薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

血液検査での育毛法

読了までの目安時間:約 3分

薄くなった髪の毛を生やすにはどうしたらよいか?、ということは大昔からの課題でもあったのです。

 

ひとつの方法は、発毛サプリメント「ボストン」を飲むのがよいでしょう。

さて、世界中の各地で、いろんな育毛法が昔からあるのです。

 

なかには「「魔術的なもの」もあり、発毛効果がないとすぐにわかる方法もあるのです。

世界各国の育毛方法の中で、信頼の置けるのは「漢方育毛法」です。

 

日本でも人気があり、ネットでの体験談などでは、成功者も多いのです。

育毛剤などに頼る方法よりは、はるかに育毛・発毛に成功しているのです。

では、漢方育毛の最重要点はなにか?

 

それは「血」なのです。

漢方では、

「髪の毛は血の余りである」

とします。

 

私も、いろいろな情報や、薄毛対策方法を実践する中で、この漢方の教えこそが、薄毛を解決する最大のものと確信します。

 

漢方育毛療法を、一言で言うと、

「血液のなかに、髪の毛を育てる成分を含ませる。同時に、血液の中に髪の毛の成長をとめる成分をなくしていく」

ということに尽きるのです。

 

有名なAGAのクスリであるフィナスレリド(プロペシア)は、血液のなかに「髪の毛の成長を止める」悪玉酵素のはたらきを抑制するパワーのある成分を取り込むのです。

 

だからプロペシアは一日一錠飲んで、血液の中のプロペシア成分を一定にすることが大事なのですね。

 

さて、プロペシアは、やはり効果がでやすいです。

これは実感。

 

プロペシアを飲んでもよい条件の人は、やはり飲んだほうがよいのです。

プロペシアを飲まないなら、ノコギリヤシや亜鉛を摂取すべきです。

 

私はプロペシアとともに、育毛サプリメント「ボストン」を飲んでいます。

 

育毛サプリメントBOSTONはこちら

ボストンは一日3粒です。

夜の食事のあとに飲むと、薄毛対策に対する安心感が感じられるはずです。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報