薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛サプリメントが育毛剤よりはるかに発毛効果大

読了までの目安時間:約 5分

育毛剤のような外からの栄養、刺激だけでは髪は生えてこないですよ。

 

 

今、市販されている育毛剤の成分をみると、

 

 

育毛効果を求めるメイン成分が「毛母細胞と毛根細胞を活性化する成分」で、代表はミノキシジルがあげられます。

 

 

ミノキシジルはアメリカの製薬会社が開発した。

 

 

日本のメーカーから発売されている各種育毛剤にも配合されていて、有名なのは「リアップ」ですね。

 

 

ちなみに私はカークランドロゲインというミノキシジル5%濃度のものを使用しています。

 

 

12本で7900円でお買い得。

 

 

リアップは1本で7000円くらいするよね。

 

 

リアップ、高すぎ。

 

 

あまり知られていないけど、ミノキシジルはもともと血圧降下剤として開発された経口薬なのですね。

 

 

臨床試験中に、副作用として発毛効果があることが発見され、その後、育毛剤としてのの試験が始まっているのです。

 

 

皮膚科の医師がその情報を知り、医師がミノキシジル製剤を育毛剤として使い始めるようになったのです。

 

 

ただし、副作用の報告もあるのです。

 

 

代表は、頭痛、めまい、動悸など。

 

 

ほかに全身的な副作用症状も確認されたとか。

 

 

そのために、ミノキシジルは女性や未成人、血圧の高い人と低い人、さらに内臓疾患のある人は服用禁止と制限がつくようになったのです。

 

 

海外では3%~10%のミノキシジルが配合されているが、日本で販売されているミノキシジル配合の育毛剤も、配合比率が1%~5%と低く抑えられているのです。

 

 

ここで、私は、育毛剤の大きな問題をいいます。

 

 

髪はそもそも皮膚の発達したものです。

 

 

頭皮も皮膚であるので、そもそも、外部からなにかしらの栄養物質を取り入れるような働きが皮膚にはないのです。

 

 

皮脂や汗でわかるように、体の内部から老廃物を排出することが皮膚の作用なのです。

 

 

そのことを考えると、せっかく振りかけた育毛剤の成分が皮膚に染みこんで、毛母細胞で髪の毛を増やすことは考えにくいのです。

 

 

皮膚のバリヤー機能があるからね。

 

 

だ、か、ら、

 

 

外部からの育毛剤ではなく、内部からの育毛サプリメントのほうが、髪の毛を増やすにはよいのですよ。

 

 

育毛フェルサの理論は

 

1.育毛剤で外部からの栄養補給

 

2.サプリメントで内部から栄養補給

 

ということです。

 

決して育毛剤がムダではないのですが、まずは育毛サプリメントのほうを重視します。

 

私はフェルサの育毛剤とサプリメントの両方を愛用していますが、

 

育毛サプリのほうを重視しています。

 

ノコギリヤシを男性は飲むようにしましょう。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報