薄毛を治す

髪の毛を増やすヒント

薄毛を治して髪の毛を増やす

肩こりを治して髪の毛を太く、多くしよう。

読了までの目安時間:約 2分

肩こりを治して髪の毛を太く、多くしよう。

髪の毛は「血のあまり」でつくられます。

 

 

よって、「血めぐり」が大変重要用なのですね。

けれども運動不足やストレスで緊張した筋肉は肩こりを起こします。

眼の疲れから肩こりになることも多いのです。

 

 

肩こりを甘く見てはいけません。

肩こりによって「血めぐり」が悪くなると、血液が頭皮まで行き届きません。

 

 

髪の毛の栄養分である血液が行き届かないと、おそろしいことに、

髪の毛が栄養不足で、細く弱弱しくなります。

 

 

肩こりを解消する運動などを毎日実行し、薄毛予防をしましょう。

一日1分でできるのは、縄なしで「なわとび」をする。

 

 

1分やれば、ずいぶんと運動になりますよ。

実行が大事です。

髪の毛を増やすために肩こり解消

読了までの目安時間:約 2分

髪の毛を生やすのに育毛剤をつかうなら、ガッカリすることが多いと予想します。

抜け毛が発生したら、3か月前を思い出しましょう。

 

 

そのころ寝不足やストレスがあったはず。

肩こりも薄毛の原因となります。

 

 

肩こりを治せば、頭皮までの血行を良くなるのです。

薄毛回復において重要なことは、育毛商品や、育毛サプリメントだけではないのです。

 

 

血液を毛根、毛母細胞を通過させ、髪の毛を育てることが重要だと思っています。

髪の毛を増やす方法は、あるていど確立されています。

 

 

肩こりを治すこともまた、重要な育毛法なのです。

肩こり治すには、ビタミンEが大事。

 

 

ビタミンEは若返りビタミンでもあるのです。

 

 

 

 

 

血行と薄毛の関係

読了までの目安時間:約 2分

血行が悪いから薄毛になるのか?

 

20年位前だったか、ブラシで頭を叩いて刺激して、ハゲを治す、というCMが放映された。

 

ブラシで頭を叩くことが発毛を促すのは、血行さえよければ生えるはずという思いがあったのでしょうかね。

 

Fotolia_51590115_XS.jpg

頭皮を刺激することで血行がよくなり、それが発毛につながる。

 

これは、育毛の本にも良く書かれている話ですよね。

 

ブラシで頭皮を叩けば、頭皮は赤くなるので、

 

「ああ、叩いたので、血行がよくなったのだ」

 

と思って喜んだりしている。

 

でも、これは、勘違いと言えますね。

 

というのも、頭皮を叩いて血行を良くすることで、発毛を促すということは、

 

 

「ある一面しかとらえていない」

といえます。

 

頭皮を刺激するのは悪くない。

 

けれども、もっと大事なのは、「育毛成分を口から取り入れて、生やすパワーを持った血液を潤滑に巡らせる」ということなのです。

 

これを守って実行すると、きっと生えます。

 

育毛漢方の神髄なのです。

 

育毛漢方の解説

 

http://blog.goo.ne.jp/minanotame3

 

きっと生えます。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報