薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛にアーユルベーダを活用する

読了までの目安時間:約 5分

薄毛回復に効くアーユルベーダについて。

 

日本の「漢方」に対して、インドにはアーユルベーダがあります。

今回はアーユルベーダの薄毛対策を見てまいります。

 

私の住む街にもリラクゼーション・ルームは多くなりました。

足裏マッサージ、岩盤浴、クイックマッサージ。

 

そして「インド式ヘッド・テラピー」というのもあります。

 

頭をマッサージしてもらえるのですが、さぞかし気持ちはいいでしょう。

私は未体験ですが、いずれ試してみたい。

薬草を泥にまぜて、それを頭につけてマッサージするのです。

 

育毛、発毛に有効であり、髪の毛そのものがキレイになるという効果がうたわれています。

気力と集中力を高め、緊張を和らげ、循環機能を活発にし、輝く髪を目指す人にオススメします。

 

『気を高めるヘッドマッサージ』 ロザリンド・ウィドウソン著

産調出版 2005年5月出版  1800円

という本もあります。

 

アーユルベーダの医学に基づく健康法です。

アーユルベーダは独特の理論なので、好き嫌いは多いのでは?

私は好きです。アーユルベーダ。

 

平成6年頃、高いお金を払って「TM瞑想」というのを習ったことがあるのです。

13万円くらいの費用と、5日間(1日2時間)の日数が、かかりました。

 

アーユルベーダの知識に基づく瞑想法です。

ストレス軽減にいいです。

ストレス軽減は、すなわち、育毛の重要項目です。

 

この本ではバランスのとれた有酸素運動と、それを補完するヨーガ・ストレッチ、リラックス法が述べられている。

ヘッド・マッサージというタイトルどおり、頭をマッサージすることで、

緊張はとれ、リラックス効果、そして髪の毛にもよい効果がでるということ。

 

最近はヘッド・テラピーといって、サロンでこのような施術を受けられます。

私の地元では、6000円で1時間くらい施術を受けられます。

 

では、以下で肝心の髪の毛についてのレビューを。

頭に油をそそぐ方法が一つ。

浄化をもたらすさまざまな色の布をまくヘッドラッピングなどもある。

 

要は、肩、首、頭をマッサージし、リラックスし、血流を良くすることがポイントといってよい。

(輝く髪の毛のためのトリートメント法について)

少し、実行するのはこわい。

 

私にはできない。

タイトルは「皮脂トリートメント」

この部分を同著より引用します。

 

~ここより引用~

 

「トリートメント剤を数日間洗い流さずにおきましょう。

こうすることで皮脂が、体から生成されるミネラル分や分泌液と混ざって髪に浸透します。

 

髪を頻繁に洗うことが習慣になっている文化圏の人には少し不快かもしれませんが、

工夫すれば汚れているという感覚を最小限に抑えることができます。」

 

 

~引用 ここまで~

 

 

会社勤めの人は、髪の毛、臭うのじゃないかな?

 

また髪のためには、毛先から頭皮にむかって1日に50回とかすのが理想的とのこと。

育毛にマッサージは欠かせません。

ただし強くもんだり、叩いたりしては逆効果です。

 

気持ちの良い強さで、育毛に成功して髪の毛がぼうぼうにナッタシーンを思い浮かべておこないます。

人がいないときは、アファメーション(自己宣言)しつつ実行すると効果は、非常に大きいのです。

 

「髪の毛が、3倍太く、3倍多くなっていきます」

と、自分に語りかけるのです。

 

 

薄毛回復のコツがわからないという話

読了までの目安時間:約 2分

薄毛回復、育毛のコツ、というものがありますが、わかりますか?

 

薄毛回復のコツがわからないということであれば、髪の毛は復活しないでしょうね。

 

では、そのコツとはなんぞや?

 

一つ言えることは、

 

育毛剤での育毛・発毛は成功しにくい

 

ということですね。

 

私も数々の育毛剤を使用してきましたが、男性の場合は効果が限定的です。

 

ただし、女性の場合には育毛剤だけで生えるケースもありますね。

 

私の親族の中では、女性の場合、育毛剤の効果も期待できます。

 

ただし、

 

繰り返しますが、男性の場合には育毛剤効果は限定的です。

 

そのコツは口から取り入れる「育毛成分」で決まるといえます。

 

 

育毛のコツが私にはわかるのだが

読了までの目安時間:約 3分

育毛漢方を伝える目的。

 

私には育毛のコツがわかっています。

 

 

 

多くの人が髪の毛の悩みという苦しみを抱えています。

 

それは、現代の育毛法の多くは効果がなかなか得られないから。

 

一時期、そのことに怒りのような感情があって、

 

育毛剤について「アンチ」の立場で薄毛対策を解説してきました。

 

ところが、私一人の小さな力では、とうてい育毛法の主流を変えることは難しいのです。

 

で、今もネット上では育毛剤の解説などが多いです。

 

「この育毛剤がいい」

 

「あの育毛剤は良くない」

 

 

 

私自身としては、今まで、

 

育毛剤を買うよりもまず、血液を髪の毛の生えるパワーを持ったものにせよ

 

と強調してきました。

 

が、ここで、方針を変えました。

 

どうか育毛剤を使ってほしい。

 

漢方育毛法を始める前に育毛剤を使ってほしい。

 

とことん、使ってほしい。

 

そして、

 

1年後、きっと育毛剤では生えていないでしょうから、

 

その時に漢方の育毛法のありがたさに歓喜の涙を流してほしい。

 

どうか1年間いろいろな育毛剤を使ってほしい。

 

頼みます。

 

そして、

 

「ああ、たしかに1年間いろいろな育毛剤を使ったが、何の成果もなかったよ」

 

と納得してから漢方の育毛法を始めてほしい。

 

薄毛を治すには猪毛ブラシとコラーゲンとスピルリナ

 

「これしかない」と真剣に取り組んでほしい。

 

ハゲ遺伝子に勝つには漢方の力が重要なのです。

育毛ノウハウ、発毛ノウハウを総括する

読了までの目安時間:約 2分

育毛ノウハウ、発毛ノウハウにはいくつかの種類があります。

 

さそがにダイエットほどではないのですが、かなりの育毛ノウハウがあります。

私の場合も、市販の育毛書籍だけではなく、ネットで販売されているノウハウもかなり積極的に実践してきました。

 

ちなみに、育毛電子ブックは、市販の育毛書籍に比べて、信頼性には劣ります。

が、読んでいて面白いのは確かです。

 

レベルからいうと、やはり高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」という書籍に及ぶような本は、

なかなか、もう出ないような気がしますね。

 

さて、育毛ノウハウには、

 

1.育毛剤や育毛シャンプーなど、外からの作用で生やそうとする方法

2.食事やサプリメントで体内に栄養素を取り入れようとする方法

があります。

私は後者の「体内」からを重視します。

 

これが、育毛漢方の基本でもあります。

毛母細胞に、髪が育つような栄養素を届けるのです。

血液に乗せて届けるのです。

 

早く育毛の成果を感じたいならカイセイ・コラーゲンがよいです。

とくにミレットなら成功しやすい。

 

 

育毛漢方の信条である、

 

「髪の毛は血液の余りである」

 

ということを考えるとき、身体に育毛成分を取り入れた後、血液の循環をよくすることで、

髪が見る見る生えてくるということが、理論的にも納得できるはずです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報