薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

発毛のためのシャンプー活用法

読了までの目安時間:約 3分

発毛を目指す方は、使用するシャンプーは育毛専用シャンプーが良いのです。

 

毎日のことですので、ハゲを招く粗悪なシャンプーの場合は即刻中止しましょう。

 

平均的なシャンプーより高価ですが育毛・発毛を目的とするなら、ここはゆずれないところです。

 

女性の薄毛や男性型脱毛症の低年齢化もシャンプーの消費量と比例しているそうで、シャンプー、リンスを使用することで髪の毛が少しずつやせ細り、

髪の寿命も短く、薄毛になることがあるのです。

 

育毛剤で髪の毛を育てようとしても、シャンプーで抜け毛を増やしていると、育毛の成功はありません。

通常のシャンプーは一般的に「ヘア用」ですが、育毛シャンプーは「頭皮用」です。

 

頭皮用育毛シャンプーとヘア用シャンプーの相違点を見ていきましょう。

1.頭皮用育毛シャンプーは皮脂線を肥大させないようにしている。

ヘア用は考慮していません。

 

2.頭皮用はシャンプー剤が毛穴へ浸透しにくいのですがヘア用は配慮されていません。

 

3.頭皮用は頭皮への刺激が少なく、ヘア用は刺激の強いものがあります。

 

4.頭皮用の育毛シャンプー剤は頭皮にほとんど残留しないのですがヘア用は考慮されていません。

 

5.頭皮用シャンプーは髪の毛を生やす力をアップさせる。

 

育毛用の頭皮用シャンプーは、育毛に一番大切な頭皮にやさしく、又、濃度も濃いので少量でも良く泡立ちます。

皮脂を取り除く力にの強い育毛シャンプーは、頭皮に良くありませんので注意しておきましょう。

 

シャンプーによって発毛するわけではないのですが、発毛の補助的な役割を果たします。

だから、シャンプー選びは重要なのです。

 

【モンゴ流シャンプーEX】購入はコチラ

 

粗悪なシャンプーだけは決して使用してはならないのです。

薄毛対策にはシャンプーを厳選することです

読了までの目安時間:約 1分

薄毛を治すためにはいくつかの課題があります。

なかでも一番先に取り組むべきは「育毛シャンプー」の選択です。

 

 

スーパーの安価な450円くらいのシャンプーは使用しないことです。

お金を出して、適切なものを選ぶことです。

 

 

消耗品なので、評判の良いものは時々購入して試すようにしましょう。

 

 

 

薄毛を治す最初の一歩は育毛シャンプーなのだ

読了までの目安時間:約 4分

健康でイキイキとした髪を生やすために重要なこととは何だと思いますか?

 

 

それはシャンプーです。

 

 

昭和56年に私がハゲからの生還を果たせたのは、

 

 

「みるみる髪が生えてくる」

 

 

という高橋由美子先生の育毛書籍を読んだことにあります。

 

 

この本を読んで、今でも忘れられないのは、

 

 

シャンプーが悪いと、どんな育毛の努力も無駄に終わるということ。

 

 

そして

 

 

「粗悪なシャンプーだけは決して使用してはならない。」

 

 

ということでした。

 

 

最近の人気育毛マニュアルの「サイエ式育毛マニュアル」でも、同様のことが解説されていますね。

 

 

シャンプーは大事なのです。

 

 

これには二つの意味が込められています。

 

 

一つはなんのシャンプーを使うか、

 

 

そしてもう一つはどのようにシャンプーを行うか。

 

 

子供の頃に歯の磨き方は習っても、シャンプーの仕方を習ったことがある方はめったにいないかと思います。

 

 

自分が洗いやすい方法でシャンプーをしているかと思いますが、間違ったシャンプーは育毛の妨げになるだけでなく薄毛を進行させてしまいます。

 

 

特に爪を立てて洗うのは厳禁です。

 

 

爪を立てることで頭皮に傷が付き、健康な髪が生えづらい状態となってしまいます。

 

 

シャンプーをするときは指の腹で優しくマッサージするように、そしてシャンプー後は髪よりも頭皮を乾かすようにしましょう。

 

 

そして同じくらい重要なのがどのようなシャンプーを使うかということです。

 

 

市販のシャンプーは刺激が強すぎることもあるため、専用の育毛シャンプーを使って髪が抜けにくく丈夫な髪が生える頭皮の環境作りを行いましょう。

 

 

参考までに私の使っているのは、馬油成分のシャンプーです。

 

 

適度に皮脂が取れるので素晴らしいです。

 

 

ハゲ治る育毛シャンプー療法

読了までの目安時間:約 3分

薄毛対策のためのシャンプーについて、今日は、お話をしたいと思います。

 

育毛書籍である「みるみる髪が生えてくる」のなかでも、印象にのこる言葉がいくつかあります。

 

その中の一つが、

 

「粗悪なシャンプーは内臓まで侵す」(同著87ページ)

 

という言葉です。

 

私も、いままで、いろんなシャンプーを使ってきましたが、

 

「みるみる髪が生えてくる」を読んでからは、粗悪な安物のシャンプーは使用していません。

 

いろいろな「良い育毛シャンプー」に出会いましたが、平成24年4月現在は、馬油のシャンプーを使用しています。

 

1本4000円程度だったと思いますね。

 

馬油シャンプーでは馬油とともに25種類の薬草の成分が入っており、皮脂を洗い落としすぎないようなやさしさがあります。

 

馬油から生まれたウーマシャンプー

さて、自宅ではレベルの高いシャンプーを使っていますが、ホテルやサウナでは、部屋においているシャンプーを使うこともあります。

 

そのときは、いつも、

 

「ああ、こんなレベルの低いシャンプーを使っていたら、いくら育毛にお金をかけてもヌダだろうな」

 

という感想を持ちます。高橋先生は、シャンプーに関して、

 

「健康な頭皮を守るためには、弱酸性で、しかも植物性のシャンプーを選ぶことが必須条件です」

 

と書いています。

 

石油基剤のシャンプーやチンスは、どんどん頭皮に浸透して、ついには血液にまで入り、貧血、若白髪、若ハゲの原因となるのです。

 

何かで読んだのですが、

 

「現代の妊娠した女性のなかには、羊水が、かすかにシャンプーのにおいがする人がいる」

 

というのです。

 

恐ろしい話ですよ。

 

大事な赤ちゃんが、シャンプーのなかで過ごさないといけないなんてね。

 

レベルの高いマイルドなシャンプーを使いましょう。

 

シャンプーは消耗品なので、いろいろと試せばよいのです。

 

自分にフィットするシャンプーとの出会いも、また、いいものです。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報