薄毛を治す

薄毛を治し髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

首ヨガで髪の毛を太く、多くしようではないですか。

読了までの目安時間:約 4分

薄毛が治り、すぐにも見た目年齢が10歳若返ると大人気の「首ヨガ」。

 

首ヨガで髪の毛を太く、多くしようではないですか。

 

今回の方法はかなり発毛効果があります。(きっぱり!!)

 

私は、首のコリやゆがみが白髪やハゲの原因になることを、もちろん知っていますので、この「首ヨガ」に似たことをずっと実行してきました。

 

そのきっかけは、昭和63年ころの話です。

 

知り合いの宝石店のセールスマン(当時40歳)が、頭の右半分が白髪だったのです。

 

 

左側は黒々していました。

 

ハゲではありませんでした。

 

左右とも髪の毛は,量についてはボリュームたっぷりで、フサフサでしたね。

 

ただ髪の毛が頭の半分だけ白髪だったのです。

 

 

その方が、なぜ半分が白髪なのかを説明してくれました。

 

 

「自分は、交通事故で首の筋肉、骨を曲げてしまった。その結果、十分な血液が片側は通りにくくなり、片側は白髪になるんだよ」

 

ということ。

 

 

私は当時すでに、髪の毛は血との関係が深いことを知っていましたので、その話は本当だとわかったのです。

 

さて、それはそれとして、髪の毛を生やすノウハウのみ抽出しましょう。

 

 

この首ヨガの情報源は、健康雑誌の特集記事です。

 

20ページ近い首改善の特集を組んでいます。

 

 

育毛、発毛だけでなく美肌や、精神的なイライラにもよいということです。

 

「薄毛やイライラに効くので大人気」と見出しにも書かれています。

 

育毛に活用するにはカンタンです。

 

 

ポイントは、首から背中の筋肉を伸ばすこと。

 

 

ヨガでいう「ウサギのポーズ」というものです。

 

座ってお辞儀して、前にあたまをもっていき、頭部をできれば床につけるのです。

 

効果は、

 

「頭部の血流がよくなると、毛根細胞の働きも活発化します。そして、頭皮をじかに床にすりつけるポーズをとると、毛穴の刺激も大きくなり、頭皮の血流が改善されて薄毛の予防にも役立つでしょう」

 

というわけです(同著59ページより引用)

 

 

首は頭皮に血流がながれていくには、通っていかなくてはならない道です。

 

だから道をスムーズに通れるようコリをなくし、髪の毛を増やすための血液をグングン送りましょう、ということなのです。

 

 

血行が良くないと、薄毛は治せません。

 

 

育毛剤もサプリメントもムダになるのです。

 

 

薄毛になるのは、インスリン成長因子IGF-1が関与しているというのです。

読了までの目安時間:約 3分

薄毛回復法として、2011年には岡嶋博士のIGF-1理論が話題を呼びました。

 

 

薄毛になるのは、インスリン成長因子IGF-1が関与しているというのです。

 

 

若くしてハゲるのは体内のIGF-1が少なくなっているのであり、このインスリン成長因子を増やすことで、髪の毛は薄毛から改善され、細い髪も太くなるのですね。

 

 

この「インスリン成長因子IGF-1」というのは、聞きなれない言葉なのですが、具体的な育毛法としては極めて有名な方法なのです。

 

 

fotolia_61929221_xs

 

 

あなたも育毛情報を調べているなら、おそらく

 

 

大豆イソフラボンとカプサイシン

 

 

で髪が生えると聞いたことがあるはず。

 

 

さらに実行するためには、

 

 

 

豆腐にトウガラシをかけて食べる

 

 

あるいは、

 

 

納豆とキムチを同時摂取

 

 

 

ということなのです。

 

 

この育毛法はテレビや雑誌やネットで数年前から有名だったのです。

 

 

岡嶋博士のノウハウによってサプリメントや育毛剤も販売されています。

 

 

fotolia_84656599_xs

 

 

ただ、大豆イソフラボンとカプサイシンは食事で摂取できるので、サプリよりも毎日の食事で摂取する方がよいと思いますね。

 

食事で摂取できるものは可能な限り食事でとる。

 

サプリメントは摂取しにくい栄養成分を補うことです。

 

 

お金はコラーゲンやノコギリヤシに使う方が費用対効果が高いのです。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報