薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

育毛漢方で早く発毛成果を出すためには「これ」をする

読了までの目安時間:約 3分

育毛漢方で早く成果を出すためには、どうしたらいいのか?

 

答え:3か月頑張る。

 

 

3か月です。

3か月。

 

 

何が3か月かと言うと、

「3か月頑張って成果が出ないと、心が折れる」

という時間なのです。

 

 

 

3か月、様々な育毛の努力をしたにもかかわらず、成果が出ない場合には、やる気が萎える。

「もう、だめなようだ」

と挫折する。

 

 

だから、3か月目には、なんとしても成果を感じられなければいけないのです。

なので、3か月育毛です。

 

 

その3か月をどう活用したらいいのか?

私にはよくわかります。

 

 

23歳から59歳の今まで、育毛の努力をしてきたからね。

この間、ずっと「ハゲ遺伝子をなだめてきた」わけです。

 

 

 

ハゲ遺伝子は努力しても、体内から消えるわけではなく、様々な努力によって「抑え込むだけ」しかできません。

でもね。

 

 

抑え込むことができれば、ハゲ遺伝子はなかったものとして、髪の毛は生えてきます。

 

だから、抑え込むことが大事。

 

 

もちろん、有名なプロペシアとミノキシジルタブレットでも抑え込むことはできます。

 

 

ところが、ところが。

これは危険極まりないクスリなんですよ。

 

 

副作用があることを経験したんだよ。私は。

何年間も続けて飲むもんじゃないよ。

 

 

後で後悔する日が来ますよ。

抑え込むのは自然な栄養素でいいのです。

 

 

アロエ

バナナ皮エキス

亜鉛

などなど。

 

 

定評のあるハゲ要因抑制成分をガンガン3か月体内に入れることですよ。

そのために「これ」を飲む。

 

 

⇒ 薄毛を治す特別セット

 

 

 

育毛漢方についての質問

読了までの目安時間:約 6分

抜け毛を防ぎ、髪を増やす育毛漢方法

育毛を目指したとき、一番効果があるのは何ですか?

 

 

 

 

( 回答 )

 

結論を先に言いますと、体質改善および発毛の効果のある「漢方」の活用ということになるのです。

西洋医学と東洋医学とでは別のアプローチをします。

まず欧米方式。

 

アメリカでは、若返りの研究が盛んで、それは頭髪でも同じこと。

アメリカでは育毛剤も育毛ピルも開発がすすんでいます。

核酸による食事療法もアメリカでは研究されていて、進んでいます。

 

 

イワシを食べる核酸食品の育毛法は大きな効果があります。

私の体験済み。

また、東洋医学的なアプローチ、すなはち漢方育毛法。

育毛漢方も、最強といえる体質改善効果および発毛効果を持っています。

 

 

育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメント、発毛促進マッサージなど、

どれも漢方治療の補助的な存在なのです。

 

 

男性型の抜け毛は、遺伝的要素によります。

 

薄毛を治したいなら、これを、認めなければなりません。

抜け毛は血行のせい、というのは認識が甘いです。

 

抜け毛の一要素でしかありません。10%くらいの影響でしょうね。

若ハゲの遺伝的要素を、弱める、あるいはなくする。

そこから、育毛は始まるのです。

 

 

漢方療法の一番の重要ポイントは「体質改善」です。

「体質」といえば固定されたものと思いがちなのですが、体質は変わるのです。

 

「体質は変えられるのです」←大事

ハゲ体質だったとしても、それは変えられるのです。

 

「男性型の抜け毛体質の人が、髪フサフサになる」とまでは、いえません。

しかし、気にならない程度までの状態はほぼ、間違いなくできると思います。

そのためには、第一に食べ物です。

 

私たちの長年の食生活によって、自分の体質はつくられてきたのです。

栄養面だけにこだわるのではなく、体質作りという観点から見ると、西洋型の食生活は、

髪にとって非常に良くないものとなります。

 

 

偏った体質を正すには、伝統的な日本食を研究、摂取する必要があります。

ここで、体質改善の一つの例が、「男女産み分け」です。

 

 

私たち夫婦は、病院でその方法を学び、実施し、そして思い通りの男女で、子供が授かりました。

そのときの方法も、食事による「酸性、アルカリ性」の体質換えでした。

 

 

食べ物で、体質は変わるのです。

これは、非常に貴重な経験でした。

漢方の力で、若ハゲ体質は、変わります。

 

 

当たり前なのです。

漢方の力は、想像以上に大きいのです。

抜け毛体質を改善も、当然のごとく変わります。

 

 

薄毛の人がいたとして、

1.やき肉、カップラーメン、コーヒー、ハンバーガーを中心とした西洋型食生活。

2.いわし、さば、味噌汁、ドクダミ茶、ほうれんそう、納豆など日本食を中心とした食生活。

 

同じ遺伝的脱毛症の人が、どちらの食事ですごすかで、3年後、とてつもなく髪の量は違ってくることは間違いありませんよね。

さらに、育毛漢方では、ハゲ体質とオサラバするための、食材もあるのです。

 

 

紅くこ、黒なつめ、山の芋、はすの実、蜜脾などです。

これらを食べることで育毛効果は出ます。

 

 

体質が変われば、遺伝的要素は、なくなる、あるいは非常に薄められてくるのです。

 

 

それらの成分を一度で摂取できる育毛サプリメントを活用することは、現代では必須事項でしょう。

 

私は身体の中からのアプローチを重視しますが、外からのアプローチも無駄ではない。

例えば、アロエのエキスを頭皮に塗ることも有効です。

 

 

アロエ育毛剤は遺伝性のハゲ体質にはいいのです。

ミカン成分の育毛剤も遺伝的なハゲ体質の人が使用するといいのです。

 

 

ミカン成分では「柑気楼」や「黄金樹」など。

アロエ育毛剤では「マミヤンアロエ原液」がいいです。

 

 

私は楽天で「アロエ育毛剤」または「柑橘系育毛剤」で検索して、最安値の店で買っています。

育毛漢方療法の素晴らしさを再確認

読了までの目安時間:約 3分

育毛漢方を実践することが、一番効果的な育毛、発毛法だと私は信じています。

 

 

ここでいう「漢方」とは「みるみる髪が生えてくる」の著者の高橋由美子先生の説く「漢方」です。

 

育毛意漢方の育毛法は、

「食べ物など口から取り入れるものを活用して、薄毛体質、ハゲ体質を改善して、髪の毛を生やす」

ということです。

 

これ、大事です。

薄毛対策の効果がでるのは、この方法が一番なのです。

きのうテレビで「世界のランキング」みたいな番組をやっていました。

 

ネプチューンなどが司会していました。

世界のランキングで、「薄毛のランキング」があって、世界一ハゲが多い国はチェコだということです。

なんと男性の半分がハゲ、薄毛だということです。

 

 

その理由は食べ物なのです。

味付けの濃い肉料理を食べているからという理由のようです。

チェコは海がないので、魚が食べられなかったので、肉ばかり食べて、結果、薄毛体質の多い民族となったのです。

 

 

肉の多食はおそろしいです。

私も肉の多食によって、一気にハゲてきたことがあったのです。

昭和59年ころです。

 

 

あのような目にはもう、あいたくないものです。

やはり髪の毛を生やしたいなら漢方的な食生活をすべきです。

 

 

イワシ、さけ、ブロッコリー、ピーマン。

スピルリナ、ノコギリヤシ、レシチン、ドクダミ、などなど。

 

 

髪の毛を生やすパワーをもった栄養素を取り入れましょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報