薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

髪の毛を生やすために血行をよくして肩こりなおす

読了までの目安時間:約 3分

育毛の為には、血行をよくして肩こりの改善すべし。

 

血液の循環が悪くなると、薄毛の大原因である肩こりや首のこりがひどくなります。

 

このような症状は、体の冷えが原因ですから、湿布薬を貼っても良くならないことが多いようです。

 

ですから、眼精疲労やストレスから来る肩こりや首のこりとは、区別されています。

 

冷えが原因で血流が悪化すると、ハゲのおそれはもちろん、リンパの流れも悪くなります。

 

その結果、栄養素が筋肉細胞へ循環しなくなり、乳酸が筋肉細胞を劣化させてしまいます。

 

肩や首のまわりの筋肉が硬くなった状態をそのままのしていると、さらに血流が悪くなり、末梢血行障害などの病気を発症してしまいます。

 

こりゃあ、ハゲるわね。

 

冷え性が原因で発症する筋肉のこりは、抹消血行障害を引き起こします。

 

この症状は、末梢血管が細くなってしまう病気で、手や足の痛みや痺れがあります。

 

重症になると、潰瘍ができたり、凍傷になることもあるので、ハゲたくないなら、早めの治療が必要です。

 

頭痛や肩こりは、眼精疲労やストレスが原因の場合もありますが、体の冷えが原因で発症する頭痛や肩こりは、手足の痺れや痛みを伴うことがあるので、改善法を考えることが大切です。

 

まず、手足を温めるようにした方がいいでしょう。

 

肩こりや首のこりがひどくならないように、手足の血流を改善する必要があります。

 

手軽にできるストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

左右の手足を使ったマッサージをご紹介します。

 

まず、右足先を左手でマッサージします。次に、左足先を右手でマッサージします。

 

温まったら、右のウエストから脇の下、左のウエストから脇の下までをそれぞれ、反対の手でマッサージしましょう。

 

簡単にできるので、日常生活の中に取り入れて体を温めれば、肩こりや首のこりを軽減することができます。

 

薄毛を治すたえm、また、他の病気を発症しないように心がけましょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報