薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

発毛のためには自律神経を正常化させる

読了までの目安時間:約 4分

発毛のためには、自律神経失調症を正常化させて、冷え性なおす。

 

 

人の体を順調に動かしている自律神経は2種類の神経系統が作用しています。

 

 

結論から言えば、発毛のためには、自律神経が正常に働かないといけないのです。

 

 

たとえば、体を動かす時に活発化する交換神経は、体内のエネルギー消費を促す働きがあります。

 

 

片方の副交感神経は、心身をリラックスさせる働きがあり、どちらもバランス良く作用することが大切です。

 

 

ところが、どちらかが作用しなくなると、自律神経がバランスを崩してしまいます。

 

 

自律神経の乱れがハゲを呼びます。

 

 

薄毛を促進するのです。

 

 

そして体調不良や病気を促してしまいます。

 

 

自律神経の働き悪くなる理由の一つに、冷え性が挙げられます。

 

 

体の冷えを感じると、筋肉がこわばり、精神的なストレスが蓄積されます。

 

 

すると交換神経が活発に作用して、血流が悪くなり、ハゲるとともに、さらに筋肉がこわばってしまいます。

 

 

このような状態になると、体だけでなく精神的にもストレスが増えて、副交感神経が働かなくなってしまいます。

 

 

交換神経だけが作用するので、自律神経のバランスが崩れ、いわゆる自律神経失調症の病気になって、急速なハゲ、薄毛となる恐れがあります。

 

 

冷え性は単なる症状と考えられていますが、体の冷えが原因で自律神経失調症を発症する恐れがあり、さらに血流やリンパの流れが悪くなると、ハゲるのです。

 

 

ハゲだけではなくほかにも、ホルモンが乱れて、女性に多く見られる病気や、アレルギー症、慢性疾患など発症することもあります。

 

 

日頃から、手足に冷たさを感じる人や、中高年の方は基礎体温を下げないように、

 

 

日常生活の中でいろいろな工夫をする必要があります。更年期障害などの症状緩和にも、体を温めることが大切です。

 

 

身体を暖めることは、育毛、発毛には、原則としてプラスとなります。

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報