂肪は、疲れた体を元気に戻してくれますよ。

 

元気な身体に元気な髪が生えるのです。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報