薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

膀胱炎と冷え性の関係

読了までの目安時間:約 3分

膀胱炎と冷え性の関係

 

冷え性や低体温の症状がある方は、日常的に血流やリンパの流れが悪いので、

 

体の機能性が低下してしまいます。

 

このような状態が続くと、膀胱炎や尿道炎、腎臓などの病気を発症することがあります。

 

手足が冷たい人は、泌尿器系の病気を促すので注意が必要です。

 

特に女性に多い膀胱炎は、下半身の冷えが原因になっています。

 

膀胱の粘膜が低温化すると、雑菌やウイルスが侵入して増殖しやすい環境を作ってしまいます。

 

さらに、冷え性が原因でトイレの回数が増えたり、無理に我慢したりすると、

 

膀胱炎を引き起こしてしまうと言われます。

 

ですから、手足が冷たい方は、膀胱炎を発症しやすいだけでなく、

 

何度も発症して慢性化してしまうことが多いようです。

 

膀胱炎を予防したり、症状を軽減するには、日頃から基礎体温を下げないようにすることが大切です。

 

体が冷えてしまうと、血流やリンパの流れが悪くなるので、体内を循環する水分が滞ってしまいます。

 

女性の場合は、トイレに行く回数を少なくしたいと思って

 

、水分補給を控えてしまうことがあるので、逆に膀胱炎の症状が悪化してしまいます。

 

排尿が少なくなると、膀胱に雑菌が溜まり、増殖してしまうからです。

 

十分な水分補給をすれば、血流やリンパの流れが良くなるので、基礎体温の低下を防ぐことができます。

 

膀胱炎など泌尿器系の病気は、水分補給をきちんとすることが大切です。

 

体を冷やさない飲み物や食品を積極的に摂取するようにしましょう。

 

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報