薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

薄毛を治すための費用、ハウマッチ?

読了までの目安時間:約 3分

薄毛を治すための費用、ハウマッチ?

 

薄毛を治すためにはお金もかかります。

自分でできる頭皮マッサージは無料ですので、それだけなら、お金は必要ないでしょう。

 

マッサージや育毛シャンプー活用も薄毛対策ではありますが、

それだけで、昔のような髪に戻すことは難しい。

 

そこで植毛やAGA治療が雑誌広告をにぎわすことになります。

植毛髪の毛を1本ずつ植えていきます。

 

外科医療的なものですから、確実な対策といえます。

しかし、手間もお金もかかってしまうのです。

植毛だと、100万単位の費用となります。

 

 

タレントの板東英二さんが「植毛に大金を使った」ということがニュースで流れていましたね。

一般人が、タレントの板東英二さんのように大金を出すのは「厳しい」はず。

 

 

確実に髪が増えるのですが、心理的なプレッシャー([あいつの頭、植毛なんだぜ・・・・」)にも耐えないといけませんよね。

医療的な育毛法は副作用が心配ではありますが、植毛よりはかなり心理的にラクです。

 

 

AGA治療は私の身近な人にも多いですね。

プロペシアを飲み、ミノキシジルを塗布する。

費用は、8000円~20000円です。

 

 

成果が出るのは半数以上ですし、4人に一人は「劇的に髪が生える」といわれています。

個人差が大きい。

漢方の育毛法も成果が出ますがお金ががかります。

 

 

自分でできることもたくさんあります。

ストレス対策、睡眠対策、食のバランス、深酒と喫煙を控える。

などなど。

 

 

お金をかける必要がありますが、成果が出れば満足できます。

安価な予算でも自分でできることから始めてみたらいいのです。

 

 

育毛法も、たくさんの対策があるのです。

「生える」と信じられる育毛方法にお金をかけることです。

育毛漢方で薄毛を治す実践方法

読了までの目安時間:約 2分

育毛漢方では結果が出やすいので、多くの人に勧めています。

 

原点は高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」ですが、本の発行の後、

コラーゲンやプラセンタなどの育毛成分が比較的容易な値段で、

この10年以内に買えるようになったことを追加しておきたいものです。

 

それ以外は高橋先生の漢方の育毛法は今なお最善の方法だと私は思っています。

ネット上の高価な育毛情報商材も何冊か買いましたが、この本を超える内容のものはなかなか出ないと思いますね。

 

さて、

育毛は面白い作業ではないです。

 

それほど苦しい作業ではないが、「楽しいものではない」ことから、途中でやめる人が多い。

ネットで育毛剤を買っては2~3か月で違うブランドに切り替える。

 

そんなことの繰り返しで、育毛成果を出せない人が多いのです。

育毛漢方療法では血液を変えることが目的です。

 

「髪が生える血液」

 

これこそが、髪の毛を生やす、増やす力を持つのです。

 

実践方法としては、あなたは「髪生える栄養」「ハゲになる栄養」との区別がつくと思います。

とにかく、「髪生える栄養」を心がけましょう。

 

口からの栄養が大事です。

この栄養素を毎日摂りましょう。

 

自信をもって鏡を見ることができる日は近いのです。

 

 

 

 

育毛漢方療法を目指すあなたに

読了までの目安時間:約 2分

薄毛を治すには漢方が一番良いというのが、私の感想です。

 

 

べつに私は漢方だけにこだわるつもりはないのです。

「髪が生えるか、どうか」

というただ一点において、こだわっています。

 

 

その結果が、漢方が一番成果に結び付く、という私の感想となったのです。

なぜ、漢方がよいのか。

 

 

育毛漢方療法の基本は体質を改善していくのです。

たとえば糖尿病でも食事療法で体質を変化させるように、育毛においても、薄毛体質を変換する必要があるのです。

 

 

とはいっても、難しく考えなくてよいです。

食べるものを「薄毛になりやすいものをストップし」、「髪の毛の生育に良いものを食べるといい」のです。

そして答えは出ているのです。

 

 

その答えを、ただただ実践すればいいのです。

このブログでは、髪の毛のために良いものを紹介しています。

 

 

たとえば、「玄米、ごま、大豆イソフラボン」の飲みものを飲むと、効果を感じるのは早いと思います。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報