薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛剤と血液の関係

読了までの目安時間:約 2分

p>髪をつくるもととなる栄養は血液によって運ばれます。

 

育毛のためには血液の流れを改善し、髪の成長を良くする働きを持つ成分に次のような成分です。

 

 

1.センブリエキス

有名ですよね。育毛剤を買っている人はたぶん知っている成分ですよ。
胃薬として昔は使われていたものです。
頭皮の代謝を活発にして、発毛を促進する効果が認められています。

 

 

2.ビタミンE
血管の保護と、血管を拡張する作用があります。

血流が増加するので、抜け毛だけでなく、しもやけなどにも効果があるのです。

髪の毛根に刺激を加えて、細胞を活性化させる成分には以下のようなものがありますよ。

 

 

3.ニコチン酸ベンジル

毛根や頭皮を刺激して血行を改善します。

 

 

4.トウガラシチンキ
トウガラシは血行を改善し、体を温める効果があります。
胃薬としても使われていて、消化を促進させ、食欲増進効果もあります。
トウガラシチンキはトウガラシの効能を直接肌につけることができるもので、頭皮を刺激して抜け毛を予防する効果があります。

 

若ハゲとサヨナラしたい人はこれを読みましょう

薄毛を治したい人のために育毛剤

読了までの目安時間:約 3分

薄毛を治したい人は増えるばかり。

 

髪の毛で悩む人は男女を問わず多いのです。

 

 

現代日本はストレスも多く、若い人でも、また、女性であっても薄毛になる人が多く、薄毛に関心を持つのです。

 

髪の毛は「見た目」に大きな影響があるのです。

 

育毛剤、養毛剤の広告が雑誌やテレビでもよく見ます。

 

ネットでも薄毛に関して検索すると、まずは有名な育毛剤、養毛剤の通販のサイトのときが多いです。

 

育毛剤の効果としては、毛根の血行をよくするものが多い。

 

また、男性ホルモンを抑制するものもあります。

 

ただし、あなたも、もう経験的にわかっているかもしれないのですが、発毛の効果については保証がないのです。

 

現実的にはハゲ・薄毛の悩みを確実に解消するものとはとてもいえないです。

 

育毛剤は「抜け毛予防」にはなるかもしれないです。

 

育毛剤で抜け毛を防ぎ、育毛剤を使用しない場合よりは髪の毛が多く残り、結果的に増えたのと同じというものなのです。

 

育毛剤で発毛し、髪が増えるとはいえません。

 

無駄ではないとは思いますし、私自身、昭和56年に薄毛化が進んだときから今までずっと使用してきました。

 

育毛、薄毛への一つの対策とはなると思います。

 

補助にはなるのです。

 

薄毛対策の「主力」にはならないと断言しておきますが・・・・・。

 

育毛剤の基本として、ある程度の間、使用し続けなくては効果が見えません。

 

場合によっては、育毛剤を使い続けるうちに、効果が薄くなることもある。

 

育毛剤の効果について、あまり大きな発毛への期待はしないほうがよいのです。

 

ただ、確実にいえることは、少しでもよい育毛剤を探し出して、その育毛剤を使うのがよいということです。

 

有名な育毛剤はそれなりによいのです。

 

私が一番お勧めしたいのは、アロエやミカン成分の育毛剤です。

 

髪をセットするにもやりやすいのです。

育毛剤では髪の毛は生えないのでしょうか?

読了までの目安時間:約 6分

育毛剤で髪が生えるわけがない!? 

 

ということを検証したい。

 

 

fotolia_105390970_xs

(育毛剤で髪は生えるのかな)

 

 

 

今回の参考となる優良サイトは、

 

 

「若ハゲ番長のAGA治療体験記」

 

 

です。

 

そのなかの育毛剤に関する記述は、育毛対策をする初期の段階でぜひとも読んでおくべき話なのです。

 

では、読んでみましょう。

 

 

➡ 育毛剤で髪が生えるわけがない

 

 

この記事にあるように、育毛剤はあまりにも効果がなく、使用して心を折られる人が後を絶たないわけです。

 

このサイトの管理人さんは「ハゲを治したいならミノキシジルとフィナステリド」が効果があると判定し、育毛剤ではミノキシジルを一番に推奨しています。

 

以下、若ハゲ番長様のサイトより引用

 

 

理由は簡単。

医薬品として認可されているプロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬(薄毛治療薬)に比べて効果が低いからです。

(ついでに言うと値段も高い)

 

と解説しています。

 

 

 

育毛剤に関する考えは私も若ハゲ番長様と同じです。

 

一番効果の高いのはミノキシジル(リアップ)と判明しているのに、その他大勢の育毛剤を買う人が多いのです。

 

 

なぜ?

 

 

それは、あまりにも無責任な過剰広告が原因なのです。

 

 

fotolia_89921690_xs

(無責任な広告はいかんぜよ!!)

 

 

 

また、ネットの住人達も、正しい育毛剤の情報を伝えていないことが多いのです。

 

その原因の一つは、

 

「リアップを紹介(アフィリエイト)しても紹介手数料が少ない」

 

からなのですね!!

 

だからリアップを積極的にブログやホームページで紹介する人が少ないわけですね。

 

一方、「育毛剤ランキング」と称して運営しているサイトの多くが、ランキング上位に紹介料30%クラスの育毛剤を紹介していますね。

 

7000円の育毛剤なら1本売れると2100円の手数料というわけです。

 

 

ここが問題で、どうしても「利益になることを優先する人が出てくる」わけですよ。

 

だから、育毛剤ランキングサイトを信じてはいけないわけです。

 

 

若ハゲ番長が、記事の最後に書いていることを引用しますと、

 

 

大事なことなので何度も書きますが、最も大切なことは正しい知識を身につけることです。

 

そうすれば銭ゲバに、薄毛をネタにゆすられて、金をむしり取られることはなくなるでしょう。

 

ただ、ネットを見ていると、「うわー騙されてるな、この人」みたいな人を少なからず見かけます。

 

そういった人が、結局、騙されて金をむしり取られた挙句に、薄毛を克服できずに人生に絶望していくのは、あまりに不幸です。

 

悪いヤツらに騙されている人が、この記事を読んで正しい知識を身につけてくれれば、これ以上の喜びはありません。

 

 

ということです。

 

正しい知識を身に付けることで、

 

 

「どの程度、育毛剤は効果があり、何が一番良い育毛剤なのか」

 

 

を見極めることができるようになるはずです。

 

 

fashion barber making undercut style for his client.

(いいかんじで生えてきましたね)

 

 

追伸

 

 

私の感想など

 

若ハゲ番長様は「医療的な育毛法」をメインとしています。

 

当然、フィナステリドとミノキシジルの活用が避けられません。

 

私は非薬剤系の育毛法を実践していますが、若ハゲ番長様の「医療的なアプローチへの勧め方」には好感を持ちます。

 

「マイナス面も検討してみて、それでも選択するのなら、医療的な育毛法を体験に基づき説明しますよ」

 

というスタンス。

 

薄毛やハゲになった人は、いずれプロペシア、ミノキシジルの薬剤系の育毛法を検討する時期がきます。

 

情報化社会の今、薄毛に悩む人でプロペシア等を検討しなかった人はいないのでは?

 

その「決断」の時には、ぜひ、参考にしたいサイトといえるでしょう。

薄毛を治す育毛剤

読了までの目安時間:約 3分

育毛剤をハゲ治療に使用するのは、当然です。

効果は少ないと感じますが、無駄ではないので、使用しましょう。

 

 

ハゲの原因は、遺伝としての男性ホルモン。

また、頭皮緊張による血行不良。

ストレスによる血行不良。

 

 

頭皮の炎症などがハゲ原因として考えられます。

症状が違うので、個々の原因にマッチした育毛剤を選択しましょう。

 

 

総合的な育毛剤が多く、それらは一つでいろいろな働きをする成分を含有しています。

Fotolia_61237470_XS.jpg

成分により、発毛の成果の出方は、かなり異なってきます。

頭頂部とか、額部分とか、自分が最も生やしたいと願う場所の病状にあったものを選ぶことで、効果は出やすいです。

 

 

人気の高いのが、AGAに効果が出るアロエです。

アロエの成分であるアロインには、男性型脱毛症の原因とされる5αリダクターゼの働きを抑え込む作用があることで、

天然素材の育毛剤としてよく売れています。

 

 

本当にいろんな成分が考えられており、温泉水や、ミネラル成分。

アミノ酸の成分やンやシアル酸など、各種の成分の育毛剤が市場に出ていますよね。

 

 

育毛剤を効果的に使用するには3つのポイントがあり、これを守ることです。

1.栄養をしっかり取り、毛根に栄養がいきわたるようにする

2.健康的な適度の運動することを心がけることで血行を良くする

3.7時間以上の睡眠をとる

以上により、育毛剤を有効に使いましょう。

 

 

右矢印1 この育毛剤がすごい

 

 

薄毛を治す成果は、「今日の実行」から生まれます。

明日香らと言わず今日、実行しましょう。

 

 

気づいたら生えているはずです。

私の場合はそうだったのです。

抜け毛対策には良質の育毛剤

読了までの目安時間:約 2分

抜け毛対策は毎日の日課にすべきですよ。

 

思い立ったように、ときどき育毛を行っても、成果は少ない

育毛剤を毎日、あたまに振りかけるくらいでは、髪の毛は生えないのです。

 

発毛のためには、育毛剤だけではなく、日常生活をトータルでみて、生活習慣を改善すべきなのです。

 

髪の毛が少なくなると、多くの人は育毛剤を買います。

 

ネット上や、週刊誌をみても、数多くの育毛剤や育毛シャンプーが販売されており、購入するにも困難を伴います。

 

一番いいのは「売上ランキング」のようなものの、上位の育毛剤や育毛シャンプーを買うと、間違いは少ないのです。

 

「リピートしているか」ということは、重要です。

 

ミノキシジルを配合した育毛剤は、話題には上りますが、実績はまだわからないですね。

 

個人的にはミレットプラスという育毛剤を、満足して使っています。

 

成分が素晴らしいです。

 

育毛剤は毎日、使うものです。

 

ですから、あまり値段の高い育毛剤は、継続面で問題です。

 

1本1万円以内で1か月あたり5000円以下のものが、育毛剤としては妥当と思います。

 

ちなみに、ミレットプラスは3か月使用できます。

育毛剤

読了までの目安時間:約 2分

女性用の育毛剤の広告が多く出ていますね。

 

しかも、

 

「育毛効果かがなければ、全額返金」

 

を宣伝文句にしているのですね。

 

女性用の育毛剤の成分は、植物の成分が多いです。

 

イメージでは「漢方」です。

 

ミノキシジルのような医療的な育毛剤は、女性向きではないからです。

 

とくに、テレビ通販では、麻丘めぐみさんがイメージキャラクターをつとめている

 

「みのり」

 

という育毛剤です。

 

私もよく育毛剤広告をみますが、見ているとほしくなるよね。

 

テレビ通販は、購入者の心理をうまくついてきますからね。

 

女性の育毛剤では、

 

リリイジュが安定した人気ですね。

 

私も男性ですが、たまに使用することがあります。

 

平成26年7月現在では、ミノキシジルの育毛剤と、

「リバイボゲン」

という育毛剤を使用しています。

 

 

よい育毛剤では、頭皮に塗ると、髪の毛が元気になるので、髪の毛が多く見えますよ。

 

 

これは、うれしい。

育毛剤の選択

読了までの目安時間:約 3分

発毛・薄毛対策ハゲてきたとき、薄毛を感じたとき、多くの人が育毛剤を考えます。

 

私もそうでした。

 

結論から言うと、育毛剤は補助的なものだと思います

 

育毛剤だけではなかなか髪は生えないですよ。これ、実感。

 

あなたも、もう、わかっているのでは?

 

けれども、まったくの無駄でもない。

 

なので、少しでもよい育毛剤を選ぶ努力は忘れずにいましょう。

 

生える効果の高い本物育毛剤を購入しましょう。

 

市販されている育毛剤では、育毛効果が違いますので、

信頼出来るメーカーのものを選択するのが、無難です。

 

 

育毛剤を選択する際には、成分などについて、勉強をしておいた方がよりよい育毛剤購入に役立ちます。

 

最初に言ったように、育毛剤を使用する際には、「期待しすぎない」ことも肝心。

 

効果がすぐに出なくとも、いろんな育毛剤に手を出す事は逆効果なので、やめましょう。

 

私のおすすめは、「育毛剤のお試し」です。

 

ネットで検索すると無料で、あるいは格安で育毛剤のお試しをしています。

 

自分で使ってみれば、一番確実です。

 

ただし、効果が出ないからと言って中断せず、3カ月から半年ぐらいは同じ製品を使用するのがいいでしょう。

 

半年活用して、あまり成果が得られなかったら、ブランドチェンジもやむを得ないと思います。

 

決して安価なものではないので、慎重に選びましょう。

 

もう少し育毛剤も安ければいいのにね。

 

 

 

 

 

育毛剤についての高橋先生のお考え

読了までの目安時間:約 4分

薄毛やハゲはきっと治ります。

 

では、さっそく、「みるみる髪が生えてくる」の解説をしてまいりましょう。

 

今日は、育毛剤について解説したいと思います。

 

本の17ページをご覧ください。

 

「フロの空焚き」

 

と、まあ、高橋先生は表現されているわけですが、育毛剤で頭皮を刺激しようとすることを、フロの空焚きのようなもの、といっているわけですよ。

 

というのも、

 

漢方での育毛法は、「髪を作るモト」すなはち血液が、栄養不足であったり、不養生をしていたら、何の薬にも立たないのです。

 

「育毛剤で髪が生える人はごくわずか」

 

と先生は言っているのですが、本が出版されてから30年経ったいまでも、状況はそれほど変わってはいないのです。

 

私が30年間、薄毛やハゲの人の頭髪状況を見てきたなかで、

 

「育毛剤で髪が生えた人は見たことがない」

 

といえます。

 

おそらく、あなたも、「育毛剤で髪が生えた人を見たことがない」のでは?

 

私も育毛剤の活用はしますが、あくまでも補助的に使っています。

 

使わないよりは、使ったほうがマシといったレベルで考えています。

 

ちなみに、私が平成24年4月現在使用しているのは、

 

カークランド・ロゲイン

 

ノコギリヤシ育毛剤「フェルサ」

 

さて、育毛剤だけでは生えないですから、

 

「それでは、どうしたら髪は生えるのか?」

 

 

ということになりますよね。

 

その答えは、高橋先生が断言しています。

 

「毛髪のトラブルを治す方法は、ただ一つ、体質改善しかありません」(18ページ)

 

ということなのです。

 

体質改善と聞くと、難しそうに聞こえるかもしれませんが、心配ないです。

 

体質改善とは、食事の内容を変えること、そしてハゲ遺伝子を押さえつける栄養成分を口から摂取することなのですから。

 

ここで、高橋先生の著書ではないですが、体質改善に役立つドクダミについてのレポートを時間があれば、ぜひ、読んでください。

 

結論として、

 

育毛剤だけでは髪は生えない。

 

食事内容を変えて、口から育毛サプリメント等を摂取することで髪は生える

 

となります。

 

この根本的な薄毛対策方針が理解できると、ハゲはもう、恐くなくなるのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報